会社経営

会社経営をするには、会社設立の方法、ミッション・ビジョンによる企業理念の明確化、経営戦略、組織運営、財務管理、株式や資金調達のファイナンス知識など様々な会社経営の知識が必要です。会社倒産をさせず、黒字経営をするための会社経営に役立つ情報を紹介します。

  • 理念、習慣、資格から会社の透明資産を発見する方法

    これまで見落としていた特技や特色のなかに、会社の「透明資産」が眠っているかもしれません。それを拾い上げて強みに加えることで、経営戦略をより強固にすることができます。その見つけ方を紹介していきましょう。

  • あなたの「透明資産」が見つかる3つの質問

    気づかなかった資産を発見し活用することで、経営を上向かせたり、起業したりした実例があります。「透明資産」はすべての方にとって有効な起爆剤です。では、どのようにすればこれを発見できるのでしょうか。

  • 国が後押しする「見えない資産」の有効活用

    経済産業省は、これまでスポットライトが当てられてこなかった小規模事業者を「日本経済を支える重要な存在」として捉え直しています。その政策の中心となるのが知的資産・知的資産経営です。

  • なぜ中小企業では社長のキャラクターが大切なのか

    中小企業の経営においては、「会社にとって本当に必要なものはなにか」の判断を見誤らないことが重要です。経営において「なにを大切にするのか」が社長のキャラクターになり、判断のためのもの差しにもなります。

  • 経営合理化は「大切なものを活かす」発想がカギ

    中小企業が生き残っていくためには経営の合理化も必要ですが、むやみにスリム化ばかりを行っても窮屈になってしまいます。そこで必要になるのが、会社にとって本当に大切なものを活かすという考え方です。

  • 社長の趣味がきっかけとなって事業展開に成功した会社

    あなた自身がまだ活用していない知的資産。それを発見して活用することで、現状は劇的に変わっていきます。 「透明資産」に気づいたことで、事業の新展開に成功した事例もあります。

  • 初期投資ゼロで開業する方法!?

    現在開業している飲食店で利益が出ているのは、 なんと3割だけという統計が出ています。 つまり、7割の店が赤字なのです。 (TKCの調査) これから開業しようとしている人にとっては、 これは衝撃的な数字ではないでしょうか? 開業している個人店の7割は、 開業後3年以内に廃業している というデータもあります。 飲食店など新しいお店を開業し、 運営する際にかかるコストの内訳は 照明・冷蔵庫・空調だけで約55%を占めています。 (資源エネルギー庁の集計) たとえ無事に開業できたとしても、 オープン後のコスト管理によって、 その店が存続できるかできないかは、 大きく変わってくるといえるでしょう。 そんな中、初期投資ゼロで しかも消費電力を抑え、 コストダウンしつつ CO2も削減できる! というサービスが話題になっています。 それが「ネクシィーズ・ゼロ」です。

  • 誰もが持っているのに見落としがちな「透明資産」とは

    他者から見れば素晴らしい技術や経験やノウハウであっても、自分では使えないと思い込んでいることがあります。しかし、このような知的資産を見直し活用すれば、事業を躍進させる起爆剤となるのです。

  • 会社の歴史を背負うクラッカー

    「あたり前田のクラッカー」は日本でももっともベーシックなダジャレのひとつであるといえるでしょう。もともとこのフレーズは、『てなもんや三度笠』の中において藤田まことがCMで発したフレーズとして話題となりました。前田のクラッカーは、大阪の菓子メーカーである前田製菓が販売している商品であり、番組のスポンサーであったために出演者がCMに出ていたというわけです。

  • 大学の貴重な収入源は受験料

    大学を運営するにあたって収入源の一つとなるのが受験料です。現在、私立大学の受験料は1校あたり3万5000円です。これは、受験1回にかかる値段です。例えば、同じ大学の別の学科や別の学部を受ける場合は、基本的には3万5000円ずつを支払う必要があります。しかし学校

  • 返却不要のwifiレンタルビジネスとは? wifi機器が1日200円からレンタル可能ってまじ?

