日本で衰退産業の漁業は、ノルウェーでは高収入職種? ノルウェーサーモンのビジネスモデル

一次産業でも、「価値を生み出し、持続的におカネが回る」ビジネスモデルが必要です。「漁業でビジネスモデル? 見当違いでしょ」という反応こそ問題です。いまや漁業は、獲ればいいというものではありません。

日本の漁師の平均収入は260万円。なり手がいないので高齢化が進み、しかも廃業させないよう政府の補助金漬けという、典型的な悪循環・衰退産業です。日本の漁業の技術力は極めて高く、また魚群探知機や漁具の進歩によって非常に高い「獲る力」を持っているにもかかわらずです。

乱獲などの要因もあります。獲れるときには一気に獲りまくり、価格が暴落して儲からない、儲からないのに乱獲して資源は減少、という悪循環に陥っています。

最大の問題の一つは、役人に「持続的に価値を生むためにおカネを回す」というビジネスモデルの発想がなかったことでしょう。彼らにとって「おカネ儲けは悪いこと」であり、「困った人におカネを配る」という上から目線の政策しかできなかったのです。

一方、ノルウェーは漁獲高で世界第2位の漁業大国となっています(日本は4位:データは刊行当時)。漁業者の平均年収は900万円とノルウェーの中でも高収入職種なので、漁業に転職したい人が多いといいます。いったいこの差は、どこから生まれたのでしょうか。サービスの成功ポイントを教えてくれる本「成功は全てコンセプトから始まる」より紹介します。


人件費はノルウェーのほうが高い

人件費はノルウェーの方が高いので、労働コストの差ではありません。産油国でリッチだから、というわけでもありません。漁業への補助金はないからです。つまり、「養殖モノを高く売る」ビジネスモデルを回しているからです。

養殖サーモンが天然より高い

ノルウェーのサーモンは、天然モノより養殖モノの方が高いのです。いまや日本の天然モノの銀鮭の値段を上回るほどになりました。

ではなぜ、養殖モノで高い値段が取れるのでしょうか。それは、長年のマーケティング努力で、「徹底的に水質・栄養管理をしていて、抗生物質も使わず最高に安全な魚」というブランドを確立したからです。たとえば、最近、日本ではほとんど取り上げられていませんが、世界では大問題になっている水銀については、圧倒的に少ない数値をマークしています。

マーケティングでは国策会社が重要な役割を担っているとはいえ、国からの補助金はありません。現代の政策立案には、公金投入に頼らない「持続性」が必要となっています。

ノルウェーサーモンのビジネスモデル

ノルウェーサーモンのビジネスモデルを三本柱で整理しましょう。

顧客:安全な魚が食べたい世界中の顧客に
提供価値(お約束):世界で最も安全なサーモンをお届けします
その根拠:きれいな水で、抗生物質を使わず、高い養殖技術で厳格に管理しているからこそできるのです

皮肉なことに、ノルウェーの養殖技術はもともと、日本の水産会社の技術協力によるものでした。つまり、日本の漁業の問題は、技術の問題でも海の問題でもないのです(実際、日本の経済水域の面積は大きく、世界有数の海洋大国です)。

冷害で餓死者が出るような時代には、貧農を何とか守りたいという役所的発想は大切なものでした。しかし、もはやそういう貧農史観の固定観念から脱却し、持続性のあるビジネスモデルを発想しなければ、世界で生き残っていくことはできないのです。

コンセプトを考え、ビジネスモデルを考えることが成功に必要なポイントなのです。

次の記事

「「あなたもベストセラー作家に!」という甘い言葉に罠がある自費出版の手口とは」

前の記事

「ネットワークビジネスが優れたビジネスモデルである理由」

「成功はすべてコンセプトから始まる? 良いコンセプトのつくり方」の詳細を調べる

    
コメント