知的に見せる男は成功する!

「営業職であれば、出来るだけ高価な腕時計をつけなければならない」などと言われているように、ビジネスマンであれば、自分が周りからどのように見えるのかということは気を使わなければならないことです。特に、知的に見えるかどうかということは非常に重要です。今回は自分を知的に見せる方法をご紹介します。


■知性のアピールは必要

ビジネスマンが自らの知性をアピールすることは必要なのでしょうか。端的に言えば、知的に見えたほうが得になるので、出来るだけ自分の知性をアピールしたほうが良いのです。自分が仕事を頼むとしたら知的に見える人に頼みますよね? 知的に見えたほうが、信頼もされやすく、仕事がやりやすくなるのです。

■完璧にやり過ぎない

完璧に行うのはもちろん素晴らしいことですが、完璧にやろうとしすぎては、いつまでも取り組めないことがあります。完璧にやることを目指すよりは、むしろポイントを抑えて熟考すれば良いのです。少しくらいの欠点や汚れは、「見なかった事にする」のも、立派な才能です。何事も完ぺき主義、満点主義で仕事しようとすると、結局は、何も出来ないままになってしまいます。知的に見える人は、全てを完璧にこなすのではなく、ポイントを抑えてスマートにこなすのです。

■知人は多いと嘘をつく

きっかけがなく、友だちがいない社会人の少なくないはずです。けれども、友だちがいないと正直に暴露すると、聞いた相手は、性格的に欠点があり、引きこもりがちなタイプで人付き合いが下手な、頭も良くないタイプだと思ってしまいます。そんな無意味なマイナスの評価をされるくらいなら、「親しいのは数人ですが、付き合いのある人はそれこそ何百人いるかわかりません。」程度の事を言っても問題はありません。

■やられたことはやり返す

相手が目上の人の場合、ちょっとした攻撃を受けた時などには、言葉を濁してしまうこともありますよね。けれども、相手が目上の人であってもやり返すべきなのです。相手が先に手を出してきた場合には、やり返すのは悪い事ではありません。

例えば、サービス残業を頼まれたら「いいですけど、給料上げてください」など冗談で切り返しましょう。得に、知的にやり返すことが重要です。相手にやられても我慢していると、相手はあなたのことをみくびって、どんどん無理難題を吹っかけてきてしまいます。

知的に見えるためには、自分の行動を知的なビジネスマンのようにするのが良いのです。「悪魔の処世術―30秒で誰からも「知的な人」と思われる」では、知的に見える方法をさらに紹介されているので、知的に見せたい人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

「悪魔の処世術―30秒で誰からも「知的な人」と思われる(内藤誼人)」の詳細を調べる

    
コメント