肩書はわかりづらい?

弘兼憲史による名作漫画「課長島耕作」は、順調に出世を重ね、部長、乗務、専務、社長、会長までなっています。これはかつての日本企業における一般的な出世コースというべきものでした。


外資系はわかりづらい?

しかしながら、外資系企業が多く進出したことによって、横文字の肩書があふれるようになりました、CEO、COO、チェアマンといった肩書は誰が一番偉いのでしょうか。そんな素朴な疑問と、日本人の出世と肩書について考察を加えた本が藤澤志穂子による「出世と肩書」 (新潮新書) です。

分野ごとに解説

本書では日本の労働現場を分野ごとにわけて肩書に関する面白エピソードが記されています。民間企業は比較的わかりやすいですが、近年では社外取締役や相談役といった、肩書も出ています。そのわかりづらは外資系にも該当します。

公務員の世界でも

さらに、官公庁編、いわゆる役人の世界では、民間より複雑な肩書があふれています。もうひとつ、永田町における政党内の肩書、あるいは閣僚における省庁内での肩書などについても言及されています。肩書ひとつとっても、場所によってさまざまないわれがあることがわかるでしょう。

    
コメント