池ポチャの法則に学ぶ、願望達成法

失敗したくない! そう力めば力むほど失敗してしまうってことありませんか? たとえばゴルフで『あの池にだけは入れたくない!』そう思って打つとミスショットしてあわれ池の中に! これを池ポチャの法則と言います。今回は池ポチャを防いで願望を達成する正しい方法を解説します。


池ポチャの法則はなぜおこる?

冒頭の池ポチャの法則はビジネスシーンにも良く登場します。

たとえば、大事なプレゼンで失敗できない! 噛まないように何度も練習したのに、いざ本番となると嫌な予感が的中して頭が真っ白に!

大切なお客様にお茶をお出しするときに、こぼしちゃいけないと緊張すればするほどかえって力が入って手が震えだして…

そんなことありますよね。プレッシャーがかかると緊張のしすぎで普段の力が出ないということなのですが、もうひとつ大事な側面があります。それは潜在意識の法則なのです。

真っ赤な飛行船が青い空にぽっかりとうかんで…

ここでみなさんにひとつ試していただきたいことがあります。

抜けるような青い空、

太陽とは反対の方向に

真っ赤な飛行船が

だんだんと近づいてきて…

という風景だけは絶対に想像しないでください。

さて、ひっかけとわかっている人以外はたいてい青い空や真っ赤な飛行船を想像してしまったのではないでしょうか?

潜在意識は否定形が理解できない

潜在意識は言葉よりもイメージが伝わりやすいのです。だから「飛行船を想像しない」と否定しても、潜在意識が思い描いているのはまさにその真っ赤な飛行船なのです。ということは、否定形の命令は肯定形に直しておけば潜在意識に正しく伝わります。

たとえば

  • 「池にだけは入れたくない」は「フェアウエイ(グリーン)ど真ん中」
  • 「緊張しない」は「リラックスする」
  • 「こぼさない」は「落ち着いてお茶を出す」となります。

否定形ではなく肯定形で願望や目標をたてましょう。

今回は池ポチャの法則を例にとって潜在意識を活用した願望のただしい達成法について紹介しました。否定形ではなく肯定形で願望や目標をたてましょう。

「ビジネスマンのための「平常心」と「不動心」の鍛え方(藤井英雄)」の詳細を調べる

    
コメント