大学の貴重な収入源は受験料

大学を運営するにあたって収入源の一つとなるのが受験料です。現在、私立大学の受験料は1校あたり3万5000円です。これは、受験1回にかかる値段です。例えば、同じ大学の別の学科や別の学部を受ける場合は、基本的には3万5000円ずつを支払う必要があります。しかし学校によっては複数回の受験でも1度の受験料だけの支払いで良い場合などサービスを展開しているところもあります。


なぜ受験料が重要なのか?

大学は学生から数百万円の学費を徴収するのだから受験料よりもそちらの方が収入源ではないかと思われるかもしれません。しかし大学の運営には教員の確保や設備の保持などにお金がかかります。受験料は受験者の分だけお金が入ってきます。例えば100人受けたならば350万円、1000人受けたならば3500万円、1万人が受けたならば3億5千万円です。受験者数の大きな大学などは、毎年1万人単位で受験者が上下します。それだけで億単位の収入が変わってくることになるのです。

小規模な大学

さらに最近では短期大学が四年制大学になったりと小規模な大学が増えてきます。そうした大学にとって、受験生の増減は死活問題です。さらに、現在では推薦入試やAO入試が普及しているため、滑り止めとして複数の大学を受験することがあまり見られなくなりました。いざ自分の学校に来てもらえなくても、複数受験する大学の一つとして選ばれ、受験料3万5千円を払ってくれるかどうかは、大学の収益を大きく左右するのです。

「新卒採用の裏側! 企業の採用サイト利用料金を知ろう!」の詳細を調べる

    
コメント