スティーブ・ジョブズが教えてくれたビジネスで大切なこと

アップルの名経営者であった亡スティーブ・ジョブズ。iphoneに代表されるイノベーションの数々は記憶に新しいですね。そんなスティーブ・ジョブズが教えてくれたビジネスで大切な事を紹介します。


■幸運のアクシデントを起こそう

イノベーションは人が廊下で出くわしたり、夜の10時半に電話をかけあったりするところから生まれるとスティーブ・ジョブズは教えます。新しいアイデアを思いついたとか、ある問題に関して行き詰まっている原因に思い当たったという理由です。最高にクールで新しいものを考えだした人間が、そのアイデアについて意見を聞きたいと思って電話をかけた6人が集まる。そこで臨時会議が始まるというわけです。

スティーブはそうした「幸運なアクシデント」、つまり、ランダムに起こる話しあいを信じていました。それがアイデアの交換をもたらしたり、普段は交流のない者たちが会話を交わしたりする機会を作るからです。プロセスによって効率を上げることはできますが、アイデアだけは効率を上げることはできないのです。

■広告は直接的で的確でシンプルに

スティーブは広告を適格でシンプルなものにしました。スティーブ・ジョブズは次のように語ります。

「私にとってマーケティングとは価値の話だ。この世界はとても複雑で雑音も多い。人々に我々のことをちゃんと覚えてもらう機会も簡単には得られない。どの会社もそうだ。だから、我々の何を知ってほしいかを明確にしておく必要がある。」

■スティーブ・ジョブズから殴られ方を学ぶ

CEOであるスティーブ・ジョブズが慎みなく断固として相手のまちがいを罵倒するので、アップルの社内は大変だと思うかもしれません。しかし、スティーブにじかに接するのはほとんどが幹部であり、スティーブから攻撃されても、クビを意味するわけではありません。社員の身分のままスティーブのいる部屋を去ることができれば、その人は自分が強くなっていることを実感します。生還した人は、正面からの攻撃にだけでなく、どこからの攻撃にも耐える免疫を持ちはじめるのです。会社で神経衰弱になるのはけっしていいことではないが、逆に神経がずぶとくなるのは明確な強みになります。

スティーブ・ジョブズから学ぶことはまだまだたくさんあります。スティーブ・ジョブズのビジネス術を参考にしてみてはいかがでしょうか?

「Think Simple アップルを生みだす熱狂的哲学(ケン・シーガル)」の詳細を調べる

    
コメント