講師業のはじまりは通信講座?

人に何かを教えるのが好きという人がいます。さらにビジネスや、あるいはプライベートなどにおいても、自分のノウハウを誰かに伝えたいと思う人は多いかもしれません。何かの講師業をしてみたい、という人はそれなりにいるのでしょうが、どのようにすればいいのかわからないという人も少なくないでしょう。例えば受験生に勉強を教えるような塾講師の仕事ならばすぐに見つかるのかもしれませんが、夢をかなえることやライフスタイルの講師となれば、やはりなかなかきっかけや、それなりの人脈やコネクションがなければ難しいのではないかと思われがちです。

通信講座からはじめる

まず、そうした人におすすめなのが井上幸一郎による『講師業・フリーランスで食べていくならまず「通信講座をつくりなさい!」』(セルバ出版)です。通信講座ならば、元手がかかるものでもありませんし、すぐにできるものでもあります。さらには成功するかしないかわからないといった未知数の分野であっても、失敗した場合でもリカバリーが容易といった多くのメリットがあります。

ワークシート方式

本書では、通信講座の作り方をワークシート方式で体験できるようになっています。それあるので、ただ文字列を追うだけで、実際はよくわからなかったということにもなりません。まさにこれ自体が、何をどうすればいいのかということがコンパクトにまとまっているのでおすすめの本だといえますね。