すぐやる人のノート術とは?

つい仕事を後回しにしてしまう、そんな人は多いでしょう。すぐやる、は言葉ではわかっていても、なかなか実行に移せないものです。


ノートからはじめる

塚本亮による『すぐやる人」のノート術』 (アスカビジネス) では、行動が早い人の思考のメソッドを紹介しています。ここで活用されるのはタイトルにある通りノートです。何かアイデアや思考があったとしても、それを頭の中でぐるぐると回しているだけではなかなか前に進みません。そこで有効なのが、まずはノートに書きつけてアウトプットすることではないでしょうか。そうすることによって、思考がクリアになるのです。

実行力を高める

いわば、目標を紙に書き出すのと同じようなものだと考えてみれば良いでしょう。本書では著者が、勉強からビジネスまで、あらゆる場面でつけ続けているノートをもとに、メソッドが紹介されています。いわば実体験をもとにしているわけですから、すぐに役立つ内容がそろっているといえるでしょう。

アウトプットもすぐやる

ここで強調されているのは、例え稚拙なアイデアや思考であってもまずはアウトプットをするという重要さでしょう。この作業もすぐやることによって、具体的な行動へとつながってゆくのです。

    
コメント