再確認しよう! 妻のパート年収の壁

夫の社会保険の扶養に入っている妻。
パート収入の壁は103万円だっけ、130万円だったっけ……いくらまでなら、なにがオトク?
あなたの生活にすぐに活かせる、身近な節税テクニックを専門家がレクチャーします。


103万円を超えると所得税がかかる

奥さんがパートで働いている人からよく聞かれるのが、130万円の壁の話です。 
じつは、パート・アルバイトの年収には、その下に103万円の壁というのもあります。
①103万円の壁
②130万円の壁
①の103万円の壁というのは、奥さんに所得税がかかるかどうかの境目です。103万円以下であれば所得税がかからないので、奥さんは所得税を払わなくてもすみます。

夫も38万円の扶養控除で節税できる

また、ご主人の扶養に入れるので、ご主人は38万円の配偶者控除を受けることができます。 
しかし、103万円を超えると、奥さんが所得税を払わなければいけなくなるだけでなく、ご主人の扶養からも外されてしまうため、ご主人の税金も増えることになってしまうのです。

130万円を超えると社会保険料負担が発生

130万円の壁というのは、自分で社会保険に加入しなければいけなくなるかどうかの境目だということです。
130万円未満であれば、ご主人の社会保険の扶養に入れるのですが、130万円以上になると、自分で社会保険料を払わなければいけなくなってしまうのです。
ちなみに、勤め先の会社の社会保険に加入した場合、社会保険料は約18万円。自分で国民健康保険に入る場合でも10万円くらいは払わなければいけなくなります。

131万円=160万円!?

以上の理由から、奥さんがパートで働いている場合は、年収を130万円以下に抑えておいたほうがいいといえるでしょう。 
この壁を超えてしまうと、ある金額を超えるまでは、逆に世帯収入が減ってしまうのです。
その「ある金額」とはいくらなのか?それは160万円くらいです。
奥さんが扶養から外れたことでご主人が払う税金が増えたことに加え、奥さん自身に所得税・住民税と社会保険料の負担が発生することになったため、その分を補てんするためには、160万円以上稼がなければいけなくなったというわけです。

さらに引き下げられる壁

なお、2016年10月からは、従業員数が501人以上の会社に勤めるパート・アルバイトは、130万円の壁が引き下げられ、106万円を超えると社会保険に加入しなければいけなくなりました。
さらに、2019年からは、従業員数が500人以下の会社も106万円に引き下げられることになります。

【まとめ】

・パート・アルバイト収入でも、103万円を超えると所得税がかかる。
・130万円を超えると社会保険に加入する義務が発生。501人以上の企業勤務では、106万円で扶養外に。
・パート・アルバイト収入は、出ていくお金にも目を光らせておかないと、無駄働きになってしまうようです。知って安心ですね!

★ 参考図書『今すぐ社長の給料を半分に下げなさい』
著者:西浦雅人(にしうら・まさと)

    
コメント