【2004年】サイバーエージェント藤田晋のこれだけは読んでおきたい記事と名言まとめ

サイバーエージェント社長藤田晋さんの2004年の「渋谷で働く社長のアメブロ」からビジネスに役立つこれだけは読んでおきたいというブログ記事と名言を紹介します。


藤田晋のこれだけは読んでおきたいブログ記事と名言

「野尻社長」

ITでもなく、閉鎖的な業界に参入して若くして成功した彼の経歴は本当に面白い。彼は駆け出しの頃、片っ端から上場企業の社長に手紙を送っていた。その当時の手紙は私にも届いていた。

「渋谷の元チーマーで、明治大学ラグビー部の仲間と会社を立ち上げました。ぜひ一度お会いください」

「IT社長の華麗なる」

社長業は会社の顔としての活動も必要。メディアに露出することには当然メリットもデメリットもある。その見極めは、案外と難しい。

「今日のアメブロ」

現在の他社との差は、そのまま参入時期の遅れが原因だ。いったん先行したサービスとの差はなかなか埋まらない。規模が大きいところがさらに大きくなる構図。そして、ほっておけばその差は永遠に埋まらない。これはインターネットビジネスのセオリーそのものだ。

「休日」

だけど社長が時間に追われていてはいけない。落ち着いて会社の将来的なことを考える時間も作ろうと思います。

「新卒セミナー」

そんな学生を失望させるようなセミナーはできればやりたくない。 迷った挙句、とりあえず社長は前に出て説明すべき。

「サーバーレスポンス」

「サーバーレスポンスの速いサイトが最後に勝ち残る」

堀江さんの言葉だけど、はっとさせられる話だった。確かにYAHOOやgoogleで、サイトが重くて不快な思いをした経験はない。ブロードバンドの時代になっても、日常的に使うサイトが重くて支持されることはないだろう。

「社長の心得」

社長が苦手なことはそのまま会社の弱点になりやすく、社長の得意分野は会社の強みになりやすい。本当に会社にとって重要なことは苦手であろうが経験が無かろうが、トップが自ら動かなくてはだめだ。

「orではなくandの発想」

社会貢献度が高くて、利益率の高い事業。どちらも実現してくれ。どちらか片方ではなく、両方とも結果を出そうという心構えが大切だと思います。

「仕事と家庭の両立」

仕事も家庭も両立させてこそ一流なのだと思います。

次の記事

「【2005年】サイバーエージェント藤田晋のこれだけは読んでおきたい記事と名言まとめ」

前の記事

「【2000〜2001年】サイバーエージェント藤田晋のこれだけは読んでおきたい記事と名言まとめ」

    
コメント