まさか!? 年間80万円の国保が8万円に!

個人事業主の中には、国民健康保険税が高いと感じている人も多いと思いますが、あなたはどうですか? 
高いと感じたことはありませんか?
国保に加入している個人事業主必見の耳より情報をご紹介します。


どうやって国民健康保険を下げる?

私のこのノウハウを使えば、年間 80万円払っている国民健康保険税を、一気に 10分の1の8万円に減額することができます。
では、どうやって国民健康保険を下げるのか? 
その方法をひと言でいうと、国民健康保険をやめて、社会保険に加入するというものです。

個人事業主でも社会保険に入れる裏ワザ

「でも、個人事業主は社会保険には入れないのでは?」と思ったあなた。正解です。個人事業主は社会保険には入れません。 
そこで、自分で会社を作って代表取締役となり、その会社から給料をもらう形にして、社会保険に加入するのです。
ただし、普通に会社を作って、まともな金額の給料をもらってはいけません。注意しなければいけないポイントが2つあります。

「法人成り」ではなく別会社を設立

「先ほど社会保険料が高いので法人成りは慎重にという話をしていましたよね?」と思った人も多いことでしょう。その通りです。
1つ目は、会社の作り方です。個人事業主が会社を作るというと、「法人成り」をイメージする人が多いと思いますが、ここでは「法人成り」ではなく、個人事業主は継続したままで、別に会社を設立します。

72万円の減額が可能に!

2つ目のポイントは、新たに作った会社から自分がもらう給料を高くしないことです。 
具体的には、毎月の給料を5万円にします(年間 60 万円)。これだと健康保険の個人負担分は年間約4万円です。
これに会社負担分の4万円を足しても年間8万円ですので、これまでの 80万円に比べたら、 72万円も減額できるのです。

会社から5万円の給料をもらう

つまり、個人事業主である自分が、会社に対して外注費として毎月5万円を支払い、その5万円を今度は、会社の社長である自分が、会社から給料としてもらうという形にするわけです。
新たに会社を設立することで、会社の決算をする手間と、年間7万円の法人住民税が発生しますが(これは会社が赤字でもかかります)、保険料を年間 72 万円減額できることを考えれば、安いものといえるでしょう。
実際、この方法で国民健康保険を減額した人はたくさんいます。
 

【まとめ】

・国民健康保険をやめて別会社を設立。そこから給料をもらう形にする。
・年額72万円の節税が可能に。
・合法的な方法ですので、国民健康保険が高くて困っている個人事業主は、ぜひやってみてはいかがでしょうか!

★ 参考図書『今すぐ社長の給料を半分に下げなさい』
著者:西浦雅人(にしうら・まさと)

    
コメント