【2005年】サイバーエージェント藤田晋のこれだけは読んでおきたい記事と名言まとめ

サイバーエージェント社長藤田晋さんの2005年の「渋谷で働く社長のアメブロ(渋谷で働く社長の告白開始前)」からビジネスに役立つこれだけは読んでおきたいというブログ記事と名言を紹介します。ホリエモン時代のウェブ動向などもわかります。


藤田晋のこれだけは読んでおきたいブログ記事と名言

「もぐら叩き」

経営はもぐら叩きのようだ。社長業をやっていて、そう思う。何か問題のある部門があると、自ら対処する。そのほかの部門は他の人に任せて、ようやく目処がつくと、他のところで問題が生じる。それをまた対処していると、今度はまた別のところで問題が生じる。

それをまた対処する・・ずっとその繰り返し。もぐらがいっぺんに何匹も出てくることもある。安心してほっと一息つけるときは滅多にない。もぐらを叩ききれなくなったらゲーム終了だ。全部叩いてクリアすれば、目標達成。ネクストステージだ。

「スローモーション」

歴史ある大会社と提携の交渉をしていて相手の会社がスローモーションで動いているように感じる時がある。時間の感覚が違う会社同士が仕事で連携するのは難しい。

「転職イベント」

営業力を磨いたから今の経営がある。確かに私の営業時代に身につけたキャリアは、現在の社長業に通じるものがある。

トップ営業では、商品の売り込みだけでなく提携などの交渉もしなくてはならない。採用では優秀な人材を口説き、人生を賭けて入社してもらえないといけない。取材対応では、大きく取り扱ってもらえるように、事業や会社を魅力的に紹介できなければならない。

営業だけ出来れば良い訳ではないけど、共通項は多い。

「うそ日記」

面白ネタです。

「起業準備」

会社の中で成果を出せなければ起業しても成功するのは難しいと思います。仕事をがんばり、同時に本を読んだり経理の勉強をしたりするのも正しいと思います。あと、何かあるとすれば、常に社長や役員と同じ経営者の視点をもって仕事をすることではないでしょうか。

「社内結婚」

確かに安定感が無くいつ辞めてもおかしくない会社でお互い働いていたら、結婚なんて考えないだろう。

「スピードとハードワーク」

スピードとハードワークで80%!頭が良かろうがそうでなかろうが、本質的な競争力が何かを見抜いている人はそうするのだと思う。

「熱海合宿」

優秀な人材を集めた組織がいつも上手くいく訳ではない。世界のトップレベルを集めたレアルマドリードも普通のクラブチームに負けてしまう。チームとして重要なのは、皆が同じ目標を目指し、実力が発揮できる環境を作れるかどうかだ。

「良いアイデア」

なぜか私はひとりで風呂に入っているときに、良いアイデアが浮かんだり、考えがまとまったりすることが多い。

「市民マラソン」

毎回3~5キロ走っているから体力もついてきた。体力がついて、多忙なときの仕事の業務効率は明らかに上がってきている。

「会社は誰のものか」

私はサイバーエージェントの最大株主であり、創業者で代表者で従業員でもある。しかし、一度たりともサイバーエージェントを自分の所有物だと考えたことはない。

会社はある時期から、「サイバーエージェントくん」として人格のようなものを持つのだと思う。「サイバーエージェントくん」は誰のものでもなく、「サイバーエージェントくん」のものだ。

「福利厚生キャンペーン」

目標(会社が重視している指標)を達成する度合いで、福利厚生のグレードが上がっていく。名づけて、福利厚生GET!GET!キャンペーン!「一生働ける職場環境づくりを目指す」当社は、時代に逆行し、福利厚生を強化しています。


今は黎明期で若者が活躍できるインターネット業界も、10年~30年の期間で考えれば、経験、知識、人脈が強みになる業界に様変わりすると見ています。

「営業の仕事」

競争力を発揮するのは、仕事のスピード、接触量、人間関係などだ。これらは、これまで学校で受けてきた教育とはあまり関係ない。頭が良い人が勝つとは限らない。高学歴の人で、勉強ができて優等生であった人はある意味ショックだろう。でも、これが現実だ。

テスト勉強のように徹夜で企画書を作り、情報を集め、頭を悩ませても、仕事のスピードが速く、接触量の多い競合に負けてしまうのだ・案外、高学歴の人が最初につまずくことが多いのは、ルールの変化に対応しきれないからかも知れない。と思う。

「テレビとインターネットの融合」

私は、テレビとインターネットが将来完全に融合する可能性は低いと考えている。もちろん部分的には融合し連動するだろう。もっと言えば、融合はしないけど、連動はするという感じだろうか。

メールを見たり書いたり、検索エンジンで何か調べごとをしたり、ブログをサーフィンしたり、書いたり、そんな主要なインターネットの使い方をテレビの画面でするだろうか?

