MAPSはPDCAより強力?その理由とは

事業活動における生産管理や品質管理などを円滑化させる手法として、「PDCA」という言葉を聞かれたことがある方はいるのではないでしょうか。ここで紹介してきた「MAPS」を使って4つの要素を順繰りに繰り返す方法は、「PDCA」サイクルとにたところがあります。ではなぜ、「MAPS」をあえて取り上げるのか。考察いきたいと思います。


業務改善で注目されるPDCA

ご存知のように、PDCAは「PLAN=計画」「DO=実行」「CHECK=評価」「ACT=改善」の順で構成され、これを繰り返すことで業務改善を図っていく手法です。ビジネスシーンで語られることが多く、関連書籍も多数出回っています。
でも、実際に手順通りにサイクルを回せていない人が大多数を占めているのが現状ではないでしょうか。

PDCAの盲点

PDCAサイクルでは、それぞれの項目をすべて自分で設定する必要があります。
たとえば、PLANを設定する際に、計画とやるべき水準はわかったとしても、そのためになにが身につけるべき行動習慣なのか、解決すべき問題なのかが、自分では見極めにくいのです。

最初に成功体験から設定するMAPSの強み

一方、MAPSは、成功体験をもとに設定、作成していくため導入部で戸惑うことがありません。何をすべきか、どういう考えでやるべきかなど、各項目ごとに成果が上がった方法をもとに埋めていくので、圧倒的な成果につながりやすく、評価される確率が高くなります。

MAPSは適応範囲も広い

また、MAPSは、どんな業種のどんな職種でも有効です。
さらに、MAPSを使って成功体験の共有を繰り返していると、「1度成果を上げたらそれで終わり」ではなく、次の段階でも効果は引き継がれ、らせんを上がるのように成長を続けられるのです。

まとめ

いかがですか?
MAPSには、単なる業務改善にとどまるのではなく、成長への道を切り開く効果が見込める、とてつもない潜在性が秘められていると言えそうですね。

参考書籍:竹内真也著「評価される人のすごい習慣」(白夜書房刊)

    
コメント