    営業の合間やカフェなどで仕事をする人が増えています。出先に無料wifiがあればいいのですが、意外とwifiがないことも多いですよね。また、急な出張や就職活動でwifiが必要なケースもあります。意外とwifiが必要な場面は多いものですね。最近、1日200円からw

  • 宗教法人としてペット葬儀で荒稼ぎ!法人売買の裏側!(2)

    宗教法人の法人格を売買し、商売で儲けを出しても神隠しのように非課税化してしまう手口。 そのブローカーに今回は話を聞いているが、驚くべき面々が暗躍する業界は、恐ろしいの一言。 宗教法人は初期投資を惜しまないというだけで、税金逃れの隠れ蓑になる。 そして

  • すべて非課税の宗教法人が脱税の温床に!法人売買の裏側!(1)

    儲けたら儲けただけ、稼いだら稼いだだけ、必死になって追いかけてくるものってなぁ~んだ。 別になぞなぞをしているわけでもなんでもない、答えは簡単。“税金”である。 景気が上向いたなんて、庶民には程遠い幻想の中、できれば税金なんて支払いたくないもの。 し

  • 「あなたもベストセラー作家に!」という甘い言葉に罠がある自費出版の手口とは

    以前、「自分の本を出版したい!」という欲求にかられた人々の金を取り込んで倒産した『S』という自費出版会社があった。 自己顕示欲が強い人間の箸の棒にもかからない自己満足の本を出版したいという欲求を少なからず持っている。 そんな欲望の鍵を開け、ひっそりと体

  • たった1つのミスで1億円の損害!? ミスで会社を倒産させない7つの習慣

    仕事ではたった1つのミスが会社を倒産させてしまうことがあります。「伝達ミスで1億円の仕事の納期が間に合わなかった」「手配ミスでイベントに必要なスタッフが1人もいなかった」など小さな事務ミスが大きな損失を引き起こすケースがあるのです。 小さなミスで大きな損

  • イスラム市場は16億人! 拡大するイスラム市場の現在

    人口増加のペースが速く、今後の経済成長が期待されているのがイスラム諸国です。アメリカのシンクタンクであるピュー研究センターによると、イスラム教徒の人口は2010年時点で16億人と、世界人口の20%以上を占めています。そのため、海外ビジネスを考える上ではイスラム

  • マレーシアで「タイムマシン経営」が有効な理由。海外進出で成功するヒント

    海外で流行するサービスを日本へ持ち込み、成功させる「タイムマシン経営」という手法があります。現在では、インターネットによる情報普及により「タイムマシン経営」で成功するのは難しくなりました。それでもまだ「タイムマシン経営」が有効な国があります。それは「マレーシア

  • ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則の要約・感想まとめ【偉大な企業・針鼠の概念】

    ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則は、前作であるビジョナリー・カンパニーの続編ではなく、逆に前編なのだと著者のジム・コリンズは述べています。ビジョナリー・カンパニーが偉大な企業が偉大たる法則を紹介していましたが、ビジョナリー・カンパニー2では、良い組織を偉

  • 企業理念の作り方がわかる良書!ビジョナリーカンパニーの要約・感想

    ビジョナリーカンパニー(著:ジムコリンズ)とは日経BP社から1995年に出版され、長くヒットしている経営本のベストセラーで、多くの経営者に愛されてきた良書です。世代が変わっても続く偉大な企業のことをビジョナリーカンパニーと本書では定義され、企業が繁栄し続ける秘

  • イスラム教徒が日本で苦労すること【留学生編イスラムあるある】

    日本を訪れるイスラム教徒は、非イスラム国の日本ではさまざまな場面で不便や苦労を味わいます。イスラム教徒ではない方たちにはなかなか理解してもらえない点があります。 イスラム教徒には「ハラル」というイスラム教で守らなければならないルールがあり、イスラム教徒が

1 / 7 1 2 3 4 5 最後 »