成功の秘訣

ビジネスや人生で成功する秘訣があることを知っていますか?成功者が教える成功法則、失敗の事例から成功のコツを学ぶなど、恋愛、仕事、人生に役立つ成功の秘訣を紹介します。

  • 成功者の言葉に学ぶ

    仕事をするにあたって、ひとつの信念や哲学といったものを持つことは大切であるとされています。さらに、それが何か成功を成し遂げた人物の言葉であるならば、なおさら重みや深みを生み出すのではないでしょうか。

  • マインドセットとは何か?

    マインドセットという言葉があります。日本語にわかりやすく言い換えると「やればできる」「気の持ちよう」といった言葉につながるのではないでしょうか。キャロル・S・ドゥエック著作、今西康子翻訳による『マインドセット「やればできる! 」の研究』(草思社)は成功心理学の古典というべき本です。

  • 手書きメモの重要さ

    今、紙とペンと持ち歩いている人はどのくらいいるのでしょうか。ちょっとメモがしたい時はスマホで済ませているという人も多いかもしれません。しかし、重要なのは手書きのメモをいかに活用してゆくかという点です。

  • すぐやる人のノート術とは?

    つい仕事を後回しにしてしまう、そんな人は多いでしょう。すぐやる、は言葉ではわかっていても、なかなか実行に移せないものです。

  • 夢をかなえるノート術とは?

    夢は誰しもが持っているものでしょう。夢をかなえるためにはどうすればいいのか、そうした本は多く出ています。しかし、それらは方法論であって、夢をかなえるにはどうすれば良いのか、あるいはこうすれば夢がかなうとはっきり明言してくれません。

  • 「日本一の朝礼」をつくった男のリーダー育成論とは

    「日本一の朝礼」という独特の人材育成手法で内外から注目される、居酒屋「てっぺん」の創業者・大嶋啓介さんを迎えてのイベントが、2月13日に開催されます。テーマは「叶った夢の叶え方」。現状の枠を遥かに飛び越えた成長を決意している経営者の皆さんに、ビジネスを加速する極意を伝授します。

  • MAPSの究極の目的は人材育成

    企業から「人材を育成したい」との声がよく聞かれます。その場合、必ず、その会社にいる優秀な人材からヒアリングをし、まねすべきコンピテンシーを洗い出します。そして、MAPSを使って、行動に落とし込んで成長に役立ててもらえるよう仕向けていくのです。

  • MAPSはチームでも応用できる

    成功体験をした人のやり方を設定して自分の能力を高めていくMAPSの作り方、活用例についてこれまで触れてきましたが、MAPSは個人のためだけのツールではありません。チームや部、さらには企業全体で圧倒的な成果をあげるのにも適応できます。むしろそれこそが、MAPSを導入する真の狙いといえます。

  • 「8割できた」のワナにはまるな

    MAPSを実践するときは、最初はまず3つくらい試して、慣れてきたらさらに5くらいにまで増やすことができるようになります。しかし、1つのMAPSをやりきる前に、あれもこれもと手を出してしまうと、結局どれも中途半端に終ってしまう危険に陥りがちです。

  • 定期的な見直しで、MAPSを使いこなす

    M「やるべきこと」を見定め、A「すぐにできること」を選び、P「なぜそうなりたいかの動機」を考えることがわかったところで、これらをS「定期的に振り返る」ことにより、MAPSは完成します。MAPSを使いこなすということは、S=「振り返る」習慣を身につけることと言い換えることができそうです。Sの使いこなし方を具体的に見ていきましょう。

  • 自営業者やフリーランスでもMAPSはつくれる

    これまでは、会社など、組織のなかでMAPSを活用する方法について触れてきましたが、自営業者やフリーランスなど、基本的に1人で仕事をしている人はどうすればいいでしょうか。もちろん、成功体験の素材は組織内以外にも、世の中にはたくさん点在しています。そんな素材の活用法を考えましょう。

  • 「ヒーロー取材ノート」を作ってみよう

    MAPSは、誰かの成功体験を再現するためのツールです。つまり、活用するには評価される人をお手本にすることから始まります。もちろん、自分の過去の成功体験から設定するケースもありますが、そうでない場合、上司や先輩後輩問わず他の同僚ら成功体験をしている他人から、直接聞いてしまうのが手っ取り早い方法です。

  • MAPSを作ってみよう

    これまで、成功体験を自分のものにするためのツールであるMAPSの概要に触れてきました。今度は評価される人の基本コンピテンシーを基準に、自分にあったMAPSの作り方を見ていきます。「M=やるべきこと」、「A=すぐにできること」、「P=ブレないための動機」、「S=定期的な振り返り」の順に、4要素を確認しながら進めていきましょう。

  • 「やるべきことを選ぶ」評価できる人の実践術

    成功体験を元に「やるべきこと」「すぐできること」「ぶれない動機」「定期的な振り返り」の4つで構成するMAPS。ここでは、一つの事例を元に、その基本となるコンピテンシーの側面から、みなさんが現在、評価される人かどうかをチェックしてみます。

  • MAPSはPDCAより強力?その理由とは

    事業活動における生産管理や品質管理などを円滑化させる手法として、「PDCA」という言葉を聞かれたことがある方はいるのではないでしょうか。ここで紹介してきた「MAPS」を使って4つの要素を順繰りに繰り返す方法は、「PDCA」サイクルとにたところがあります。ではなぜ、「MAPS」をあえて取り上げるのか。考察いきたいと思います。

  • 「TTP」を効率化する、「MAPS」とは?

    デキる人の手法を「徹底的にパクる=TTP」は成功体験を引き寄せる近道です。でも、それにはまず、成功体験のお手本となる、高い評価を得ている人物が部内にいることが必要です。そこで活用したいのが「MAPS」と呼ばれる手法です。

  • 評価を劇的に上げる秘訣は「TTP」?

    ビジネスを成功させる極意とは、ずばり「TTP」なのだそうです。え?ひと時テレビのニュースや新聞で目にしたTPPの言い間違い?いえいえ違います。「TTP」、つまり「徹底的にパクる」の略です。そんなオヤジギャグみたいな謎ワードが、実は世界のビジネスを動かすトップリーダーさえもが身に着けている習慣だと聞いたら、気にならない訳にはいかないですよね。

  • 実践すれば効果絶大、「成功体験」の真実

    実践すれば、非常に大きな効果が見込める「成功体験の共有」。でも、実際「成功体験」ってなに?という人も少なくないでしょう。誰かと共有する以前に、まずはそこをはっきりさせる必要がありそうです。

  • 「成功体験の共有」が人と企業を変える、その意味とは?

    2017年、テレビや新聞、そしてネットでも「働き方改革」という言葉を見聞きしない日はなかったといってもいいでしょう。なぜ流行語大賞に選ばれなかったのか不思議なくらいです。しかし、改革というほど自分の職場の労働環境がドラスティックに変化したかというと、首をかしげる人も多いはず。そこにはなにかが足りない。それが「成功体験の共有」だというのです。

  • 脳内麻薬と成功中毒

    脳内麻薬という言葉があります。麻薬という言葉からどこか危ない響きを持っていますが、これはきわめて健全なものです。脳内麻薬はドーパミンとも言われます。これは言葉には聞いたことがあるでしょう。ドーパミンが脳に刺激や快楽を加えることによって、脳が活性化し、人間の思考やアイデアの源となるものです。

1 / 4 1 2 3 4 最後 »