高田純次が教えてくれる! 仕事の悩み相談

どの時代でも仕事の悩みはつきません。そんなときは高田純次さんに相談するのが一番です。高田純次さんの著書「適当教典」より、高田純次さんの仕事の悩みへの回答を紹介します。


転職を繰り返しています。どうしても自分が本当にやりたい仕事に出会えないのです。どうしたら自分のやりたい仕事に出会えるのでしょうか? (30歳OL)

しばらく働かないほうがいいね。30歳にもなって自分のやりたい仕事が見つかっていない女性をどうしろっていうの? とりあえずボランティアを始めるべきだね。

朝五時に起きて人の家の前を掃いたり、ゴミ箱を突っついてるカラスがいたら追っ払ったり、男たちの性のはけ口になったり。だいたいこんなこと考えているヤツに限って、毎日、ぬるま湯の中で生きてるんだよ。

こういうヤツは毎日、食って寝てエッチしてるだけだろうね。僕がよく言うのは「いかに長く生きるかではなく、生きている間に何をしたか」ってこと。いや~、たまにはイイこと言うねぇ。まぁ、オレは意味なく長く生きるけどね。

とりあえず、北極で1か月暮らすか、無銭旅行にでも行ってくるんだな。そこで苦しい思いをして、初めて気づくだろうね、自分のやりたい仕事に。オレも毎日ぬるま湯の中で生活してるから、50過ぎてもまだ本当にやりたい仕事に出会えないよ。

ダメダメ上司に爆発寸前。アイツを懲らしめるイイいたずらはないですかねえ。(31歳 コンピュータ会社勤務)

朝、上司より早く出勤して机の上にウンコしておくとかね。引き出し開けるとパンチがビヨーンと飛び出してくるのもいいかもしんない。引き出しを糊づけしちゃうのもいいな。

え? 古典的すぎる? じゃ、その上司のお茶にだけ唾を入れておくとか。ちょっとオシッコするのもいいかもね。

え? それも古い? じゃ、コンピュータウイルスを忍び込ませるというのはどうかな。どうだ、新しいだろ?

オレはね、会社にいるときは上司にはむかう気なんてまったくなかったね。会社においてはみな、他人。おごってくれる人だけはいい人。いいよ、気楽で。

将来、宮崎駿さんのようにたくさんの人を感動させるアニメを作ろうと日々奮闘しています。今、ネタにつまってしまい、よいアイデアを探しています。高田さん、何かよいアイデアはありませんか? (28歳の男)

とにかく世界のあらゆるアニメからどんどんパクることだねぇ。「名作は盗みから始まる」というオレの名言があるくらいだからね。絵画だってなんだってみんなパクってんだから。

でも、ひとつ気をつけなきゃいけないことは、宮崎駿と同じ絵は描いちゃダメよ。あと、鳥山明もまずいなぁ。そうだなぁ、いっそのこと僕の大好きな、『人間交差点』からアイデアをパクって、違う絵で描いて発表するっていうのが一番の近道かな。

参考にするか、しないか。それはあなた次第です。高田純次さん半端ないですね。

「適当教典(高田純次)」の詳細を調べる

    
コメント