保険

  • 要介護認定(介護給付)と要支援認定(予防給付)の違い

    介護保険では、要介護1〜5の場合は介護給付、要支援1〜2の場合は予防給付を受けることができます。要介護認定(介護給付)と要支援認定(予防給付)の違いについて紹介します。 要支援認定と要支援認定の違い 要介護認定を受けた場合のみ、施設サービスや地

  • 「要介護認定」と「要支援認定」とは

    介護保険が適用される介護サービスは、介護レベルに応じて受けられるサービスが変わります。「要介護認定」と「要支援認定」について紹介します。 要介護認定された場合に受けられる介護サービス 要介護認定された場合、介護給付サービスを受けることができます

  • 世帯分離を利用した介護保険料を安くする方法

    65歳以上の第1号被保険者の介護保険料は本人の収入だけでなく世帯の収入状況によって納める保険料が変わります。そのため、世帯分離を利用して介護保険料を安くできる方法を紹介します。 世帯分離とは 世帯分離とは、本来同じ家に住んでいても二世帯住宅のよ

  • 高齢による衰弱は介護の原因第3位!

    介護のきっかけで3番目に多いのは、高齢による衰弱です。介護が必要となるきっかけの13.7%にもなります。なぜ、高齢による衰弱が進行すると介護が必要となるのでしょうか? 高齢による衰弱とは? 高齢者になるにつれ、身体の機能はどんどん低下してきます

  • 認知症で介護が必要になる確率15.3%! 介護の原因第2位となる認知症

    介護のきっかけとなる第2位の原因は認知症です。介護が必要となる原因として15.3%も占めているのです。なぜ、認知症が進行すると介護が必要となるのでしょうか? 認知症ってどんな病気? 認知症になると、様々な原因で脳の細胞が死んでしまったり、脳の働きが

  • 介護の原因の21.5%!? 介護の原因第1位となる脳卒中

    介護のきっかけで一番多い病気は何か知っていますか? それは脳卒中です。なんと、介護が必要となるきっかけの21.5%も占めているのです。なぜ、脳卒中になると介護が必要となるのでしょうか? 脳卒中ってどんな病気 脳卒中は、脳内の血管がつまったり、破

  • 介護が必要となる原因ランキングと年齢別要介護者の割合

    平成22年の厚生労働省発表データより介護が必要となる原因ランキングと年齢別要介護者の割合を紹介します。 介護が必要となる原因ランキング 要支援1〜要介護5に認定された人全体から算出されたデータとなります。 脳卒中:21.5% 認知症:1

  • 居宅介護支援(ケアマネジメント)とケアプラン作成の流れ

    ケアプランとは、介護利用者が必要な介護サービスを利用するための居宅介護計画のことです。訪問介護サービスを受けるためには、ケアプランの作成が必須です。居宅介護支援(ケアマネジメント)とケアプラン作成の流れを紹介します。 居宅介護支援とは 居宅介護

  • 要介護認定で行われる2次判定の手順とは

    要介護認定は、1次判定の結果をもとに、介護認定審査会で2次判定(最終的な審査・判定)が行われます。この2時判定はどのような手順で行われるのでしょうか? 介護認定審査会とは 介護認定審査会は市町村の附属機関です。保健・医療・福祉の学識経験者5名1

  • 要介護認定1次判定の仕組み

    介護保険の要介護認定の判定を受ける際に、1次判定で認定調査項目と主治医意見書のデータを元にコンピュータ判定を行います。これはどのような仕組みで判定されているのでしょうか? 1分間タイムスタディ・データ 判定に使われているデータは、介護老人福祉施

  • 要介護認定での認定調査票の調査項目

    要介護認定を受ける際に、認定調査員が行う認定調査となる認定調査票の構成や項目を厚生労働省のデータから紹介します。事前にどのような調査を受けるかを把握することが介護認定で大切なポイントとなるため、知っておくと有利に要介護認定を進めることができます。

  • 介護サービスを利用するための要介護認定の流れ

    介護保険を介護サービスを利用するためには、「要介護認定」される必要があります。「要介護認定」を受けることで保険が適用された状態で介護保険サービスを受けることができます。 それでは、介護サービスを利用するための要介護認定の全体の流れを紹介します。

  • 民間介護保険の必要性

    介護保険を考えると、まず頭に浮かぶのは民間の介護保険に加入するかどうかですよね。では、民間の介護保険が必要かどうか考えていきましょう。 民間介護保険金を受け取る条件 民間の介護保険では、介護保険金を受け取るには、一定の条件をみたすことが必要です

  • 第2号被保険者の介護保険料の計算と納付方法

    40歳になると介護保険の第2号被保険者となるため、介護保険料を支払うことになります。40歳以上64歳未満の第2号被保険者の介護保険料は、全国にいる第2号被保険者から第2号被保険者1人あたりの保険料額を計算しています。第2号被保険者の介護保険料の計算方法や納付方

  • 第1号被保険者の介護保険料の納付方法「特別徴収」と「普通徴収」

    介護保険料は介護保険給付費の50%を負担しています。介護保険給付費の50%のうち65歳以上の第1号被保険者が21%、40歳から64歳までの第2号被保険者29%を負担します。それでは、第1号被保険者の介護保険料の納付と徴収方法を紹介します。 第1号被保険者

  • 第1号被保険者の介護保険料の計算方法

    介護保険料は、第1号被保険者か第2号被保険者によって保険料の仕組みが異なります。65歳以上の第1号被保険者の介護保険料の決まり方や計算方法を紹介します。 第1号被保険者の介護保険料の決まり方 65歳以上の第1号被保険者の保険料は、市町村ごとによ

  • 介護保険制度の財政事情と予算状況

    介護保険は、被保険者の保険料だけでなく、国などの公庫が半分費用を負担しています。介護保険制度の財政事情と予算状況を紹介します。 介護保険制度の財源構成 介護保険制度は、被保険者による保険料が50%、国などの負担が50%となっています。平成24〜

  • 介護保険制度の仕組みとお金の流れ

    介護保険制度がどのような仕組みで提供され、保険料やサービス利用料のお金の流れはどうなっているのかを紹介します。 介護保険制度の仕組み 介護保険制度の仕組みを考えるときは、「保険者」「被保険者」「サービス事業者」の3つの関わりを考えるとわかりやす

  • 介護保険の被保険者。第1号被保険者と第2号被保険者

    介護保険に加入する「被保険者」について紹介します。第1号被保険者と第2号被保険者に分けることができます。 介護保険の被保険者 介護保険に加入している人を「被保険者」と呼びます。介護保険は社会保険制度なので、40歳以上の人には加入が義務付けられて

  • 介護保険の保険者

    介護保険制度を運営する「保険者」について紹介します。 介護保険の保険者 介護保険を運営している「保険者」は、市町村及び特別区(渋谷区、千代田区など)です。自分が住んでいる市町村区が介護保険を運営しています。 国が保険者ではない理由 介護保険

4 / 14 « 最初 1 2 3 4 5 6 7 8 最後 »