保険

  • 保険病にかかってない? 最強の保険は貯金です!

    将来のことが不安で生命保険、医療保険、こども保険…あれもこれも保険で解決しようとする保険病にかかっていませんか? あれこれ保険に加入した結果。高い保険料が家計を苦しめます。そして、保険料の支払いで貯金はたまらず生活は苦しくなるばかり…保険病が抜け出すための考え

  • 本当にお得? ネット生命保険のメリット、デメリット

    ネット生保は、ネット上で保険手続きを行うため、窓口や営業マンの人件費がかからず安い保険料で生命保険に加入できます。多くの人がネット生保に切り替えを始めています。今回は、ネット生命保険のメリット、デメリットを紹介します。 ネット生保が安い理由 従

  • 生命保険に入る前に、総額の保険料と支払えるかを考えよう!

    生命保険に入る前に考えてもらいたいことがあります。それは総額の保険料と支払えるかどうかです。 総額の保険料を考えよう まずは、生命保険に入ることで「どれくらいのお金を使うのか」を考えましょう。ほとんどの人は、長く続けるつもりで生命保険に入ります

  • 生命保険に入る前に遺族年金を知ろう! 意外と手厚い公的保険

    死亡や高度障害状態になったときに備え生命保険に加入する人が多いのではないでしょうか? でも、日本には遺族年金制度があり、残された家族は遺族年金を受け取ることができます。生命保険加入の前に知っておきたいてあつ公的保険について紹介します。 遺族年金と

  • 生命保険が理解しにくい2つの理由。「商品の多さ」と「貯金機能」

    結婚や子供が生まれたことを機会に生命保険に入ろうと考える人は多いですよね。でも、南海パンフレットをみてよくわからない…なぜでしょうか? それは、 商品が多いこと 生命保険なのに貯金ができる ことがわかりづらい原因となっています。 生

  • ライフネット生命に学ぶ「保険料」の決まり方と選び方

    生命保険を選ぶ上で大切なのは、保険料の決まり方を知ることです。生命保険のカラクリを理解しておくと、保険の仕組みがよりよく理解でき、賢く生命保険を選ぶことができます。ライフネット生命岩瀬大輔さんの著書「生命保険のカラクリ」より、どのように保険料が決まっていくのか

  • 「終身保険」の保険料、解約返戻金などの注意点

    終身保険は、いつ死亡もしくは高度障害状態になっても保険金を受け取ることができる生命保険です。 終身保険とは 終身保険は、死亡もしくは高度障害状態になった場合に保険金が受け取れる死亡保険タイプの生命保険です。保険期間に終わりがなく、契約期間は「生

  • 学資保険(こども保険)で学費を貯めるべき? 学資保険のメリット、デメリット

    子どもの成長はあっという間です。すぐに大きくなり、小学生、中学生、高校生、大学とどんどん学費がかかります。小さいうちから学費を順ビルするために、なんとなく学資保険(こども保険)の加入を考える人は多いのではないでしょうか? しかし、学資保険は本当に必要なのでしょ

  • 満期になると保険金が受け取れる養老保険

    養老保険は、通常の生命保険と同じのように死亡もしくは高度障害状態になった場合は保険金を受け取ることができます。また、死亡することなく契約期間が無事終了すれば満期保険金を受け取ることができます。掛け捨てが嫌いで、貯金と保険両方の性質があるということが日本人に合っ

  • おすすめできない終身保険! アカウント型保険(利率変動型積立終身保険)

    おすすめできない終身保険があります。それはアカウント型保険(利率変動型積立終身保険とも呼ばれます)です。なぜ、アカウント型保険はおすすめできないかを紹介します。 アカウント型保険とは アカウント型保険は、「主契約(積立部分)+特約(追加の保障部

  • 金利変動で保険金が増減する「積立利率変動型終身保険」は本当にお得なのか?

    積立利率変動型終身保険は、市場金利の変動によって保険金や解約返戻金が増減する生命保険です。投資や貯蓄目的で加入する人がいますが、積立利率変動型終身保険は本当にお得な保険商品なのでしょう? 積立利率変動型終身保険とは 積立利率変動型終身保険の内容

  • 定期と終身でややこしい! 定期付き終身保険のメリット・デメリット

    生命保険には、ややこしい商品がたくさんあります。その代表とも言えるのが、定期付き終身保険です。なぜ、終身なのに定期がついているのでしょうか? 定期付き終身保険のメリット・デメリットもあわせて紹介します。 定期保険の特徴 まず、定期保険と終身保険

  • 医療保険タイプの保障もある特定疾病保障定期保険

    特定疾病保障定期保険は、通常の定期保険に加え、ガンや心筋梗塞など特定の疾病になった場合に保険金が受け取ることができるタイプの生命保険です。「生命保険+医療保険」という構成になっています。 特定疾病保障保険の保障内容 特定疾病保障保険は、「ガン」

  • 節税にもなる法人向けの生命保険「逓増定期保険」

    逓増定期保険は、保険期間中に支払われる保険金額が少しずつ増加していくタイプの定期保険です。逓減定期保険の逆パターンとなります。ただ、こちらの保険は、個人よりも法人向けの生命保険となっています。 逓増定期保険とは 逓増(ていぞう)定期保険は、保険

  • 逓減定期保険。ライフイベントに合わせた定期保険。

    定期保険の中には、時間が経過すると保険金が少しずつ減少していくタイプの「逓減定期保険」があります。保障金額は少しずつ減っていきますが、保険料が安いのが特徴です。 逓減定期保険とは 逓減(ていげん)定期保険は、保険契約期間中に受け取れる保険金が少

  • 毎月保険金が受け取れる収入保障保険。浪費癖がある家族におすすめ!

    生命保険には、夫が死亡もしくは高度障害状態になった場合に、毎月保険金を受け取ることができる「収入保障保険」があります。 収入保障保険とは 収入保障保険は、保険金を一括でまとめて受け取らずに、年金方式で毎月保険金を受け取ります。家族保障保険や生活

  • 生命保険で一番おすすめな定期保険! 保険料、更新の注意点などを紹介!

    生命保険を選ぶときにもっとおすすめなのが「定期保険」です。保険期間は、10年、20年のように期間が決められています。それでは、定期保険について紹介します。 定期保険とは 保険期間は、10年、20年のように期間が決められているため「定期保険」と言

  • 生命保険の主な商品の種類

    「生命保険=主契約+特約」 で構成されています。主契約部分を中心に考えるのが基本です。死亡保険、生存保険、混合保険の3種類があります。では、この基本を理解した上で、生命保険の主な商品の種類をみていきましょう。 生命保険の主な商品の種類

  • 生命保険の考え方の基本! 3つのタイプの生命保険

    生命保険は、多くの商品と複雑な保険設計のためわかりづらくなっています。でも、仕組みさえ理解すれば、生命保険の基本がわかります。まずは、生命保険の基本となる3種類を紹介します。 生命保険とは 生命保険は、死亡もしくは高度障害状態になった場合に、残

  • 老後のために! 自分で積み立てる個人年金

    年金支給開始年齢が60才から65才に変わりました。公的年金制度だけに頼った老後は不安ですよね。そこで、老後に備えた個人年金という保険商品があります。 年金を受取る期間は3タイプ 個人年金を受け取る期間は「終身」「確定」「夫婦」の3タイプあります

6 / 14 « 最初 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 最後 »