経営戦略

経営戦略は、会社組織の中長期的な方針や計画です。アップル、サイバーエージェントなど一流企業の経営戦略や、ランチェスター戦略など経営戦略を立案するのに役立つ情報を紹介します。

  • 球団経営とビジネス戦略

    プロ野球の球団にはそれぞれの個性があります。それは選手や監督のキャラクターだけでなく、球団経営にもあらわれています。それぞれの会社に社風が、あるいは学校に校風があるように、球団経営もそれぞれの個性があるのです。

  • マニュアルを柔軟に使いこなす

    マニュアルといえば、融通のきかないものと誤解されがちです。しかしながら、反対に考えてみればマニュアルほど効率のいいものもありません。実際に、マニュアルを徹底している企業ほど業績を伸ばしていると見る向きもあります。

  • ハラルはビジネスになる?

    飲食店は入れ替わりの激しい業界といわれています。ほとんどの飲食店が、廃業を余儀なくされています。その背景には、新規参入の障壁が低いため、簡単に競合他社に真似をされてしまうといった事業があります。そのような飲食店ビジネスにおいて、ひとつのチャンスというべき要素がハラルフードです。

  • ラーメン二郎と経営学

    ラーメン二郎は、ドカ盛かつ、濃厚な背脂を堪能できるラーメン店として人気があります。本店は、三田の慶應義塾大学そばにあります。常に行列が絶えない店として知られています。

  • 「掛売り決済」にまだ頭を悩ませていませんか?

    インターネットの発展はビジネススタイルを大きく変えました。 企業間電子取引(BtoB)前提だけでなく、 一般消費者向けECからBtoBに事業拡大する成功例も、 どんどん増えてきているようです。 そんな中、あちこちで聞かれるようになったのが、 掛売り決済に付随する業務負担増加の悩みです。 ITのベンチャー企業やBtoB向けのビジネスの場合、 一般的に掛売り決済のニーズが高く、どうしてもその部分に煩わしさを感じているようです。

  • なぜ中小企業では社長のキャラクターが大切なのか

    中小企業の経営においては、「会社にとって本当に必要なものはなにか」の判断を見誤らないことが重要です。経営において「なにを大切にするのか」が社長のキャラクターになり、判断のためのもの差しにもなります。

  • 経営合理化は「大切なものを活かす」発想がカギ

    中小企業が生き残っていくためには経営の合理化も必要ですが、むやみにスリム化ばかりを行っても窮屈になってしまいます。そこで必要になるのが、会社にとって本当に大切なものを活かすという考え方です。

  • 初期投資ゼロで開業する方法!?

    現在開業している飲食店で利益が出ているのは、 なんと3割だけという統計が出ています。 つまり、7割の店が赤字なのです。 (TKCの調査) これから開業しようとしている人にとっては、 これは衝撃的な数字ではないでしょうか? 開業している個人店の7割は、 開業後3年以内に廃業している というデータもあります。 飲食店など新しいお店を開業し、 運営する際にかかるコストの内訳は 照明・冷蔵庫・空調だけで約55%を占めています。 (資源エネルギー庁の集計) たとえ無事に開業できたとしても、 オープン後のコスト管理によって、 その店が存続できるかできないかは、 大きく変わってくるといえるでしょう。 そんな中、初期投資ゼロで しかも消費電力を抑え、 コストダウンしつつ CO2も削減できる! というサービスが話題になっています。 それが「ネクシィーズ・ゼロ」です。

  • 伊藤忠商事が朝方勤務を導入、効果は? 朝型勤務のメリット、デメリット

    大手商社である伊藤忠商事が朝方勤務を導入すると発表した。昨年10月より試験的に導入されてきたが、5月1日より正式に導入される。9時15分から17時15分までを勤務時間に定め、残業体質を改善する目的がある。 朝型勤務のメリット、デメリット この朝

  • 原価率を高く回転率を上げて成功した「俺のイタリアン」の経営戦略

    飲食店では原価率を下げることが経営のポイントと言われています。しかし、立ち飲みで上質なイタリアン料理が楽しめる「俺のイタリアン」では、あえて原価率を高くすることで人気となりました。今回は、「俺のイタリアン」を運営する「俺の株式会社」の経営戦略を紹介します。

