寿司者に修行は必要?

ホリエモンこと堀江貴文氏は、つねにセンセーショナルな発言で世間の注目を浴びています。少し露悪的な部分はあるにせよ、ずばっと本質を突いている側面があるのも確かでしょう。そのような堀江氏が2015年に物議を巻き起こしたのが「寿司屋に修行は必要なのか?」発言ですね。


真意を考える

その本当の意味するところは何であるのかに迫った本が『堀江貴文VS.鮨職人 鮨屋に修業は必要か?』(ぴあ)です。本書は実際に、各店舗で活躍する一流の寿司職人たちとホリエモンの対談が収録されています。本書はそれぞれの職人さんたちの哲学論というべき内容もありますが、そればかりにとどまらずお店をどのように切り盛りしてゆくのかといった部分についても記されています。いわば、そこにおいては、やりたいことをやるためにはどうすればいいのか、どのような努力をすべきなのかといった部分についても記されているといえるでしょう。

夢をかなえるには?

そこにおいては、自分が掲げた目標に向かって夢をかなえるためには何をすればいいのかといった部分が記されているともいえるでしょう。さまざまないわれがありますが、やはりベースになるもの、基本になるものに重要なものはあるのです。まずは何をすればいいのか、何をすればいいのかわからない人は何を志向すればいいのか。もちろんそうした夢に関する部分ばかりでなくとも、お寿司に関するうんちくとしても楽しめる話が多く詰まっています。

    
コメント