暴言!クレーム!よい旅のお供はツラい!旅行添乗員というお仕事

紅葉の秋――。旅の恥はかき捨て、見知らぬ街に何があるか、と大いに胸を膨らませる行楽シーズン。
そんなときにお世話になるのが、全国の街角に店舗を設ける旅行代理店だ。
人気の京都から、モミジが美しい黒部ダム、立山アルペンルート、これからの季節なら魚がうまい北海道、新幹線が開通する金沢など、選び放題、旅し放題。

しかし、ワガママ放題のお客の世話を行う旅行代理店の仕事ってどうなの? 大変じゃないの? そんな疑問が湧いてくる。
さて、そこで旅行添乗員さんの仕事について、話を聞いてみたいと思う。


なんと9割の添乗員が非正規雇用

目の前に現れたのは、さわやかな大手テレビ局のアナウンサーのようなHさん(28歳)。彼は、この仕事について、2年目になるという。
「僕たち旅行会社の添乗員は、ほとんどが派遣です。お客様からクレームが入ったら、ソッコーでクビですし、人気がある職業ですが、割には合いませんよ」
旅すがら、ずっとお客から脅され続けることもあるというHさんだが、なぜそんな仕事を続けているのだろうか。

「すごく旅行が好きだし、まだ見たことのない風景が日本にはあります。そんな旅をお客様に楽しんでほしいんですよね」
お客からクレームが入れば、即クビ。人気職業で旅行会社の使い捨てになっているというのに、なんとも夢見がちなHさん。
猫をかぶっているようなので、ライターとしては切り込み甲斐があるが、続いて聞いていってみても彼の話はほとほとツイていない。

添乗員は、常にお客からのクレームに怯えている。一番多いのが、新幹線、飛行機、バス座席の優遇の強要。
お客からの「バスに酔いやすい」等の希望を聞きながら座席表を埋めていくのだが、身内など自分の関係者が本社の人間だと匂わせた参加者が紛れ込み、ワガママを通そうとしてくる。

少しでも断ろうものなら、「もうキャンセルする」「帰って本社にクレームをつける」などと脅迫。
非正規の添乗員は従わざるを得ない。無碍にすることなどできるはずもないので、ホテルの部屋を優遇したり、お土産物を持たせたりと超VIP待遇。「このことはご内密に……」と含みを持たせ、気持ちよく帰ってもらうという寸法だ。

「時々、旅行先のホテルと事前配布された旅行内容のパンフと内容が違う、というクレームが入ることがあります。これって、商法取引違反になるんです。だから、後日に旅行券や全額返金を行うこともありますね。えっ、丸損? いえいえ、実はそうでもないんです。ツアーなどなら土産物屋めぐりの手数料や旅行写真などで損した分は補填できるので、なんとかはなるんです。でも、そういった方は、ごく一部ですけど」

さらに彼は続ける。
「最近では、年配のマダムの旅行への添乗が続いていたんですが、まぁその……、誘われると言いますか。お客様の気分を害さないように、お酒のお付き合いくらいはさせてもらってます」

どういうことなのか? なんと、添乗員は男女関係なくセクハラを受けることが非常に多いらしい。
女性添乗員であれば、宴会に参加後、深夜までドンチャン騒ぎをして、お客のご機嫌をうかがう。
さすがに浴衣姿にはならないが、私服姿の太ももや肩に手が伸びてくることは日常茶飯事だそうだ。なぜそこまで?

「お客様の元へ会社から届くアンケートの評判が悪くなると、会社からどんどん仕事を干されていきます。好評価を獲ようと思ったら、やっぱり夜の誘いには積極的にのっていかないと。女性はまだいいと思いますよ。男になると……会社側からも“次のツアーは上客だし、ちょっとご機嫌とってこいよ”って背中を押されることもありますよ」

信じられないことだが、彼は何度か金持ちのマダムに誘われ、朝を迎えたことがあるそうだ。枕元には、小遣いの5万円がそっと置かれていた。彼女たちをどれだけ満足させるか。今どきの添乗員の業務というのは、実のところ、この部分が一番重要になってくるのかもしれない。

引率先の女子学生と……

一年の添乗員の仕事、そのほとんどが修学旅行や卒業旅行だという。若くしてこの業界で苦労しているHさん、なにかおいしい思いをしたことはないのか。
「ストレスですか? そりゃたまらないと言えば嘘になりますね。おいしい思いと言えば、女子高生にモテることですかね、ええ。マセた女の子になると、アプローチがすごいです」
男性添乗員が引率先の学校の生徒に手を出した事件が一時期増えたことがある。

それ以来、旅行会社側は生徒との連絡や交際を徹底的に禁止したが、それを目的に入社してくる輩も増え、実際は増え続けているというのだ。
「高校生と付き合っている添乗員なんてのもいますし、とんでもなく乱れた業界ですよ。僕は、子供には興味なんて持てませんから、経験はありませんが。何を考えているのか、わかりません」

この添乗員というお仕事、2日間の研修と、筆記試験を受けるだけで、合格するそうで、合格率90%を誇る。
35歳前後までの健康な男女であれば、大歓迎らしいのだが、私はこんなに割に合わない仕事、お断りだ。

(丸野裕行)

次の記事

「高級外車は金のなる木!中古ブローカーの驚くべき稼ぎ方」

前の記事

「事故処理、キッチリ請け負います!示談交渉人」

    
コメント