ビジネスモデルの事例と仕組み

ビジネスモデルは、サービスや商品の事業戦略と収益構造のことです。ビジネスモデルを考えるために役立つ有名企業のビジネスモデルの事例・仕組みを紹介します。

  • 大学生は危険がいっぱい?

    大学生は自由だといわれています。なぜ大学生が自由なのでしょうか。親元を離れてひとり暮らしを経験する、20歳を迎えて飲酒や喫煙を自己判断で行うようにする、アルバイトなどで社会経験を積むといった要素があげられるでしょう。それでも大学生は社会的には未熟な存在です。それでも精神的には背伸びをしたい年代であるため、そんな心につけこむようなあくどい人々も存在します。

  • 日本の農業はどうなる?

    農業と聞いて思い浮かべるイメージはどういったものでしょうか。担い手が高齢化して、若い人が参入していない業界といったイメージがまずは思い浮かべられると思います。しかしながら、農業は日々着実に進歩を遂げている分野でもあります。

  • 図書館の指定管理者って?

    図書館は無料で本が借りられる便利な場所です。図書の中でも、人気の高い小説はもちろん最近はマンガ本の貸出も行っています。さらに、CDやDVDの貸出を行っているところもあり、まさに至れり尽くせりといえるでしょう。図書館、特に私たちになじみの深い公共図書館は、行政機関によって運営されています。

  • ネット古書店はすぐはじめられる?

    本好きの人にとっては古本屋を開いてみたい、そんな思いはあるでしょう。それでもいざ店を開くとなれば問題は山積みです。どの場所で開くのか、家賃の支払いはどうするのか、本の仕入れはどうすべきか、在庫管理はと多くのめんどうなことがあります。

  • ヤフオクのランニングコストは?

    ヤフーオークションは日本で最大級のインターネットオークションサイトです。利用している人も多いのではないでしょうか。ヤフーオークションでは買うばかりではなく商品を出品することも可能です。

  • 100円ショップなぜ儲かる?

    ちまたには100円ショップがあふれています。100円ショップを見ていて思い浮かぶ疑問として、どうやって利益を出しているのかというものがないでしょうか? 100円ショップはなぜ儲かっているのでしょうか。

  • せどりは儲かる?

    せどりという仕事があります。もともと古本業界の用語で、プレミアがついているが安い古本を探し、それを他の業者に転売することで利ざやを稼ぐ方法です。かつてはせどりのために全国を行脚する人間もいたといわれていますが、現在はネット空間でも行われています。さらに書籍だけでなく、ほかの商品も安く仕入れて高く売る転売一般の行為について、せどりと呼ばれています。

  • 好きなことを続けるために

    本好きにとって憧れの仕事といえば、古本屋でしょう。本に囲まれつつ、さらに本好きな客たちとふれあいながら、ゆったりと過ごしてゆく。決して儲かる仕事ではないだろうけれども、自分が暮らせる分には問題ない。そうした古本屋の世界に憧れを抱いている人は森岡督行「荒野の古本屋」(晶文社)をおすすめします。

  • 2040年のビジネスモデルは?

    近い将来、人間の仕事がやらなければいけない仕事はほとんど消滅するといわれています。例えば、医者に行って薬をもらうという行為ですら、コンピューターが熱を測り、その他のデータを取り体調に応じて薬を出す、といったことに置き換わるかもしれません。

  • ビジネスと写真とイメージの関係

    ほとんどの日本の企業はウェブサイトを持っています。ですが、ニュースサイトなどと比べて、企業サイトに定期的にアクセスしている人は少ないでしょう。その理由を考えていくと「地味」「面白くない」といった、当たり前の感想が浮かぶのではないでしょうか。

  • 大学の貴重な収入源は受験料

    大学を運営するにあたって収入源の一つとなるのが受験料です。現在、私立大学の受験料は1校あたり3万5000円です。これは、受験1回にかかる値段です。例えば、同じ大学の別の学科や別の学部を受ける場合は、基本的には3万5000円ずつを支払う必要があります。しかし学校

  • 返却不要のwifiレンタルビジネスとは? wifi機器が1日200円からレンタル可能ってまじ?

    営業の合間やカフェなどで仕事をする人が増えています。出先に無料wifiがあればいいのですが、意外とwifiがないことも多いですよね。また、急な出張や就職活動でwifiが必要なケースもあります。意外とwifiが必要な場面は多いものですね。最近、1日200円からw

  • 宗教法人としてペット葬儀で荒稼ぎ!法人売買の裏側!(2)

    宗教法人の法人格を売買し、商売で儲けを出しても神隠しのように非課税化してしまう手口。 そのブローカーに今回は話を聞いているが、驚くべき面々が暗躍する業界は、恐ろしいの一言。 宗教法人は初期投資を惜しまないというだけで、税金逃れの隠れ蓑になる。 そして

  • すべて非課税の宗教法人が脱税の温床に!法人売買の裏側!(1)

    儲けたら儲けただけ、稼いだら稼いだだけ、必死になって追いかけてくるものってなぁ~んだ。 別になぞなぞをしているわけでもなんでもない、答えは簡単。“税金”である。 景気が上向いたなんて、庶民には程遠い幻想の中、できれば税金なんて支払いたくないもの。 し

  • 「あなたもベストセラー作家に!」という甘い言葉に罠がある自費出版の手口とは

    以前、「自分の本を出版したい!」という欲求にかられた人々の金を取り込んで倒産した『S』という自費出版会社があった。 自己顕示欲が強い人間の箸の棒にもかからない自己満足の本を出版したいという欲求を少なからず持っている。 そんな欲望の鍵を開け、ひっそりと体

  • イスラム市場は16億人! 拡大するイスラム市場の現在

    人口増加のペースが速く、今後の経済成長が期待されているのがイスラム諸国です。アメリカのシンクタンクであるピュー研究センターによると、イスラム教徒の人口は2010年時点で16億人と、世界人口の20%以上を占めています。そのため、海外ビジネスを考える上ではイスラム

  • マレーシアで「タイムマシン経営」が有効な理由。海外進出で成功するヒント

    海外で流行するサービスを日本へ持ち込み、成功させる「タイムマシン経営」という手法があります。現在では、インターネットによる情報普及により「タイムマシン経営」で成功するのは難しくなりました。それでもまだ「タイムマシン経営」が有効な国があります。それは「マレーシア

  • イスラム教徒が日本で苦労すること【留学生編イスラムあるある】

    日本を訪れるイスラム教徒は、非イスラム国の日本ではさまざまな場面で不便や苦労を味わいます。イスラム教徒ではない方たちにはなかなか理解してもらえない点があります。 イスラム教徒には「ハラル」というイスラム教で守らなければならないルールがあり、イスラム教徒が

  • マレーシアビジネスの魅力! 今、日本企業がマレーシアへ進出する理由

    1,400社を超える日本企業がマレーシアへ進出しています。マレーシアビジネスには、日本企業が進出したくなる魅力があるのです。なぜ、日本企業は「今」マレーシアへ進出しているのでしょうか? 1,400社以上がマレーシア進出 日本貿易振興機構(JET

  • マレーシアへの進出は2020年までがチャンス?

    海外進出では東南アジアが狙い目となっています。その中でもマレーシアはバランスの良さから海外進出としておすすめの国となっています。マレーシアで事業を行い、現地事情に詳しい恵島良太郎さんとアクマル・アブ・ハッサンさんに、なぜマレーシアへの進出のチャンスは「2020

1 / 3 1 2 3 最後 »