保険

  • 健康保険料の計算方法

    中小企業向けの全国健康保険協会の健康保険料は、都道府県によって料率が異なります。大企業向けの組合健保の場合の健康保険料は、組合によって料率が変わります。では、健康保険料の計算方法を紹介します。 健康保険料の計算方法 健康保険料は、標準報酬月額に

  • 健康保険の被保険者になる条件、手続き

    健康保険は、事業所単位で適用されています。ほとんどの会社は健康保険に強制的に加入しています。そのため、会社に入社すると、自動的に健康保険の被保険者となります。 健康保険の被保険者になる条件 健康保険の被保険者になるには、健康保険の適用事業所で働

  • 健康保険の2つの保険者「全国健康保険協会」と「健康保険組合」

    健康保険事業の運営主体のことを保険者と言います。健康保険では、全国健康保険協会と健康保険組合の2つの保険者が存在します。 保険者とは 健康保険事業の運営主体のことを「保険者」といいます。 健康保険の保険者には、全国健康保険協会と健康保険組合の2

  • 健康保険を受けるために必要な保険証

    日本の健康保険は、国民健康保険、健康保険などがあります。健康保険に加入すると保険証が送られてきます。この保険証がないと保健を受けることができません。 保険証 健康保険の保険証は青色のカードです。氏名、生年月日、保険者名などが記載されています。

  • 社会保険料の「標準賞与額」の計算方法と賞与の範囲

    夏や冬のボーナスにも、社会保険料がかかります。社会保険料は、標準賞与額に保険料率をかけることで計算できます。 賞与の範囲 標準賞与は、賃金、給料、俸給、手当、賞与などどんな名称であっても、被保険者が労働の対償として支給される年3回以下すべてのも

  • 社会保険料の標準報酬月額を決める4つの計算方法

    社会保険料の標準報酬月額の計算方法は、資格取得時決定、定時決定、随時改定、育児休業終了の4つの計算方法があります。計算方法の特徴を簡単に紹介します。 1. 資格取得時の決定 会社で社員を雇った場合、社員に支払う給料から社会保険料を決定します。社

  • 社会保険料(厚生年金、健康保険)の計算方法の基本

    社会保険料は、厚生年金保険と健康保険の保険料を一緒に計算された金額となります。社会保険料の計算方法を紹介します。 社会保険料の計算方法 社会保険料は、標準報酬月額に保険料率をかけて計算します。事業主が被保険者のかわりに手続きを行ってくれます。社

  • 社会保険の被保険者

    社会保険に加入すると、健康保険と厚生年金保険の2つの保険に同時に加入することになります。それでは、社会保険の被保険者について紹介します。 社会保険の被保険者になる条件 社会保険の被保険者になるには、適用事業所で働くことが条件です。社員として会社

  • 社会保険の加入条件である適用事業所とは

    会社の社会保険の手続は、主に「健康保険」と「厚生年金保険」の2つです。この2つは同時に加入手続きをとります。社会保険への加入が義務付けられている事業所を「強制適用事業所」と言います。社会保険への加入は義務付けられていない事業所を「任意適用事業所」と言います。そ

  • 自動車保険の契約前にチェックしたい契約内容10のポイント

    自動車保険の新規契約時や満期更改時に、損保会社は「ご契約内容確認書」で保険内容の契約に関して確認をします。ここの確認を怠ると、後々契約内容が違う! とモメるケースがないように、契約前にチェックしたい契約内容のポイントを紹介します。 1. 車を主に

  • 第1号被保険者のための「国民年金基金」

    国民年金基金は、国民年金の加入者にとって、厚生年金や共済年金の2階部分の代わりとなる制度です。保険料負担は大きくなりますが、多くの年金を受け取ることができます。 加入条件 国民年金の第1号被保険者で、20歳以上60歳未満の方が加入することができ

  • 遺族基礎年金がもらえない場合に役立つ「寡婦年金」と「死亡一時金」制度

    厚生年金に加入している夫が亡くなった場合、妻は子供がいなくても遺族厚生年金をもらうことができます。しかし、自営業など国民年金だけに加入している第1号被保険者の夫が亡くなった場合、妻は子供がいないと遺族基礎年金をもらうことができません。このような不公平を調整する

  • 中高齢寡婦加算がなくなっても安心! 「経過的寡婦計算」

    夫をなくし、中高齢寡婦加算を受け取っている昭和31年4月1日以前に生まれた妻は、中高齢寡婦加算がなくなると、妻自身が受け取る老齢基礎年金が低額になるケースがあります。妻が受け取る年金額が極端に少なくなることがないように配慮した制度が「経過的寡婦加算」です。

  • 中高齢の妻のための「中高齢寡婦加算」制度

    中高齢寡婦加算制度は、夫が亡くなった妻が中高齢になったときに役立ちます。遺族基礎年金は、子供が18歳以上になると受け取れなくなります。そこで、妻が40歳から65歳までの間、中高齢寡婦加算制度により定額のお金を受け取ることができます。 中高齢寡婦加

  • 遺族厚生年金が受け取れなくなる条件(失権)

    遺族厚生年金を受け取ることができなくなる条件(失権)を紹介します。 全体共通の遺族厚生年金を受け取れない条件 1. 死亡したとき 2. 婚姻したとき(事実婚含む) ただし、結婚後に離婚しても、遺族厚生年金を受け取る権利がなくなっているの

  • 妻、子、夫、祖父母のための「遺族厚生年金」と計算方法

    遺族厚生年金は妻、子、夫、祖父母も受け取ることができる遺族年金です(遺族基礎年金は子供がいる妻と子供だけ)。遺族基礎年金に加算して遺族年金を受け取ることができます。 遺族年金も2階建て構造 遺族年金は、「遺族基礎年金+遺族厚生年金」の2階建構造

  • 遺族基礎年金が受け取れなくなる条件(失権)

    遺族基礎年金を受け取れなくなる条件(失権)があります。再婚、死亡、子供が18歳以上になった場合などに遺族基礎年金を受け取ることができなくなります。それでは、詳しく見て行きましょう 妻、子供共通で遺族基礎年金を受け取れなくなるケース 1. 死亡し

  • 妻と子のための「遺族基礎年金」と計算方法

    国民年金に加入していれば、もしも夫が死亡してしまった場合に、残された家族は遺族年金を受け取ることができます。年金には、老後に受け取る老齢年金だけでなく死亡してしまった場合の保障を受けることができます。まずは、国民年金に加入している人を対象とした遺族基礎年金につ

  • 大企業、公務員は医療保険いらず! 「付加給付」で高額療養費がもっと安くなる!

    健康保険には中小企業向けと大企業向けの健康保険があります。もし、あなたが福利厚生が充実している大企業の社員である場合「健康保険組合」に加入をしているかもしれません。その場合、「付加給付」がないかを調べてみましょう。通常の健康保険以外にも様々なメリットを受けるこ

  • 自動車保険の更新は「乗り換え」が基本! 満期2ヶ月前からの見積もりが自動車保険を安くする!

    自動車保険の更新面倒くさいから同じ会社で更新をしていませんか? 実は、自動車保険は「乗り換え」を考えたほうが保険料が安くなるケースが多いのです。 自動車保険は乗り換えが基本 自動車保険の見直しは、他社への乗り換えを基本に考えることが、保険料節約

10 / 14 « 最初 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 最後 »