女子大学生ブロガーだった「はあちゅう」はどうして無料で世界一周旅行に行けたのか

現在、美容クリニックの最安クーポンサイト「キレナビ」編集長をつとめる伊藤春香さん、通称「はあちゅう」。彼女は慶応大学法学部在学中、学生生活の最後にタダで世界一周に行こうと思い立ちます。彼女がどのようにしてタダで世界一周をしたのか?そして彼女の世界一周の旅とはどのようなものであったのか、彼女の著書「わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?」からご紹介します。


■協賛を募る

まず、はあちゅうさんは慣れない企画書を作成し始めました。企画概要や具体的施策、スポンサー側のメリット、自分のプロフィールなどをパワーポイントでまとめて、興味をもってくれそうな企業のお客様問い合わせフォームからメールを出したのです。数十社のうち半数くらいが返事をくれ、興味をもってくれる企業にとアポをとり、プレゼンをしに行ったのです。すると、わずか営業2社目で、協賛を獲得。その後も、数々の苦労を乗り越えて、協賛企業を獲得していったのです。

■数多くのミッション

協賛の条件としていろいろな企業からはあちゅうさんに対してミッションが出されました。例えば、「雑誌の原稿を書いて送る」「世界の雑貨についてのレポートをまとめる」「サプリメントを飲んでその感想を1週間に1度アップする」など様々でした。その総数なんと、150以上。生活の全てがミッションとつながっていたのでした。

■どこの国に行ったのか

彼女の世界一周のルートは、チリから始まり、ボリビアのウユニ塩湖、ペルーのマチュピチュ遺跡、スペイン、モロッコ、エジプト、ケニア、ヨルダン、イスラエル、インド、ネパール、タイ、カンボジア、ベトナムというルートを通りました。国の印象が人との出会いによって彩られます。

本書では、旅で出会った人々との交流なども描かれています。恐ろしい行動力で世界一周まで成し遂げたはあちゅうさん。旅好きな方にはオススメの一冊です。

次の記事

「話題のLCC。格安のしくみとは」

前の記事

「フリーミアムのビジネスモデル! 昨今のビジネスを考える上で欠かせない「FREE」経済とは?」

参考本

「わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?(伊藤春香(はあちゅう))」

    
コメント