人生にかけられる残金を知っていますか?20代は変わらないと将来が危ない

人生の3大出費は、「税金・社会保険料」、「マイホーム取得費用」、「子どもの子育て・教育資金税金・社会保険料」と言われています。この3大出費が人生で使えるお金からどんどん出ていきます。また今後さらなる増税でどんどん20代の世代の負担が増えていきます。今回は、人生にかけられる残金を通し、20代がサバイブするための考え方を紹介します。


「生涯年収を意識したことがありますか?」

年収400万円の場合、40年働いたとすると、生涯年収は、1億6,000万円です。これを総資本とし、人生にかけられる残金を計算していきましょう。

■税金・社会保険料

「税金・社会保険料」は、30歳独身男性、年収400万円の場合、年間で87万2,000円を徴収されます。大ざっぱに87万円を40年間納めたと考えると、その総計は3,480万円もかかります。

■マイホーム取得費用

「マイホーム取得費用」は何を買うかによってさまざまですが、全国平均でみると、マンションで3,389万円、建売住宅で3,357万円です。

■子どもにかかる費用

「子どもにかかる費用」は、幼稚園から大学まですべて国公立に入学した場合の学費だけで総額およそ1,100万円。子どもにかかる費用は、学費のほかに食費や被服費、学習塾費などもあります。学費と子育て費用の総計は、どんなに少なく見積もってもひとり当たり2,000万円以上かかります。

■人生にかけられる残金はいくら?

1億6,000万円-3,480万円(税金・社会保険料)-3,389万円(マンション購入費用)-2,000万円(子どもひとり分の子育て教育費用)=7,131万円

です。このように、3大出費を差し引くと、人生にかけられる残金はわずか7,131万円にすぎません。これを40年間の生活費と考えると、年間に使えるお金は178万2,750円になり、月では約14万8,500円です。1カ月15万円を切る金額で、夫婦2人、いったいどのような生活が楽しめるというのでしょうか。

人生にかけられる残金を意識すると、20代は考え方を変えていく必要があります。そのためには、20代でやるべきことをこなしていく必要があります。「20代でやるべきこと、やってはいけないこと」(井上裕之/著)では、20代でやるべきことを教えてくれます。将来が不安に感じた20代は参考にしてみてはいかがでしょうか?

「20代でやるべきこと、やってはいけないこと(井上裕之)」の詳細を調べる

    
コメント