会社経営

会社経営をするには、会社設立の方法、ミッション・ビジョンによる企業理念の明確化、経営戦略、組織運営、財務管理、株式や資金調達のファイナンス知識など様々な会社経営の知識が必要です。会社倒産をさせず、黒字経営をするための会社経営に役立つ情報を紹介します。

  • 経営者の本質とは

    これまで、「経営の本質」「お客様の本質」「人間の本質」と、会社経営に関わる要素の本質について触れてきましたが、最後は「経営者」本人の本質を考えてみましょう。

  • 人間の本質とは

    人間の本質を知ることは、経営者にとって最も大切なことと言っていいでしょう。会社業務は、社員の育成から取引先の人々との付き合い、商品に対するお客様の心理など、全て人とのかかわり合いに通じています。正しい回答を導くのは容易ではないですが、人の本質を見極め続けることこそが経営者にとってのライフワークと言ってもいいのかもしれません。

  • お客様の本質を見極める

    モノを買うお客様の気持ちほど、デリケートなものはないと言っていいでしょう。特に多くの情報が飛び交う今の時代、お客様の購買意欲は意外な要素で大きく代わってしまいがちです。その動きをどう捉えればいいのでしょうか。

  • 会社が進化するための本質とは

    会社を経営するにも、その本質を見極めなければなりません。その例として、私たちにとって最も身近で、直接的に関わり、しかも切実な事案について考えてみましょう。

  • 「お客様」の本質を見極める

    消費者の行動様式は時代に応じて大きく変化します。「消費は美徳」と呼ばれた昭和40年代には、新しい商品は作れば作るほど飛ぶように売れていきました。しかし、デフレという言葉が定着した平成以降、生半可な考えで新商品を出したところで消費者はそう簡単には踊りません。時代の変化を見逃さず、消費者の動きを的確に捉えるには、「お客様の本質」を見極めないといけません。

  • ジョブズの「持たざる経営」とは

    画期的なパーソナルコンピュータ、Macintoshや、携帯電話の概念を突き崩したiPhoneでエレクトロニクス業界に革命をもたらしたAppleの創業者・スティーブ・ジョブズも、小さな会社を世界一に育て上げた人物です。ジョブズがやってのけた「持たざる経営」とは何か?改めて見ていきたいと思います。

  • 「世界のトヨタ」創業者の冒険

    日本最大の企業にして世界の自動車業界に君臨する、トヨタ自動車を知らない人はいないでしょう。でも、その始まりは、今の規模からは想像がつかないほど苦難の連続でした。まだ世間が自動車の素晴らしさを認識すらしていなかったなかで、大冒険に打って出た創業者・豊田喜一郎はどのように会社を軌道に載せたのでしょうか。

  • 「普通の人たちの力」で世界一に

    一代で世界最大の小売業、ウォルマート・ストアーズを築き上げた、サム・ウォルトン。彼のユニークさは、「どこにでもいるような普通の人たちの力」だけで、誰にもできなかったことを成し遂げた点にあります。「今はまだ小さな会社」の経営者のみなさんにとって、ぜひお手本としたいその方法とは何か。大変気になることでしょう。

  • 人間の本性が歴史を作る

    歴史とは、人間の本性が織りなした結果と言っていいかもしれません。人間の本質とは、何百年経てもそう大きく変わるものではありません。だからこそ、歴史に学ぶ価値があるのではないでしょうか。

  • 限られた経営資源をフル回転させる

    「まだ小さな会社」が持つ経営資源は決して多くありません。でも、これらを最大限効率よく回転させることで、大企業にも匹敵する力を発揮する可能性は十分あります。そのことは、日本の歴史から学ぶことができます。

  • 「常識」が会社の進化を邪魔する

    インターネットもなかった昭和の時代とは違い、状況は凄まじい勢いで変化を続けています。1年前まで常識だったことがもう通用しなかったり、センスが古いとされることも珍しくありません。ずっと続けていたからと言って、一つの習慣にとらわればかりいると、進化の足を引っ張ることになりかねません。

  • 道に迷った者だけが本当の近道を見つける

    偉大な業績を築いたリーダーたちが歩んだ道は、決して平坦ではありませんでした。どちらかと言えば、道に迷い、悩み苦しみ、回り道を繰り返しながら、それでも決して諦めることをせず、成功への道を見出したケースがほとんどです。言い換えれば、諦めの悪さこそが成功の条件と言えるかもしれません。

  • 時間がすべての経営資源を支配する

    どんなに身分の高い人も、様々な分野で成功している人も、そしてまだ成功を得る前の私たちも、1日に流れている時間は同じ24時間です。この平等に与えられた枠をいかに有効に使うか。逆に言えばいかにムダを生まないかが自分を進化させるカギと言えるでしょう。

  • 会社を大きくするには?

    いつか、自分で会社を立ち上げたいと思っている人は多いのではないでしょうか。フリーランスで働いているといっても、ある程度の収入があるならば、法人化した方が税金の面においても有利になります。

  • セブンイレブン最初の営業時間は?

    大手コンビニエンスストアチェーンのファミリーマートが、24時間営業の見直しをはじめ話題になっています。いまやコンビニエンスストアは、24時間365日開いているというのが当たり前の場所になっています。しかし、かつてはそうではありませんでした。

  • エリートと美意識

    これまで経営というのは、分析、論理、理性に重心が置かれてきたが、これからのビジネスにおいて必要なものは美意識、それを敷衍すれば直感と感性である、そうした斬新な提案をしているのが山口周による『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」』(光文社新書)です。

  • 球団経営とビジネス戦略

    プロ野球の球団にはそれぞれの個性があります。それは選手や監督のキャラクターだけでなく、球団経営にもあらわれています。それぞれの会社に社風が、あるいは学校に校風があるように、球団経営もそれぞれの個性があるのです。

  • 大学生は危険がいっぱい?

    大学生は自由だといわれています。なぜ大学生が自由なのでしょうか。親元を離れてひとり暮らしを経験する、20歳を迎えて飲酒や喫煙を自己判断で行うようにする、アルバイトなどで社会経験を積むといった要素があげられるでしょう。それでも大学生は社会的には未熟な存在です。それでも精神的には背伸びをしたい年代であるため、そんな心につけこむようなあくどい人々も存在します。

  • 幸せな職場を作る「3つの報酬」

    ある社長さんからの相談その③です。 「今期500万円ほど利益が出そうなので、節税対策として10人の社員に50万円ずつ臨時ボーナスを出そうと思っているのですが……」 本当の喜びを教えてくれる「3つの報酬」とは?

  • 日本の農業はどうなる?

    農業と聞いて思い浮かべるイメージはどういったものでしょうか。担い手が高齢化して、若い人が参入していない業界といったイメージがまずは思い浮かべられると思います。しかしながら、農業は日々着実に進歩を遂げている分野でもあります。

1 / 10 1 2 3 4 5 最後 »