いい会社かどうかは「福利厚生」でわかる

福利厚生と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。

一般的なものでは、「社員寮」や「家賃補助」などの

嬉しいものから、「健康保険」や「雇用保険」など

あって当たり前に感じるものまであります。

本日は、ユニークな福利厚生をご紹介しながら

福利厚生に込められた意味を探っていきたいと思います。


なぜ福利厚生で「デート代」まで支給するのか

福利厚生とは、企業が従業員に対して

通常の賃金・給与とは別に支給する

「金銭」ではない報酬のことです。

「オンラインのコストコ」と呼ばれる

アメリカの食料・生活用品のオンラインストア

「Boxed」では、なんと従業員の結婚式費用を

福利厚生で負担しています。

しかも、正社員だけでなく、パート社員にまで

支給するというのですから驚きです。

また日本にも、デートや旅行の補助を出す

福利厚生を提供している会社があります。

この会社は「デート通.jp」という口コミサイトを

運営しており、社員自らの投稿を促すための

補助という意味合いのようです。

「デートや旅行に行ってほしい。

 それを仕事にも生かしてほしい」

という社員に対する会社の意図が

はっきりと伝わる面白い福利厚生ですね。

このように福利厚生を充実させることは、

社員の報酬を上げること以上に

従業員のことをよく考えている会社

という印象を従業員に与えることができます。

従業員が持つ「悩み」を福利厚生で解決

先の結婚式費用を負担するという福利厚生は、

従業員の多くが「低賃金」であったため

結婚式を挙げられない従業員が多かったことから

誕生しました。

このように、単に「報酬を上げる」ことだけでは

解決できない「社員の悩み」を解決できるのが

福利厚生のすばらしいところです。

社員の悩みでもっとも多いことの1つが、

「お金」の問題でしょう。

・昇進して収入が増えても、その分支出を増やしてしまい、

 いつまでたっても貯金がたまらない。

・お金を増やそうと株やFXに手を出したが、

 逆に貯金を失ってしまった

などのお金の悩みは、報酬を上げるだけでは解決できません。

お金のことなら何でも相談できる

「株式会社ほけんの時間」は、

企業向けの福利厚生サービスとして、

お金の専門家である「ファイナンシャルプランナー」を

社員に対して無料で派遣する

「ほけんの時間@Biz」の提供を始めました。

このサービスが導入された企業の社員は、

貯蓄や資産運用について

「ファイナンシャルプランナー」に

何度でも無料で相談できるようになります。

サービス名は「ほけんの時間@Biz」ですが、

保険に限らずお金に関するどんな質問でも

ご相談いただけます。

企業からしてみれば、払った報酬や給与を無駄遣いしたり

ギャンブルに依存して破産してしまわずに、

お金に不安のない安定的な生活をしてもらいたいもの。

「お金の教育」を企業が従業員に対して

行うことが当たり前の時代になっていくのかもしれません。

    
コメント