社長の給料を下げる4つのメリット

ある社長さんからの相談その2です。
「どうやら社員たちが『社長の給料が高すぎる!』と不満のよう。やはり私の給料を下げたほうがいいのでしょうか?」
さて、「天使の節税術」が出した明解な答えとは?


今すぐ給料を半分に下げなさい!

給料を自分で決められるのが社長の特権ですが、あまり高くしすぎると、このように社員たちから不満の声が上がることがあります。 
だからといって、給料を下げたくなければ別に下げなくてもかまわないのですが、私は給料を下げることをおすすめしています。理由は、次の4つです。

社長の給料を下げる4つのメリット

1つ目は、給料を下げると、社員の不満を解消できる。 
2つ目は、社長が高給を取っていない堅実な会社だと、対外的アピールができる。 
3つ目は、たくさん給料をもらわないことで、慢心による無駄遣いを防止できる。
そして4つ目が、給料を下げれば社会保険料と税金を減らすことができる点です。

浮いたお金で資産作りができる

しかも、浮いたお金を有効活用することで、資産を作ることができます。たとえば、100万円の給料を半分の50万円に下げた場合、下げた分の50万円を退職金の原資として積み立てることができます。
1年で600万円(= 50万円×12 か月)貯まりますので、30 年間積み立てれば1億8000万円(=600万円× 30 年)となり、これを退職金としてもらえばいいのです。

将来も安心な運用テクニック

さらに、100万円の給料を50万円にすれば、前述したように社会保険料と税金が年間で244万円浮きます。
ただし、会社の税金が130万円増えるので、実際には114万円のキャッシュが会社に残ることになります。そのお金で生命保険に入っておけば、社長にもしものことがあったとしても、会社にお金が入るので、将来的に会社を維持していくことができるのです。
このように、給料を下げるメリットはたくさんあります。 
ですので、給料を取りすぎている社長は、今すぐ給料を半分にすることをおすすめします。

【まとめ】

・社長の給料を下げるだけで、4つのメリットが発生する。
・社内外イメージのアップ、慢心防止、そして社保・税金対策と会社の未来を見すえた運用が正解。
・長期的視野の≪かしこい選択≫ほどすこやかに。会社運営だけではなく、身近な資産にも応用できそうですね!

★ 参考図書『今すぐ社長の給料を半分に下げなさい』
著者:西浦雅人(にしうら・まさと)

    
コメント