  • 俺のイタリアンが強い2つの理由。飲食業界の常識にとらわれない俺の経営戦略

    格安で高級イタリアンの味を楽しめることで大人気の「俺のイタリアン」。なぜ、ここまで「俺のイタリアン」は強いのでしょうか? その強さの秘密は、飲食業界の常識にとらわれない俺流の経営戦略がありました。 料理人に仕入れの裁量権を与える 飲食業界の常識

  • ブックオフが生まれるまでは2勝10敗だった。名経営者「坂本孝」の事業家人生とは

    中古本で有名なブックオフを創業した坂本孝さんは、立ち飲みで格安で美味しくて大人気の「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」を運営する「俺の株式会社」を設立しました。この2社をみるとすべてがうまくいっているようにみえ、最初から名経営者のようにみえます。しかし、現在に至

  • 銀座8丁目に集中して店舗を出す? 「俺のイタリアン」のドミナント戦略

    高級イタリアンを安価に食べれることで大人気の「俺のイタリアン」。現在、他店舗出店を果たし、破竹の勢いで成長を続けています。「俺のイタリアン」を経営する「俺の株式会社」の強さの秘密は、独自の立地戦略にありました。 「20坪」「1階」、大商圏の立地を

  • 森ビル「六本木ヒルズ」の都市戦略

    六本木といえば、現在は六本木ヒルズ、ミッドタウンなど人気の都市となっています。以前は高低差のある住宅地であった六本木一帯を再開発し、森ビルが六本木ヒルズを開発しました。今回は、森ビル「六本木ヒルズ」の都市戦略を紹介します。 ■夜の街のイメージを変

  • 今更だけど押さえておきたい! ソニーをまねて成功したアップルのiTunes戦略

    今や音楽はYou TubeかiPodで聞く人が大多数を占めているのではないでしょうか。iTunesで成功を収めたアップル。しかし、アップルはかつてのソニーの戦略を真似することで成功していたのです。今更だけど押さえておきた、ソニーをまねたアップルのiTunes戦

  • 合コンでは幹事が一番得をする!? 出会いビジネスのプラットフォーム戦略

    突然ですがみなさんは合コンに行かれたことはありますか。実は合コンは、立派なプラットフォームと言えます。ビジネスとして類似の例は、最近の「婚活」ブームで大盛況の「婚活カフェ」や「お見合いクラブ」といわれるものでしょう。今回は、お見合いクラブのビジネスモデルから出

  • ブルー・オーシャン戦略を学び、新しい市場を狙おう!

    ブルー・オーシャン戦略はフランスのビジネススクールであるINSEADの教授、W・チャン・キムとレネ・モボルニュが提唱した戦略です。ブルー・オーシャン戦略は、「ライバル他社との競争に勝ち抜く」のではなく、「ライバルがいない、競争のない未知の市場を創造する」ことを

  • 成功した会社の経営戦略を真似すれば成功するの? 単純そうな成功の要因ほど複雑というビジネスの罠

    スターバックス、サウスウエスト航空など成功している会社は、どのように競争優位を生み出しているのでしょうか。ビジネス書やアナリストが様々な競争優位点を指摘しています。そして、このポイントを真似すれば成功すると自身満々に言うでしょう。しかし、よくわからないまま真似

  • 経営戦略に数字は必要なのか? もっともらしい経営戦略の嘘

    人なぜ経営戦略を語るときに数字を求めるのでしょうか。そもそも経営戦略とは、長期的な課題、不透明性、不確実性に対処するために存在します。しかし、実際はこのような状況では数字はうまく計算できず、無理に計算したところで信頼性が低く誤解を生む可能性があるものになってし

  • iphoneはなぜ成功したのか? アップル社ならではの経営戦略

    日本だけでなく世界でも大きなシェアを誇るアップル社のiphone。なぜiphoneはここまで成功したのでしょうか? それはアップル社独特の製品開発戦略に秘密があります。 ■携帯電話のマルチボタンをシンプルにしたい iPhoneの開発で、アップル

1 / 2 1 2 最後 »