フリーランスの心得とは?

フリーライターという仕事は、かつては出版業界を主とする仕事でありましたが、現在は主にウェブでの仕事に以降しつつあると言えるでしょう。しかしながら、フリーランスでなにかしらのクリエイティブな作業に関わることがある人に関しては、そこにおいては基本的に求められるものや心構えといったものは変わっていないと言えるでしょう。むしろ、そうしたものが普遍的でなければおかしいのではないでしょうか。

横入りを目指す

いわゆる業界を目指すにあたっては、求められるものや、テクニックといったものは変わっていないとも言えるでしょう。そう思わせる本が山田ゴメスによる『出版業界横入りガイド:才能はあるのにコネがないと嘆くアナタのために…』(宣伝会議)です。本書の刊行は2004年であり、今から15年前にあたります。しかしながら、決して古びていない内容があると言えるかもしれません。

東京に住む

本書で強調されているのは、まずはなによりも東京に住むことが求められています。さらに、できることならば東京の東半分よりも西半分に住むべきとされています。さらに格好はどうすればいいのか、名刺のデザインはどうすればいいかといったことについて、すべてがマニュアル的に解説がなされています。ある意味では著者自身が、出版業界への横入りをそうして実現したわけですから、そこにおいては実践的な内容であると言えるでしょう。まずこうしたマニュアルを参照してみるというのもひとつの方法ではあります。