AKB48のビジネスモデル徹底解剖! なぜ現代人はAKB48にはまるのか?

「AKB48」というアイドルグループの大ブレークは、まさにデフレ不況時代の若者にターゲットを絞った、見事なマーケティング戦略の成果と言われています。そこで、AKB48のビジネスモデルについて紹介します。


■AKB48が不況に強い3つのポイント

  1. ターゲットはコアなファンになってくれる若者
  2. AKB48の劇場のチケットの値段は当初1000円と他のアーティストと比べて格安で、人気が高くなった今でも一般男性3,000円
  3. 写真集などのグッズも安く設定し、お金のない若者でも買えるようにし、値段を抑えることで、若くて収入の低い若者たちに長期的にファンを続けてもらう

AKB48は明確にターゲットを絞り、価格戦略をすることで、不況でも強いビジネスモデルを維持しています。

■「おニャンコ子クラブ」や「モーニング娘。」との違い

ここで、AKB48と他のアイドルの違いを説明します。従来のアイドルである「おニャンコ子クラブ」や「モーニング娘。」はテレビによって依存しています。テレビは広告収入がメインなので、不況では成り立ちにくいのです。視聴率も10%以上などかなり高いハードルをクリアし続けなければいけないビジネスモデルです。しかし、AKB48は劇場がメインなので、1回の公演で200人から300人のファンがくればなんとか固定費を維持できます。音楽アーティストがFREEの時代にライブやライブの物販で利益を上げているのと同じですね。

■AKB48のビジネスモデルは演歌歌手!?

演歌歌手が爆発的に売れてなくても、長期的に活躍しているのはコアなファンがいるからです。苦しくてもお金を出して支えてくれるファンはコアなファンだけです。AKB48も当初売れない時代が2年続いたが、支えてくれていたのはコアなファンだったのです。コアなファンの存在がAKB48の強みと言えます。また、AKB48は公演を中心にコアなファンとの触れ合いを重要視しています。

従来のアイドルとは違い、ターゲットやポジショニングを明確にしているからこそ、AKB48にはここまでの強さがあります。アイドルを何度もプロデュースしてきた秋元康さんの今までの経験の集積がAKB48という新しいアイドルのビジネスモデルを作り出したのではないでしょうか。

次の記事

「フリーミアムのビジネスモデル! 昨今のビジネスを考える上で欠かせない「FREE」経済とは?」

前の記事

「コインランドリービジネス7つの魅力とは?」

参考本

「AKB48の経済学(田中 秀臣)」

    
コメント