寝る子ほどデキる!? 成功の障害は寝不足だった!

毎日忙しく仕事をしていると、疲労はどんどん蓄積していきます。週末が近づくにつれて元気がなくなり、せっかくの休日もぐったりしてしまって楽しめない。そんな悩みを持つ人が増えています。週末でもエネルギッシュに活動し、平日もバリバリ仕事をこなす人とは、いったいどのような違いがあるのでしょうか。その鍵は毎日の「睡眠」にありました。


■寝不足は百害あって一利無し

人間の三大欲求の一つである「睡眠」は私たちにとって欠かせないもの。疲れをとるために睡眠は必要不可欠です。たとえやる気に満ち溢れていても、体が疲れていると、思うように仕事ができなかったり、集中力が切れやすくなってしまいます。皆さんの睡眠時間はどのくらいでしょうか。想像するに、6時間前後が最も多いと思います。さて、寝不足はどんな問題を引き起こすのでしょうか。

寝不足はバーンアウトにつながる

「バーンアウト」というのは英語で「すりきれる、燃え尽きる」と言う意味です。日本では「燃え尽き症候群」という言葉がバーンアウトにあたります。汗水垂らし苦労して働くことが美徳とされている日本ではバーンアウトがあたかも美学かのように語られていますが、それは大間違いです。

ビジネスは長期戦です。体力のある20代、30代のうちは問題ないかもしれませんが、毎日5時間睡眠で60歳まで健康を維持できるでしょうか。

寝不足は鬱にもつながる

寝不足の時は、そうでない時に比べて圧倒的に気分が良くありません。寝不足が続くとどんどん気持ちが盛り下がってしまいます。気分が落ち込んでいると、どういったデメリットがあるでしょうか。例仕事に対する集中力が下がったり、睡眠を取ろうと思っても中々寝つけなかったりします。悪化すれば鬱につながる可能性もなくはありません。落ち込んでいいことは、何一つとしてありません。

■睡眠はやはり大切

寝不足は仕事をする上でもさまざまな障害を生みます。言い換えると、寝不足を解消することでバーンアウトや鬱といった、ビジネスをしていく上で立ちはだかる大きな壁を乗り越えることができるのです。そう考えると、睡眠は大切さが実感できるのではないでしょうか。

自分の健康を管理できるのは自分しかいません。健康に充てる時間を十分に確保することが一生お金に困らないビジネスマンになるコツです。新年の今からでも始めてみてはいかがでしょうか。

「一生お金と仕事に困らなくなる20代の過ごし方(吉越 浩一郎)」の詳細を調べる

    
コメント