逆に、ドラマやお笑い番組などを、目の前にキーボードとマウスが置いてあるパソコンの画面の前でじっと見ていることができるだろうか?本当にインターネットを普段から使っていれば、普通に考えてテレビとの完全融合は想像できない。

インターネットにはテレビとも雑誌とも違う、その特性に合わせたオリジナルのコンテンツの開発が必要。

「アドバイス」

起業はもちろん良いことばかりではなく、成功する確率も低く、誰もが起業家の素養があって向いている訳ではありません。失敗すればそれこそ悲惨な現実が待ち受けています。

奥さんをすごく大切にしていて、幸せにしてあげなければならない子供がふたりもいる。起業した後は、家族だけでなく従業員や株主、取引先などたくさんの責任を負います。それでもやるかどうかは、最後は自分の腹が括れるかどうかだと思います。

「映画監督になる前に」

インターネット業界やビジネスの経験が無いなら、リスクの少ない請負事業からスタートするのがお勧めです。インターネット業界は変化が激しく、経験者が少ないので、とりあえずリスクの少ない分野でスタートして、事業を行いながら、有望な分野を見つけると良いのではないでしょうか。

サイバーエージェントも最初は営業請負から始めていて、ライブドアも、制作請負から始めていました。インターネット業界はまだまだ急成長過程なので、その考え方は、今も通用すると思います。

「週110時間労働について」

私は決して長い時間を働くことに意味があると主張している訳ではありません。これは誤解されては困ります。

創業時、週に110時間働く目標を立てたのは、時間が重要な訳ではなく、仕事に集中していることによって好循環に早く乗せることを重視していたのです。実際、110時間という時間の目標を立てていたのは、最初の2ヶ月程度でした。その後は、本当に忙しくなって時間は関係なくなったのです。

仕事の量で、最初の頃の経験の無さを補っていたというのもあります。経験があればすぐ終わる仕事が、経験が無いために単純に3倍の時間がかかっていたというのもあります。あの頃に、普通の人と同じくらいしか働かなかったら、終わっていたと思いますので、人並み以上に働いていたのは確かです。

「いいことを思いついた。」

私が思いついたものも、社内から出てきたアイデアも、うまくいった事業もたくさんあって、失敗したものも多い。

「内定者会食」

埋もれないように、私自身も会食や研修に参加して顔と名前を覚えて、コミュニケーションを増やしている。最初の配属先も社長である私が責任を持って決めている。

当社は、社員の能力を引き出す経営に徹している。これは創業来、変わらない。仕事に人材をつけているのではなくて、人材に仕事をつけている。

「マラソン大会」

目標を決めたらやり抜く力。岩をも貫く強い意思。それがリーダーにとって最も必要な資質だ。

「21世紀を代表する会社をつくる」

もちろん私も、この目標はやり遂げる。会社の目標については、妥協するつもりは一切ない。がしかし、なんでもかんでもやり遂げられる訳ではない。集中する目標を絞り込むことも大切だ。

私はたったひとつ、「会社」については、やり抜く覚悟だ。それ以外のことは妥協することがあるかも知れない。というか妥協していることが多い。

「リスペクト」

インターネットビジネスやマーケティングに関心の高い当社の顧客は、たとえ当社の営業マンが若造であっても、最新の情報を聞き出そうと、謙虚に話を聞いてくださることが多い。我々が期待されているのは、インターネットにおける専門知識や情報。そして、それらを駆使した新しいものを産み出す知恵だ。

自分たちの強みは何かをはっきりさせなければならない。前例の無い新しいものから逃げてはいけない。前例がないだけに、顧客とも真剣な議論になることが多い。たまに、お客様が真摯に聞いていることをいいことに、自分たちの専門でなく、お客様企業がさんざん経験ある往来分野に対して、アドバイスしまう営業マンに何度か同席したことがある。そんなときは隣で聞いていて、顔が真っ赤になる。

「進化する日本的経営」

藤田さんがおすすめする本が掲載されています。

「小田原合宿」

幹部の意思統一が図れるだけでも合宿の意味は大きい。

「内定者研修」

経営者やマネジメントは十分な報酬が払えるほどの収益力のある事業を選び、キャリアが得られるよう会社を成長させ続けなければならない。

少なくとも優秀な人材を採用し、良い雰囲気で仕事をしてもらおうと考えるのなら、そう腹を括るべきだと思います。

「会食」

プレゼン力は、社長業においては重要なスキル。金融機関、投資家、営業、社内説明、広報、など、いろんな局面でプレゼンテーションが必要になります。

「スピードアップ!」

組織が大きくなるとスピードが遅れる。意思決定も、実行に移すスピードも。当社も社員数が1000名を超えて、ベンチャー企業にも関わらず、明らかにスピードダウンしている。私も
かなり焦ってます。

スピードの遅れによる損失は、ものすごく大きい。早すぎて失敗するほうが、よっぽど損失は少なて済む。組織がスピードが遅れる要因は何か?

