成功者の言葉に学ぶ

仕事をするにあたって、ひとつの信念や哲学といったものを持つことは大切であるとされています。さらに、それが何か成功を成し遂げた人物の言葉であるならば、なおさら重みや深みを生み出すのではないでしょうか。


何をすべきか

千田琢哉による『成功者を奮い立たせた本気の言葉』(学研プラス)は、経営コンサルタントとして3000人の成功者であるエグゼクティブな人たちと交流する中で、出会った言葉を紹介した本です。その言葉たちとどういったシチュエーションで出会ったのかといえば、決断、リーダーシップ、戦略、撤退、結果、勇気、人間性、プライドといったものです。いずれも仕事をしていく上で欠かすことができない場面であるのは確かでしょう。

どのような言葉があるのか?

本書で取り上げられているのはどのような言葉たちでしょうか。たとえば「最後の泥沼までお付き合いします」といったものは、相手のふところに取り入るには良い言葉であるといえるでしょう。「勝てば官軍です」は、日本の歴史において常々言われてきた言葉ですね。これは、どのような手段を取ったとしても、勝利に向かうこと、ビジネスにおいては成功して利益をあげることが最優先であるといったものです。こうした本気の言葉に触れていくことによって、自分の仕事哲学を生み出していくことが可能になるでしょう。ギリギリの状況において何をなすべきか、決断の言葉を学ぶことは、あらゆる場面で有効だといえるでしょう。

    
コメント