成功したいなら講演会、交流会には行くな!

ビジネスで成功したい、会社を作りたい、お金持ちになりたい……そう思う人は多いのではないでしょうか?でも、何から始めたらいいかわからない人が多いのは現実です。じゃあ、とりあえず講演会や交流会にでもいくか!という人注意してください。本当に成功したいなら講演会、交流会に行ってはいけません。なぜ、講演会や交流会に行ってはいけないのか、その理由を紹介します。


■主催側の利益にしかならない

講演会や交流会、実は主催側の利益にしかならないのです。例えば、超有名人が1,000人の交流会を開催して、全員と名刺交換をしたら、全員と仕事をするでしょうか?名刺を渡せたことに満足感は得られるかもしれないですが、あなたと仕事をする可能性は0に近いでしょう。また、交流会での出会いもたいしたことのない出会いばかりです。だって同じレベル人が来ているのですから。

■幻冬舎社長の見城徹さんはこう言います

「僕の人生は、僕だけのものだ。僕の話を聞いたからといって、同じように生きられるわけがない。講演を聞いて、自分の人生を変えようと思うなど、他力本願もはなはだしい。人生とは、打ちのめされたり、圧倒的努力をして戦ったりして、障壁を乗り越えてゆくものだ。人の話から何かを得よう、ビジネスに役立てようという考え自体が、安易なのである。人材交流会も、同じである。人と人は、必然性によって出会うのだ。交流会の名のもとに集まり、名刺を交換したところで、そこから何が生まれるというのだろう。全くの無駄である。」

成功したいあなた、講演会や交流会に行くよりも自らの努力をしましょう。読書や仕事をがむしゃらに頑張る!その地道な努力が成功につながります。

「人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない(見城 徹, 藤田 晋)」の詳細を調べる

    
コメント