成功するのは「マンモス」それとも「ネズミ」?

世の中には「マンモスを獲りに行く人」と「ネズミ捕りを仕掛けて待つ人」の2つのタイプの人間がいます。あなたはどちらのタイプですか? 実は、どちらのタイプにいるかによって成功するかどうかが決まってしまうのです。


マンモス型とは

マンモス型とは、後世に何かを残したいと大きな夢にチャレンジするタイプで、人生をかけてマンモスのように大きな夢を描き行動し続ける人たちのことです。

マンモス型のメリット

マンモス型の人生のメリットは、一時的に失敗したり挫折したりしたとしても、最終的にはそのプロセスでの体験が自らの力を何倍にもしてくれます。これがマンモス型の最大のメリットです。

たとえば、オリンピック選手は、金メダルという大きなマンモスを追いかけて日々努力を続けていますが、金メダルを取れるのはほんのひとにぎりです。メダルを取れない人の方が圧倒的に多いのです。

しかし、メダルが取れなかったとしても、その後の人生がひどくなったという人はいません。オリンピック出場までのプロセスの中で得たことを、その後の人生にも活用してうまくやっていく人が多いからです。

マンモス型のデメリット

一方、マンモス型のデメリットは、リスクが大きいことです。マンモスという大きな獲物を獲るのですから、リスクも大きいです。マンモスを獲れないこともあるだろうし、下手をしたらマンモスに踏み潰されてしまうかもしれません。マンモスを獲るまでに長い年月を要してしまうこともあるでしょう。

しかし、マンモスを獲るために行った努力や創意工夫は、決して無駄にはなりません。たしかに、一時的な失敗はあるかもしれないし、大きな失敗をすることもあるでしょう。しかし、いい時が長く続かないように、悪い時も長く続かないのです。それ以上に大きな喜びや達成感、充実感を得られるのが、マンモス型の人生なのです。

ネズミ型とは

ネズミ型とは、無難に過ごそうとするタイプで、自分にとって有利なことが起きたとき、それを逃がさぬようあっちこっちにネズミ捕りを仕掛け、たまに小さなネズミがかかると、小躍りして喜ぶ人たちのことです。

ネズミ型のメリット

ネズミ型のメリットは、リスクが小さいことです。ネズミ捕りを仕掛けてじっと待つだけなので、大きなリスクはありません。怪我をする危険もなければ、命を落とす危険もありません。したがって、波乱万丈な人生よりも、平凡でも堅実な人生を送りたいと思っている人にとっては、ネズミ捕り型の人生が向いているでしょう。

ネズミ型のデメリット

一方、ネズミ捕り型のデメリットは、得られるリターンが小さいことです。仕掛けるのがネズミ捕りなので、最大の獲物はネズミですが、そのネズミすら獲れないときもあります。リスクは小さいけれども、リターンも小さく、下手をしたらその小さなリターンすら得られないこともあるのが、ネズミ捕り型の人生です。

ネズミ捕り型の人はオリンピックを目指そうは思いません。なぜなら、最初から自分には無理だと思っているからです。しかし、人生というのは、やってみないとわかりません。やればできることもあるし、何度もチャレンジしていくうちにだんだんできるようになることもあります。

実際、マンモスを追いかけたことで、自分の中に眠っていた才能に出会うことができる人がほとんどです。人は誰でもいろいろな才能を持って生まれてきていますが、ネズミ捕り型の人は速く走る必要も、槍を投げる必要もないため、眠っている才能が出てこないのです。

自分の中に眠っている才能に気づくことができないということも、ネズミ捕り型のデメリットなのです。成功に近づくには、「ネズミ」ではなく、「マンモス」を狙うことが大切なのです。

まずは、自分の生き方を、どちらか一方に決めましょう。そして、一度決めたら、その生き方を続けることが大切です。ただ、どちらの生き方を選ぶかは、あなたの自由です。「マンモス」と「ネズミ」どちらを捕りにいきますか?

「マンモスを獲りに行く人、ネズミ捕りを仕掛けて待つ人(三好 比呂己)」の詳細を調べる

    
コメント