イスラム教徒が日本で苦労すること【留学生編イスラムあるある】

日本を訪れるイスラム教徒は、非イスラム国の日本ではさまざまな場面で不便や苦労を味わいます。イスラム教徒ではない方たちにはなかなか理解してもらえない点があります。

イスラム教徒には「ハラル」というイスラム教で守らなければならないルールがあり、イスラム教徒が日本で生活するために、さまざまな苦労が生まれます。イスラム教徒が日本で苦労しがちなイスラムあるあるを紹介します。


食事の苦労

具体例として、日本へ訪れ、寮で生活することとなった留学生をケースにみてみましょう。

まずは食事です。寮へ入った場合、寮生たちが共同で使っている台所を見た瞬間、「これではだめだ」と判断します。共用ではなく、自分専用の包丁やまな板、フライパン、食器などを買いそろえます。

イスラム教徒は豚を調理した調理器具を使ってはいけません。イスラム教徒としてルールを守ったハラルな環境を確保するためには、そうするしかないのです。親元から冷凍したおかずを送ってもらい、ご飯だけを自室で炊いて食べている人も多いんです。

お酒も飲めないので飲み会が辛い

また、飲み会でも、酒の代わりにお茶を飲み、肉の代わりにシーフードなどを食べ、スーパーで食品や化粧品を買う際にも、常にストレスを感じます。

成分表示のラベルとにらめっこをしてハラル(豚肉成分やアルコールが入っていないかどうかなど)かどうかを判断しようとしても、表示はすべて日本語で、情報量も少ないため、最後はあきらめて商品を棚に戻すことがよくあります。

お風呂の苦労

もう1つの問題はお風呂です。マレーシアでは、たとえ男性同士でも一緒に風呂に入る習慣はありません。そもそも男性の場合、へそから下を他人に見せてはならないのです。そのため、ほかの寮生と一緒にお風呂へ入ることはできず、最後に1人で入るしかないのです。もちろん、銭湯や温泉にも行けません。

礼拝の苦労

イスラム教徒にとって大切な生活習慣である1日5回の礼拝は、食の苦労ほどではありませんが、礼拝の前のお清め(ウドゥー)が場所によっては行うことが難しいケースがあります。また、初見の人には礼拝の説明をしなくてはならないこともよくあります。

このようにイスラム教徒が日本で暮らすには様々な苦労があり、世界ではイスラム教徒の苦労をなくす「ハラル」ビジネスが注目を集めています。

次の記事

「マレーシアで「タイムマシン経営」が有効な理由」

前の記事

「マレーシアビジネスの魅力! 今、日本企業がマレーシアへ進出する理由」

情報提供:

株式会社ROI(http://j-roi.com/)

    
コメント