介護保険

  • 要介護認定で行われる2次判定の手順とは

    要介護認定は、1次判定の結果をもとに、介護認定審査会で2次判定(最終的な審査・判定)が行われます。この2時判定はどのような手順で行われるのでしょうか? 介護認定審査会とは 介護認定審査会は市町村の附属機関です。保健・医療・福祉の学識経験者5名1

  • 要介護認定1次判定の仕組み

    介護保険の要介護認定の判定を受ける際に、1次判定で認定調査項目と主治医意見書のデータを元にコンピュータ判定を行います。これはどのような仕組みで判定されているのでしょうか? 1分間タイムスタディ・データ 判定に使われているデータは、介護老人福祉施

  • 要介護認定での認定調査票の調査項目

    要介護認定を受ける際に、認定調査員が行う認定調査となる認定調査票の構成や項目を厚生労働省のデータから紹介します。事前にどのような調査を受けるかを把握することが介護認定で大切なポイントとなるため、知っておくと有利に要介護認定を進めることができます。

  • 介護サービスを利用するための要介護認定の流れ

    介護保険を介護サービスを利用するためには、「要介護認定」される必要があります。「要介護認定」を受けることで保険が適用された状態で介護保険サービスを受けることができます。 それでは、介護サービスを利用するための要介護認定の全体の流れを紹介します。

  • 民間介護保険の必要性

    介護保険を考えると、まず頭に浮かぶのは民間の介護保険に加入するかどうかですよね。では、民間の介護保険が必要かどうか考えていきましょう。 民間介護保険金を受け取る条件 民間の介護保険では、介護保険金を受け取るには、一定の条件をみたすことが必要です

  • 第2号被保険者の介護保険料の計算と納付方法

    40歳になると介護保険の第2号被保険者となるため、介護保険料を支払うことになります。40歳以上64歳未満の第2号被保険者の介護保険料は、全国にいる第2号被保険者から第2号被保険者1人あたりの保険料額を計算しています。第2号被保険者の介護保険料の計算方法や納付方

  • 第1号被保険者の介護保険料の納付方法「特別徴収」と「普通徴収」

    介護保険料は介護保険給付費の50%を負担しています。介護保険給付費の50%のうち65歳以上の第1号被保険者が21%、40歳から64歳までの第2号被保険者29%を負担します。それでは、第1号被保険者の介護保険料の納付と徴収方法を紹介します。 第1号被保険者

  • 第1号被保険者の介護保険料の計算方法

    介護保険料は、第1号被保険者か第2号被保険者によって保険料の仕組みが異なります。65歳以上の第1号被保険者の介護保険料の決まり方や計算方法を紹介します。 第1号被保険者の介護保険料の決まり方 65歳以上の第1号被保険者の保険料は、市町村ごとによ

  • 介護保険制度の財政事情と予算状況

    介護保険は、被保険者の保険料だけでなく、国などの公庫が半分費用を負担しています。介護保険制度の財政事情と予算状況を紹介します。 介護保険制度の財源構成 介護保険制度は、被保険者による保険料が50%、国などの負担が50%となっています。平成24〜

  • 介護保険制度の仕組みとお金の流れ

    介護保険制度がどのような仕組みで提供され、保険料やサービス利用料のお金の流れはどうなっているのかを紹介します。 介護保険制度の仕組み 介護保険制度の仕組みを考えるときは、「保険者」「被保険者」「サービス事業者」の3つの関わりを考えるとわかりやす

  • 介護保険の被保険者。第1号被保険者と第2号被保険者

    介護保険に加入する「被保険者」について紹介します。第1号被保険者と第2号被保険者に分けることができます。 介護保険の被保険者 介護保険に加入している人を「被保険者」と呼びます。介護保険は社会保険制度なので、40歳以上の人には加入が義務付けられて

  • 介護保険の保険者

    介護保険制度を運営する「保険者」について紹介します。 介護保険の保険者 介護保険を運営している「保険者」は、市町村及び特別区(渋谷区、千代田区など)です。自分が住んでいる市町村区が介護保険を運営しています。 国が保険者ではない理由 介護保険

  • 介護保険制度の特徴

    介護保険制度は、介護が必要となった人のための保険です。国による公的介護保険と民間介護保険があります。それでは、日本の公的介護保険制度の特徴について紹介します。 介護保険導入の目的 日本で高齢者福祉政策が開始されたのが、1960年台からです。その

  • 成年後見制度の活用例。アルツハイマーや認知症になった時に備えよう!

    将来死んだ後の遺産相続を考えている人は多いですよね。でも、自分がボケてしまったときのことは考えていますか? 自分が正常な判断ができるうちに成年後見制度を利用するのがおすすめです。では、どんな場合に成年後見制度が活用できるのか紹介します。 成年後見制度

  • 成年後見登記制度

    成年後見制度を利用する場合、成年後見人が誰なのか登記を行います。なぜ成年後見制度を利用する場合に、登記が必要となるのでしょうか? 成年後見登記制度とは 成年後見登記制度とは、成年後見人などの権限や任意後見契約の内容を登記し、登記官が登記事項を証明し

  • 任意後見制度と併用したい見守り契約

    任意後見制度を利用する場合、本人の判断能力が十分なうちは、自分で財産管理を行ない、正常な判断ができなくなったら、任意後見契約に移行する「移行型」を利用する事が多いです。しかし、正常な判断ができなくなるタイミングはいつ確認するのでしょうか? 自分で「そろそ

  • 任意後見制度の種類、手続き、費用

    任意後見制度は自分が元気なうちに、正常な判断ができなくなる場合に備えて、あらかじめ任意後見人を決めておく制度です。判断能力が低下してしまったとき、スムーズに成年後見制度に移行することが可能となります。任意後見制度の種類、手続きなどを紹介します。

  • 法定後見制度の種類、手続き、費用

    法定後見制度は、自分の両親が認知症やアルツハイマーなどで正常な判断ができなくなった場合などに家庭裁判所へ申し立てを行い、成年後見人として認められると両親の代理で契約をしたり、契約の同意・取り消しができるようになる制度です。法定後見制度の種類、手続きなどを紹介し

  • 成年後見制度の基本と成年後見人の仕事内容

    成年後見制度は、自分が正常な判断ができなくなった場合に役立つ制度です。成年後見人に、代理判断、契約の同意・取消などを行ってもらうことで、適切に財産管理を行うことができます。成年後見制度の種類、手続き、成年後見人について紹介します。 成年後見制度と

4 / 4 « 最初 1 2 3 4