スティーブ・ジョブズだけじゃない!アップルを創ったもうひとりの創業者、ウォズニアックを知っているか?

アップルといえば、スティーブ・ジョブズが有名ですが、エンジニアとしてアップルを影で支えたウォズニアックを知っていますか?スティーブ・ジョブズとともにアップルを創業したウォズニアックは、経営者となることにまったく興味をしめさない生粋のエンジニアでした。名誉も地位もお金も求めず、人を喜ばせることしか考えていないウォズニアックを紹介します。


エンジニアの世界では伝説的なウォズニアック

ウォズニアックは、スティーブ・ジョブズと比べると一般的な知名度は低いです。しかし彼は、エンジニアの世界では伝説的とも言える存在です。アップルという、初めてキーボードとディスプレイを持った形のパーソナルコンピューターを、たった一人で設計してしまったのがウォズニアックです。

ウォズニアックが子どもの頃、父がロッキード社でミサイル開発をしていました。ウォズニアックの父はすごいエンジニアだったのです。ウォズニアックがまだ物心つくかつかないかという頃から、エンジニアに関する様々な知識を教えてくれ、一緒にいろんなものを作っていました。その子どもの頃の経験がアップルでも非常に役に立ちました。

設計オタクなウォズニアック

大学に入ってからもエンジニアオタクで、とにかく四六時中何か作っているか紙の上で何か設計しているような生活でした。その後HP社で電卓の仕事に関わるようになりました。その頃有志が立ち上げたコンピュータに関する会合で、かつて自分が設計したことのあるコンピュータの設計図を目にし、自分が最先端にいたことに気づきました。それからすぐ、コンピュータの設計・製造に入り、それが後にアップルと呼ばれる世界初のパソコンとなりました。ここからMacが始まったのです。

ウォズニアックはアップルに不満があって退社したことになっているし、ジョブズと争いがあったという風に言われていますが、実際はそうではないということも本書では述べられています。スティーブ・ジョブズだけでない、アップルの物語を知りたい人はぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝(スティーブ・ウォズニアック)の詳細を調べる

    
コメント