儲かる会社の特徴とは?

会社というのは世の中に無数にあります。その中には当然ながら儲かる会社と儲からない会社があります。この違いは何なのでしょうか。経営戦略の問題だと言ってしまえばそれまででです。時流に乗っているかどうかというのもひとつの測定基準でしょう。そこにどのような違いがあるのかを、ここでは考えてみましょう。


何があるのか?

関根威と野本理恵による『儲かる会社と儲からない会社の違い』(幻冬舎)では、逆算経営を提唱しています。今後、人口そのものが減っていくことによって、経済の規模もどんどんシュリンクしていきます。少ないパイを他のライバル業者たちと奪い合う関係がそこにはあると言えるでしょう。

どういう結果を出すか

やはり経営というのは結果を出してなんぼです。資本主義社会においては、どのくらい稼ぎを出しているかという点が数値となって表れるでしょう。そこにおいてはどのような対策をすればいいのか。本書はシンプルな解答を用意しています。仕事の結果は、「熱意と能力と考え方」をかけあわせることによって決まるというものです。確かに、それぞれが突出していたとしても、ひとつが欠けていたとすればなかなかうまくいかない場合もあるでしょう。すべてをかけあわせてうまく作り上げていくことこそ経営の極意であるとわかる本です。

    
コメント