すごろくノート術とは?

夢を叶えるにあたって、本やネットでさまざまなテクニックが紹介されています。すぐに実践できるというのが魅力的ですね。ですが、中には他の人にはまねできないものもあります。その点においては、原麻衣子による『最速で夢をかなえる! すごろくノート術』 (DO BOOKS)は実用的な本だと言えるでしょう。

何をすればいいのか?

本書にはどのような内容が記されているのでしょうか。タイトルに最速と入っている通り、本当にスピード感覚で、夢を叶えることは果たして本当に可能なのだろうか、そのような疑問が多く浮かんでいると思います。しかし、本書をその読めば、その不安はすぐに氷解すること請け合いです。というのも、本書には具体的に何をすればいいかがポイントをしぼってコンパクトに記されているため、すぐに行動に移すことが可能なのです。

きっちりと決めない

本書で夢を叶えるプロセスがすごろくに例えられているのは、目標を決めたらそれに向かって邁進するといった姿勢ばかりに囚われないことの重要さを示すためです。目標は思ったようなものにならない場合もある。あるいはたまには立ち止まってしまったり、寄り道をしてしまう場合もあるといったものですね。なによりも本書で大切なものとされているのはイマジネーションです。それは時として単なる妄想でしかないといった扱われ方をするものなのですが、そうした想像の自由を阻害してしまっては何も生み出すことができないのは確かでしょう。夢を叶えるにあたっての、メンタル面の保ち方といった部分に関しても非常にタメになる本です。