コンビニの客単価はいくら?

コンビニは現代人にとってみれば、切っても切れないものであると言えるでしょう。24時間365日開いているという場所は、我々をひきつけてやみません。これからの季節は買物をしなくとも、ただ涼みに行くということもあるでしょう。このコンビニでは、客単価はどのくらいに設定されているのでしょうか?


客単価は500円

コンビニの客単価というのは、だいたい500円から550円くらいの間といわれています。これは、意外と少ないと思えるでしょうか。あるいは多いと思えるでしょうか。500円といえば、お弁当を買ってしまえばそれで終わりというような感じもします。しかし、 それ以外の組み合わせはさまざまなものがあります。例えば雑誌と飲み物ならば、雑誌が300円くらいと、飲み物が150円くらいということになりますからおよそ500円とになります。さらにタバコと飲み物だとすれば、450円くらいのタバコと、150円くらいの飲み物で600円という組み合わせになります。こうして見ると、やはりちょっとした買物の価格が500円から550円という間になりそうです。

人数でフォローする

しかし客単価が500円では、コンビニの経営は果たして成り立つのだろうかとと疑問に思う人もいるかもしれません。アルバイトの時給にもならないのではないかと思われるでしょう。しかし、コンビニは客単価が安い代わりに、人数が多く来るということが前提となっています。その数はおよそ1000人くらいと言われています。つまり、500円の客単価で1日1000人くらいが来て、50万円くらいの売上をあげるというのが、目標値のようです。

我々の生活と切ってもきれないコンビニは客単価が500円くらいに設定されています。これでは少ないと思われるかもしれませんが、多くの人数が来ることを前提にしています。その数は1000人くらいと言われています。

「ハンバーガー、牛丼は昔の方が高い?」の詳細を調べる

    
コメント