現代経営学の父!! ドラッカーから学ぶビジネスの考え方。

ビジネスの世界とは深いもので、何が真理なのかわからないことが依然として存在します。私たちが生きている間に真理が何か判明するかどうかはわかりません。ですが、今を生きている以上、何かを信じながらこなしていかなければいけません。そこで今回は、現代経営学の父と言われるピーター・ドラッカーの名言を元に、ビジネスにおける考え方を学びます。


■ドラッカーから学ぶビジネスの考え方

1. 「消費者にとってのメリットを考えよ」

1つ目の考えは、消費者について。消費者という大きなくくりを2つに分けると、「顧客」と「顧客でない人たち」で分けられます。そこで考えることは、顧客は何をメリットと考えあなたの会社の商品やサービスを購入するのでしょうか。彼らを深く理解するために、会社は何をすることができるのでしょうか。

その一方、顧客でない人たちは何をメリットと考え、あなたの会社のモノを購入することをためらうのでしょうか。彼らを理解するために何をしたらいいのでしょうか。それを考えることが大事とドラッカーは説きます。

2. 「社外情報に目を向けよ」

2つ目の考えは、情報の感度やアンテナについて。基本的に組織に属している限り、組織寄りの情報しかあなたに集まってきません。ですが、大きな変化やうねりというのは常にあなたの会社の外で発生します。

仮に、あなたが社内の情報しか重視しておらず社外の重要な情報にノータッチだったとします。そうなるとチャンスをつかめないどころか、会社の存続も危ういです。というのは、組織の戦略というものは社内の事情ではなく社外の情報によって作られているからです。

3. 「戦略が決まったら更に具体的に落としこむ」

3つ目の考えは、戦略が決まった後について。上層部が大きな戦略を組み立て、それにそって現場が動くわけですが、その時に大事なのは更に具体的なものに落としこむことです。

具体的には「何を、誰が、いつまでに実行するか」を明らかにすることです。これが明確でなければ、戦略からは何の効果も生まれず、上層部の苦労もあなたのお給料も水の泡と化してしまいます。

4. 「メディアは何をどう報道するかを操る」

4つめの考えは、メディアについて。一定規模以上の組織になると、メディアに取り上げたり、逆に自社メディアを立ちあげたりします。そういったメディアの本質というのは「何をどう報道するかを操る」というものです。良くも悪くもメディアは情報や印象をある程度操ることができるものなのです。

5. 「実行するのと考えるのでは違う」

5つ目の考えは、アイデアについて。この名言は要するに、アイデアを思いつくのは誰でもできるけれど、それを実行するのはまた別のことだということです。これはどちらが優れているという話ではなく、それぞれ必要とされている資質が違うということです。

ビジネスは奥が深くドラッカーですら発見できていないモノが沢山あります。1つの考えだけに囚われることなく、仕事をこなしていきたいものです。

「有名人の成功のカギはドラッカーの『マネジメント』にあった(フランク・アーノルト)」の詳細を調べる

    
コメント