会社経営

会社経営をするには、会社設立の方法、ミッション・ビジョンによる企業理念の明確化、経営戦略、組織運営、財務管理、株式や資金調達のファイナンス知識など様々な会社経営の知識が必要です。会社倒産をさせず、黒字経営をするための会社経営に役立つ情報を紹介します。

  • どうしても法人税はイヤ…それならこの手!

    法人税を納める前に、やっぱり会社のための経費を増やしたい。 そんな経営者の強い味方を、「天使の節税」専門家にしっかり教えてもらえます。 一気に240万円の経費を生み出す最善の方法とは?

  • 経営革新をしなければ事業承継はうまくいかない

    中小企業の事業承継は、経営革新を起こせるようにして引き継ぐことが肝心です。有形・無形資産を後継者にまるごと譲り渡すだけでは、うまくいかなくなるのが事業承継なのです。

  • 「法人税が高い」は、かつての思いこみ!?

    「会社の利益を自分の給料にすれば、利益ゼロになる」という法人税対策。 それは本当なのでしょうか? 安直に利益を動かす前に、知っておきたい大切な事実。 600万円の利益を例にして、わかりやすくご紹介します。

  • 事業承継を成功させるポイントは早期の検討

    日本の中小企業は、施設だけでなく、人材においても交替の時期を迎えており、事業承継が大きなテーマとなっています。有形資産に加え無形資産も存続させていくためには、早期から承継を検討していくことが重要です。

  • 社長の給料は安易に上げてはいけない!

    ある社長さんからの相談その1です。 「大型受注に成功し、来期600万円くらい利益が出そうです。 税金を払いたくないので、自分の給料を50万円上げて100万円にしようと思うのですが……」 これは正解? 間違い?

  • 事業承継は無形資産まで引き継いではじめて完了する

    事業承継では有形資産にばかり目が向きがちですが、経営の流れを悪化させないためにも、知的財産や目に見えにくい経営資源までしっかりと後継者に引き継いでいくことが大切です。

  • 「掛売り決済」にまだ頭を悩ませていませんか?

    インターネットの発展はビジネススタイルを大きく変えました。 企業間電子取引(BtoB)前提だけでなく、 一般消費者向けECからBtoBに事業拡大する成功例も、 どんどん増えてきているようです。 そんな中、あちこちで聞かれるようになったのが、 掛売り決済に付随する業務負担増加の悩みです。 ITのベンチャー企業やBtoB向けのビジネスの場合、 一般的に掛売り決済のニーズが高く、どうしてもその部分に煩わしさを感じているようです。

  • ちょっと待って! その節税対策、本当に正しいですか!?

    経営者、個人事業主、サラリーマン、主婦……。 みんな知りたい税金や社会保険料の負担減。 他の税理士さんも知らない「天使の節税術」が待望の書籍化!  知るだけで大きくトクするマネーテクニックの一部を公開します。

  • サービスでも数値化して達成度をはかることができる

    目標に向けてどこまで進んでいるか、あるいは達成したかどうかを客観的に理解するには、数値化が不可欠です。数値化は、サービスのように数値化が難しいものでも行うことができます。その方法を紹介しましょう。

  • 気づかなかった透明資産の活用で売上げをあげる方法

    売上げを増やしたいけれどもこれまでの方法には限界を感じ、打開策を模索している方も多いのではないでしょうか。そこで活用するべきなのが透明資産です。会社の沿革を振り返ることで、その生かし方が見えてきます。

  • 「プロフィール作り」で自分の強みが見えてくる

    5W2Hに沿って自分の人生をたどることは、これまで見えていなかったものを発見するのにとても効果的な方法です。そこで見つけた強みは、魅力的なプロフィールを作成する最高の素材にもなるのです。

  • 理念、習慣、資格から会社の透明資産を発見する方法

    これまで見落としていた特技や特色のなかに、会社の「透明資産」が眠っているかもしれません。それを拾い上げて強みに加えることで、経営戦略をより強固にすることができます。その見つけ方を紹介していきましょう。

  • あなたの「透明資産」が見つかる3つの質問

    気づかなかった資産を発見し活用することで、経営を上向かせたり、起業したりした実例があります。「透明資産」はすべての方にとって有効な起爆剤です。では、どのようにすればこれを発見できるのでしょうか。

  • 国が後押しする「見えない資産」の有効活用

    経済産業省は、これまでスポットライトが当てられてこなかった小規模事業者を「日本経済を支える重要な存在」として捉え直しています。その政策の中心となるのが知的資産・知的資産経営です。

  • なぜ中小企業では社長のキャラクターが大切なのか

    中小企業の経営においては、「会社にとって本当に必要なものはなにか」の判断を見誤らないことが重要です。経営において「なにを大切にするのか」が社長のキャラクターになり、判断のためのもの差しにもなります。

  • 経営合理化は「大切なものを活かす」発想がカギ

    中小企業が生き残っていくためには経営の合理化も必要ですが、むやみにスリム化ばかりを行っても窮屈になってしまいます。そこで必要になるのが、会社にとって本当に大切なものを活かすという考え方です。

  • 社長の趣味がきっかけとなって事業展開に成功した会社

    あなた自身がまだ活用していない知的資産。それを発見して活用することで、現状は劇的に変わっていきます。 「透明資産」に気づいたことで、事業の新展開に成功した事例もあります。

  • 初期投資ゼロで開業する方法!?

    現在開業している飲食店で利益が出ているのは、 なんと3割だけという統計が出ています。 つまり、7割の店が赤字なのです。 (TKCの調査) これから開業しようとしている人にとっては、 これは衝撃的な数字ではないでしょうか? 開業している個人店の7割は、 開業後3年以内に廃業している というデータもあります。 飲食店など新しいお店を開業し、 運営する際にかかるコストの内訳は 照明・冷蔵庫・空調だけで約55%を占めています。 (資源エネルギー庁の集計) たとえ無事に開業できたとしても、 オープン後のコスト管理によって、 その店が存続できるかできないかは、 大きく変わってくるといえるでしょう。 そんな中、初期投資ゼロで しかも消費電力を抑え、 コストダウンしつつ CO2も削減できる! というサービスが話題になっています。 それが「ネクシィーズ・ゼロ」です。

  • 誰もが持っているのに見落としがちな「透明資産」とは

    他者から見れば素晴らしい技術や経験やノウハウであっても、自分では使えないと思い込んでいることがあります。しかし、このような知的資産を見直し活用すれば、事業を躍進させる起爆剤となるのです。

  • 会社の歴史を背負うクラッカー

    「あたり前田のクラッカー」は日本でももっともベーシックなダジャレのひとつであるといえるでしょう。もともとこのフレーズは、『てなもんや三度笠』の中において藤田まことがCMで発したフレーズとして話題となりました。前田のクラッカーは、大阪の菓子メーカーである前田製菓が販売している商品であり、番組のスポンサーであったために出演者がCMに出ていたというわけです。

1 / 8 1 2 3 4 5 最後 »