【2012年】サイバーエージェント藤田晋のこれだけは読んでおきたい記事と名言まとめ

サイバーエージェント社長藤田晋さんの2012年の「渋谷で働く社長のアメブロ(渋谷で働く社長の告白開始前)」からビジネスに役立つこれだけは読んでおきたいというブログ記事と名言を紹介します。アメーバがなぜスマホシフトに成功したのかの秘密がわかります。

藤田晋のこれだけは読んでおきたいブログ記事と名言

「頭脳労働」 自分の中でもアイデアはいつか枯渇するかもと思ってましたが、実際には追い込まれれば追い込まれるほど新しいものが出てくるし、数をこなせばこなすほど訓練され洗練されていくものだと実感しています。 漫画やテレビドラマなどと比較すると、締切プレッシャーの弱いネットメディアの運営において、頭脳労働で成果を挙げるコツは、自らプレッシャーのかかる締め切りを設定して追い込むことではないでしょうか。 事業のアイデアを考える前に、まずは 「締切を設けて自らを追い込む仕組み」 のアイデアだしをやってみると良いと思います。 「絶望しきって死ぬために、今を熱狂して生きろ」 私も起業した頃は起きている時間は全て仕事に費やし、友人も彼女も睡眠も食事も全てを犠牲にして成功に賭けていました。よく取材を受けて、 「若いのに不安とかはないですか?」 と聞かれるたびに 「これでダメだったとしたら仕方ないと思えるくらいやってるんで」 と答えていました。起業した頃は、成功を強く信じて頑張ったと思われがちですが、実際は違います。失敗しないために、思いつく限りの全ての努力をやり尽くしていたのです。現実は成功より失敗する確率のほうが遥かに高いのを知っていたからです。 「猜疑心」 会社も下手をすると猜疑心に満ち溢れます。 (ほっとくとサボるに違いない) (独立してノウハウを盗むつもりではのか?) (また不祥事を起こすやつがいるに違いない) (誰かが自分の足を引っ張ろうとしている) (どうせ金が目当てなんだろう!) 猜疑心をもって社内をみればきりがありません。社長で猜疑心の強い人は意外と多いですが、そのような社長のいる会社の社内の雰囲気は、やはりギスギスしています。いくら綺麗ごとばかり言う社長でも、心の中で人を信用していなければ、それは社風の端々に現れています。 そして信頼関係のない組織が、ひとたび危機に陥ると、内部崩壊を起こすのは歴史が証明しています。 誰でも信じろと言っている訳では決してありませんが、今の時代、猜疑心は意識して抑えるくらいでちょうど良いのではないでしょうか。 「ハマらなければ始まらない」 ネット企業の経営者が新しいデバイス、ネットサービス、ゲームなどを触ってないと致命的ですが、ただ触っているだけでなく、ハマっていないと本当のユーザーの気持ちは分かりません。 業務中だけ仕事目線で触っても、他人事のようでどこか無責任で、その姿勢は自分のサービスを通じてユーザーに伝わってしまいます。しかも上辺だけ見ると違いが分からず、自分が分かっていないことに気づきにくいのです。 四六時中ハマっている人は四六時中仕事に有益なヒントを得ています。業務時間だけ見ている人は到底叶わないのではないでしょうか。 「リリース日を公開します。」 週刊ジャンプが月曜日に発売されるから、なんとか原稿を仕上げてくる漫画家のような、毎週放送日に必ず放映されるドラマに間に合わせる製作スタッフのような、公然とした締切があり、期待されている、そんな体制なら理想的だと考えました。大きなプレッシャーを負うことになりますが、クリエイティビティが犠牲にされているとは思えません。 「12入社式」 大志を抱く人を途中で挫かせる、5つのワナを新人に話しました。 1)現実を直視する。 2)視点の高い人と付き合う 3)謙虚に 4)マイペースで 5)達成できなくても気にしない 「兼務の解除」 会社経営においてある程度の兼務はやむを得ませんが、勝負所の重要な事業に取り組んでいる人にとって、兼務はとても危険です。 楽天三木谷社長の著書に「三木谷曲線」というのが出てきます。最後の0.5%の粘りが大半の結果の差を産み出してしまうというグラフです。99.5%まで仕事をする人はいくらでもいるので差がつかないのです。 何かを兼務している人は、自分は抜かりなくやっているつもりでも、無意識に0.5%の余った時間をもうひとつの仕事に振り分けてしまうものです。 「K点越え」 いまある最高クラスのサービス、例えばtwitterやFacebookも最初から大ヒットしている訳ではありません。粘り強い改善の積み重ねによって何年も掛かって現在に至ります。Ameba自体ももちろんそうです。 最初から大絶賛されるサービスを出したい気持ちも山々ですが、現実には、ネットサービスの場合、リリース後の運用力により最高の品質に育っていきます。 「ナルシスト」 ネットサービスを創る人たちには恋愛しているときと同じくらい必死になって想像してほしいです。プライベートではともかく、仕事においてナルシストはダメ!絶対。 「勝負どころ」 スマホの市場は、全く新しい市場であり、どの会社も用意ドンの横並びスタートだと私は思ってます。だからこそ勝負どころであり、この大勝負に勝てば、当社はリーディングカンパニーとして過去とは比較にならない規模の成長を遂げることができるでしょう。しかし、負ければ逆にジリ貧です。 「ネットサービスの価値創造」 ネットビジネスは、先の見えない現場で暗中模索して、そこでなんとか形にしたものに創意工夫を積み重ねていき、そしてそれを粘り強く続けることが、結果的に大変な価値を産み出すのだと思います。 次の記事「【2013年】サイバーエージェント藤田晋のこれだけは読んでおきたい記事と名言まとめ」 前の記事「【2011年】サイバーエージェント藤田晋のこれだけは読んでおきたい記事と名言まとめ」