すべて非課税の宗教法人が脱税の温床に!法人売買の裏側!(1)

儲けたら儲けただけ、稼いだら稼いだだけ、必死になって追いかけてくるものってなぁ~んだ。
別になぞなぞをしているわけでもなんでもない、答えは簡単。“税金”である。
景気が上向いたなんて、庶民には程遠い幻想の中、できれば税金なんて支払いたくないもの。

しかし、税金を支払わなくても、大手を振って、金儲けができる職業がある。
それは坊主と寺院、神主と神社、古くても新しくても関係ない宗教法人だ。
根無し草のライター稼業の私には、うらやましい限りの商売だが、この業界、なんとイリーガルな輩が暗躍しているという。
今回は、そんな宗教法人の悪い手口に注目してみた。


課税対象にはならない宗教法人は天国

かつて、社会派映画監督の伊丹十三は、国税局査察部で働く女性が活躍するという名作『マルサの女2』で、宗教法人の脱税を描いた。
時代は違えど、未だに宗教法人という業態は、国に税金をおさめる義務はない。
しかし、最近では少し状況が変わってきたようだ。若者の宗教離れが進み、寺の後継者がいない。
以前、求人サイトで“僧侶募集”という広告をみたことがあったが、修行や墓の管理、檀家のご機嫌取りなどできる今どきの若者はいないようだ。

以前、宗教法人格の売買を行っていたブローカー・K氏に最近のことを聞いてみた。

「ああ、そうやね、お上への現状報告のない休眠宗教法人が、ここ十数年で激増してるわ。不景気で檀家も金を出さへんし、後継者もおらんし……。それに、『千の風になって』って歌から、散骨やら葬式と埋葬の多様化が進んだのも原因やろね。宗教法人格をどうしても売りたいっていう寺も多いよ」
「そんなに法人格って簡単に売れるものなんですか?」
「まぁ、手続きが面倒なだけで、慣れていれば簡単やね」

そこに目をつけた業者がいる。それが、宗教法人格販売ブローカーだ。彼らの素性とは……。

「簡単に言うと、宗教法人のうまい買い方と、利用指南を行う専門的な業者やね。まぁ、暴力組織の企業舎弟なんやけど、企業舎弟ならぬ“宗教舎弟”ということになるんか。暗躍してるよ、連中は。生き残りをかけてね」
「生き残りというのは?」
「暴対法っちゅう大きな法律が施行した後、暴力団はシノギができなくなった。困窮にあえぐ暴力団は、宗教法人獲得に躍起になってんのよ。それはやっぱり、税制の優遇が大きいし、誰もがほしがるグリーンカードみたいなもんやから。しかも、宗教法人のことは、宗教法人に聞け。餅は餅屋っちゅうやつや、連中は新興宗教とも組んでるし」

なんと、彼らは新興宗教と組み、組織のバックアップを受けている。暴力と信仰のマインドコントロール。言うことを聞かせる最強のタッグだ。新興宗教とヤクザが蜜月関係にあるということがお分かりだろう。K氏が言うには、今現在、ウェブ上には宗教法人売買サイトなどというものがある。このサイトの多くが、販売を仕掛けるブローカー謹製のサイトらしい。開いてみた。そこには、驚くべき文字が躍る。

宗教法人ができる商売は、33種類もある

【信者なし、檀家なし、土地なし!好条件物件】【無税対応可能物件】
たたき売りのようで、なんともバチ当たりなような気もするが、宗教法人格販売ブローカーには、神様も仏様も関係ないらしい。

「相場、700~4千万円ぐらいやな、まぁピンキリやわ。売値が買値の数倍になる。その間に入っているのが、俺らみたいなブローカーやね。だって宗教法人格ひとつあれば、大概の商売は非課税になるんやからね。原則的に、宗教法人が行ってもいい事業っちゅうのがあるんよ」
「宗教法人って商売してもいいんですか?」
「そう。みんな知らんやろうけど、商売してもかまへんねん」
「まったく知りませんでしたけど、詳しく教えてください」
「それが、33種類あるんや。しかも、不動産、物品販売、遊技場経営、金銭貸付まであるんやから、なんでもできるよね。そこには、在日系の経済ヤクザが参入しやすい土壌がある。連中商売うまいから。」

しかし、「売ってください」「はいどうぞ」と、そんなに簡単に法人格というのはアカの他人に売ってもらえるもんなのだろうか?

「“宗教舎弟”の活動は、檀家の少ない地方や住宅街のど真ん中に建つ寺を狙って、買収を行うのよね。それも、全国の寺院を網羅した名簿っていうのがある。それがあるから、それを葬儀関係の会社から手に入れて、めぼしいところに営業をかけるんよ」

最近の管理者の高齢化に伴い、跡継ぎが途絶えるのを恐れ、売りに出す。そこに、寺院を運営しているという架空の名刺を作り、即金払いでヤクザがつけ入るというのだ。少しでも退職金代わりになれば…と法人を投げ出してしまう住職が後を絶たないという。

「そのほかは、“私が、この寺をしっかりと継ぎますので…”なんて言うて、近づくっていうアプローチ方法もあるな。そういうときは、若い借金まみれの奴を連れてきて、頭を丸めてから、向かわせる。1ヵ月も住み込めば、人間関係もできて、ムリなく譲ってくれるよ」

住職の座を譲ってもらったあとは、ブローカーに委譲。売り上げの5%を謝礼にもらい、ドロンするという寸法だ。

(丸野裕行)

次の記事

「宗教法人としてペット葬儀で荒稼ぎ!法人売買の裏側!(2)」

前の記事

「「あなたもベストセラー作家に!」という甘い言葉に罠がある自費出版の手口とは」

    
コメント