ケーズデンキ流「がんばらない」経営方法とは

業界競争や値引き競争が激しい家電業界。そのなかでも、ケーズデンキは面白い経営哲学を持っています。今回は、ケーズホールディングス会長兼CEO加藤氏の著作からケーズデンキ流「がんばらない」経営方法を紹介します。残業もノルマもない働きやすい職場を作り、離職率は業界平均の3分の1、社員の財産を増やすためにIR活動まで行い、自社株配当年1,600万円・時価換算10億円社員の存在、これほどまでに社員を大切にする企業風土を作り、その社員の支えで創業64期増収(減益は2回だけ)という長期安定成長を続けている「がんばらない」経営方法とはどんな経営方法なのでしょうか?


■「がんばらない」経営方法とは?

「がんばらない」経営方法とは、人を幸せにするために「商売」はあるという考えを基にした経営方針のことです。
社員、取引先、お客様、株主……つながりのあるすべての人を幸せにするために「商売」はある。この気持がぶれないように「終わりのない駅伝競走」をひたすら続けていきたい。この考え方は、ケーズデンキの経営哲学となっています。

■「がんばらない」ことを経営理念にしている

「がんばらない」経営とは、「無駄なことはやらず、やるべきことをはっきり徹底する」という考え方です。ここで、このがんばらない経営哲学が凝縮されている「社是」を紹介します。

  • 我々は今日一日を、感謝の気持ちで働きましょう
  • 我々は今日一日を、健康で楽しく働きましょう
  • 我々は今日一日を、親切と愛情を以って働きましょう
  • 我々は今日一日を、電気専門店の誇りを以って働きましょう
  • 我々は今日一日を、生産性の向上に努力しましょう

普通の会社では最初に来る「生産性の向上」が最後になっていることがケーズデンキの特徴です。

■「がんばらない」経営、ケーズデンキの物の見方

  • 今だけよくても仕方がない。長い目でみるとそれはどうなるか。
  • それは、お客様の立場から見たらどうなのか。
  • それは、社員の立場から見たらどうなのか。

その場しのぎの経営ではなく、将来を見据えているからこそ、「がんばらない」経営が徹底できるのですね。

もしかしたら、無欲が成功への一番の近道なのかもしれません。がんばりすぎている経営者の皆さん、少しだけ肩の力を抜いて、「がんばらない」経営を行ってみてはいかがでしょうか?

「すべては社員のために 「がんばらない経営」(加藤修一)」の詳細を調べる

    
コメント