悪いのは現場の社員ではなく、マネジメントだと思う。その中でも社長。つまり私。最近何かのきっかけで、反省しました。意思決定や実行に移すスピードが遅れる要因は、ずばり先送りにある。

「よく働き、よく遊ぶ」

忙しいときほど、少しでも時間が空くとあれもこれもやりたくなる。暇なときは、いつでもできると考えてだらだら過ごしてしまうものだ。つまり忙しい人がより忙しくなるサイクルにはまっている。

よく働き、よく遊べ。だからいいのかな?

「無限ループ」

前期も高い目標を掲げ、がんばった。しかし、更に高い目標が明日からスタートする。ほっと一息つく暇もない。会社生活は、この繰り返し。無限ループのよう。目標を掲げ、それに向かって全力を注ぎ、成長し、そしてまた成長を志す・・・・

「放送と通信の融合」

インターネットで視聴率にあたるアクセス数を高めるのはコンテンツよりもむしろ、インターネットサービスの企画力や技術力だ。代表的なインターネットのメディア企業googleは、放送局と同様に広告収益が大半だが、ほとんど自前でコンテンツは制作していない。

アクセス数を集めている理由は、コンテンツではなく卓越した技術力にある。インターネットビジネスを専門にやってなければその開発は難しい。

実際に、往来のメディア企業がこれまでネットビジネスに取り組んでもなかなかうまくいかなかった理由は、コンテンツの力でアクセスが集まるという常識から脱しきれていないからだと思う。

信憑性のないコンテンツの広告価値は低い。

ネット企業は、「とりあえずやってみよう」というカルチャーの会社が業績を伸ばしている。

「ハングリー>ストイック」

ハングリー>ストイック

受験勉強は、ストイックであればいい。頭がよくてストイックに勉強できれば、受験でよほど緊張しない限り成功できる。ところが。仕事は違う。

ストイックに仕事をすることはもちろん必要。でも、「どうしても勝ちたい」そんなハングリー精神を持った人に優秀でストイックにまじめに、仕事をしてきた人が負けてしまう。

「2005年度、決算説明会」

今、あげ足をとるのが好きな人に言わせれば、サイバーエージェントが21世紀を代表する会社になれない理由はいくらでも言えるだろう。でもそんな反対意見を

「いつか全員黙らせてみせる」

そんなモチベーションで頑張ってきたときもあった。経営の日々の仕事は、理想と現実とのギャップを埋めていくこと。毎期、毎四半期、毎月、ステップバイステップで目標との距離を確実に詰めていく。

「21世紀を代表する会社を創る」

その目標を達成するまで何年もかかると思うけど、困難を克服し、壁を突破し、皆で理想の姿を創り上げていくプロセスは、素晴らしく、そして何より楽しい。

「慢心」

徹夜で仕事をしようがそうでなかろうが、経営は結果が全てだ。まだ結果も出してないときに勘違いしてはいけない。社長業は”慢心”が産まれやすい職業。常に、謙虚に危機意識を持って、そして結果に対して貪欲でなければならない。

逆に、常に実態を追いつかせなければならないという危機感をもっていれば、多少背伸びしても構わない。みんなが肩書きに誤解している間に急いで実態を追いつかせることができれば、それは急成長につながる。

「センターピン」

ビジネスにおける本質を見抜く能力、企画力、アイデア、先見力、そのすべては過去の記憶から呼び起こされている。つまり、記憶のストックが多いことが重要ということになる。若い人はたくさん経験を積める環境に身を置いておかなければビジネス上の”頭のいいやつ”になれない可能性がある。

最後はやはり自分の頭で考え抜く。記憶のストックをそのまま真似ているのではだめ。でも本質が見抜けるものも、オリジナルのアイデアが浮かぶのも、すべては”記憶のストック”があるからだ。

「ルームランナー」

インターネット業界はもの凄く変化が激しく、次々競合が現れる。じっとしてたら、あっという間に取り残されるような危機感をいつも感じている。

「メリークリスマス!」

「起業するとき、悩んだり不安になったりしなかったんですか?」
「悩む人は大体ひまなんですよ。ぼくは忙し過ぎて、不安になる暇もなかったです」

「運ではなく、流れ」

ある時期から、私は運がいいとか悪いとは考えなくなり、その代わり、流れがよいのか悪いのかを主体的に見極めるようになった。

流れがいいと判断したときに、仕事をサボっていてはいけない。

次の記事

「【2006年】サイバーエージェント藤田晋のこれだけは読んでおきたい記事と名言まとめ」

前の記事

「【2004年】サイバーエージェント藤田晋のこれだけは読んでおきたい記事と名言まとめ」

    
コメント