会社経営

会社経営をするには、会社設立の方法、ミッション・ビジョンによる企業理念の明確化、経営戦略、組織運営、財務管理、株式や資金調達のファイナンス知識など様々な会社経営の知識が必要です。会社倒産をさせず、黒字経営をするための会社経営に役立つ情報を紹介します。

  • ハラルはビジネスになる?

    飲食店は入れ替わりの激しい業界といわれています。ほとんどの飲食店が、廃業を余儀なくされています。その背景には、新規参入の障壁が低いため、簡単に競合他社に真似をされてしまうといった事業があります。そのような飲食店ビジネスにおいて、ひとつのチャンスというべき要素がハラルフードです。

  • まさか!? 年間80万円の国保が8万円に!

    個人事業主の中には、国民健康保険税が高いと感じている人も多いと思いますが、あなたはどうですか?  高いと感じたことはありませんか? 国保に加入している個人事業主必見の耳より情報をご紹介します。

  • 「ある程度儲かったら法人化」も大間違い!

    フリーランスが増えている昨今。 個人事業主が会社を作って法人化する「法人成り」は、したほうがトクなのでしょうか、ソンなのでしょうか?多くの個人事業主の疑問や不安に、「天使の節税術」が名答します。

  • ラーメン二郎と経営学

    ラーメン二郎は、ドカ盛かつ、濃厚な背脂を堪能できるラーメン店として人気があります。本店は、三田の慶應義塾大学そばにあります。常に行列が絶えない店として知られています。

  • せどりは儲かる?

    せどりという仕事があります。もともと古本業界の用語で、プレミアがついているが安い古本を探し、それを他の業者に転売することで利ざやを稼ぐ方法です。かつてはせどりのために全国を行脚する人間もいたといわれていますが、現在はネット空間でも行われています。さらに書籍だけでなく、ほかの商品も安く仕入れて高く売る転売一般の行為について、せどりと呼ばれています。

  • 目からウロコの節税裏ワザ

    複雑でわかりにくい社会保険料と税金の計算法。 だからこそ、専門家だけが知る節税の裏ワザがありました。 目からウロコのフィナンシャルテクニックを惜しげなく公開します。 全国の社長さんに耳より情報です!

  • 好きなことを続けるために

    本好きにとって憧れの仕事といえば、古本屋でしょう。本に囲まれつつ、さらに本好きな客たちとふれあいながら、ゆったりと過ごしてゆく。決して儲かる仕事ではないだろうけれども、自分が暮らせる分には問題ない。そうした古本屋の世界に憧れを抱いている人は森岡督行「荒野の古本屋」(晶文社)をおすすめします。

  • 2040年のビジネスモデルは?

    近い将来、人間の仕事がやらなければいけない仕事はほとんど消滅するといわれています。例えば、医者に行って薬をもらうという行為ですら、コンピューターが熱を測り、その他のデータを取り体調に応じて薬を出す、といったことに置き換わるかもしれません。

  • 社長の給料を下げる4つのメリット

    ある社長さんからの相談その2です。 「どうやら社員たちが『社長の給料が高すぎる!』と不満のよう。やはり私の給料を下げたほうがいいのでしょうか?」 さて、「天使の節税術」が出した明解な答えとは?

  • ビジネスと写真とイメージの関係

    ほとんどの日本の企業はウェブサイトを持っています。ですが、ニュースサイトなどと比べて、企業サイトに定期的にアクセスしている人は少ないでしょう。その理由を考えていくと「地味」「面白くない」といった、当たり前の感想が浮かぶのではないでしょうか。

  • どうしても法人税はイヤ…それならこの手!

    法人税を納める前に、やっぱり会社のための経費を増やしたい。 そんな経営者の強い味方を、「天使の節税」専門家にしっかり教えてもらえます。 一気に240万円の経費を生み出す最善の方法とは?

  • 経営革新をしなければ事業承継はうまくいかない

    中小企業の事業承継は、経営革新を起こせるようにして引き継ぐことが肝心です。有形・無形資産を後継者にまるごと譲り渡すだけでは、うまくいかなくなるのが事業承継なのです。

  • 「法人税が高い」は、かつての思いこみ!?

    「会社の利益を自分の給料にすれば、利益ゼロになる」という法人税対策。 それは本当なのでしょうか? 安直に利益を動かす前に、知っておきたい大切な事実。 600万円の利益を例にして、わかりやすくご紹介します。

  • 事業承継を成功させるポイントは早期の検討

    日本の中小企業は、施設だけでなく、人材においても交替の時期を迎えており、事業承継が大きなテーマとなっています。有形資産に加え無形資産も存続させていくためには、早期から承継を検討していくことが重要です。

  • 社長の給料は安易に上げてはいけない!

    ある社長さんからの相談その1です。 「大型受注に成功し、来期600万円くらい利益が出そうです。 税金を払いたくないので、自分の給料を50万円上げて100万円にしようと思うのですが……」 これは正解? 間違い?

  • 事業承継は無形資産まで引き継いではじめて完了する

    事業承継では有形資産にばかり目が向きがちですが、経営の流れを悪化させないためにも、知的財産や目に見えにくい経営資源までしっかりと後継者に引き継いでいくことが大切です。

  • 「掛売り決済」にまだ頭を悩ませていませんか?

    インターネットの発展はビジネススタイルを大きく変えました。 企業間電子取引(BtoB)前提だけでなく、 一般消費者向けECからBtoBに事業拡大する成功例も、 どんどん増えてきているようです。 そんな中、あちこちで聞かれるようになったのが、 掛売り決済に付随する業務負担増加の悩みです。 ITのベンチャー企業やBtoB向けのビジネスの場合、 一般的に掛売り決済のニーズが高く、どうしてもその部分に煩わしさを感じているようです。

  • ちょっと待って! その節税対策、本当に正しいですか!?

    経営者、個人事業主、サラリーマン、主婦……。 みんな知りたい税金や社会保険料の負担減。 他の税理士さんも知らない「天使の節税術」が待望の書籍化!  知るだけで大きくトクするマネーテクニックの一部を公開します。

  • サービスでも数値化して達成度をはかることができる

    目標に向けてどこまで進んでいるか、あるいは達成したかどうかを客観的に理解するには、数値化が不可欠です。数値化は、サービスのように数値化が難しいものでも行うことができます。その方法を紹介しましょう。

  • 気づかなかった透明資産の活用で売上げをあげる方法

    売上げを増やしたいけれどもこれまでの方法には限界を感じ、打開策を模索している方も多いのではないでしょうか。そこで活用するべきなのが透明資産です。会社の沿革を振り返ることで、その生かし方が見えてきます。

1 / 8 1 2 3 4 5 最後 »