「できる人」とはどんな人? 天才の3要素

頭がよい、仕事ができる、発想が独創的など、「できる」と言われる人にも様々なタイプがあります。「できる」人とはどういう人たちなのかをみていきましょう。


天才の3要素

レコーディングダイエットなどで知られる岡田斗司夫さんは、「天才」の要素を3つに分けています。

  • 発想力
  • 表現力
  • 論理力

これらの3つの要素を兼ね備えた人が天才です。

発想力

いままでの価値観、完成を捨てて、新しい思いつきや概念を生み出す能力。

表現力

あなたの考えを他人に伝えること。文章や言葉での表現だけに限りません。描くこと、歌うこと、演じること、スポーツや料理も表現です。

論理力

複雑な考えた雑多なアイデアを整理し、まとめること。

2つの要素で成功している人も

発想力と論理力

この2つの能力を持ち合わせている人は「改革者」になることができます。他人の気づかない意外な視点でとらえたビジネスチャンスを、論理の力で実現していきます。

表現力と論理力

たとえ話やうわさ話などを交えながらも根底に強い論理力があるため、話の軸がぶれません。

表現力と発想力

面白い人。お笑い界で活躍するのはこのタイプ。独創的なものの見方と、高度な話芸などの表現力があります。

それでも3要素が必要なわけ

2つの能力でも十分に成功者となれますが、3要素のそれぞれを高めていかなくてはなりません。それは1つの能力だけが強くなると、問題が出てくるからです。

発想力だけが強くなると、おもしろいことを言うけれど、役にたたない人になってしまいます。

表現力だけが強くなると、当たり前のことしか言わない人になってしまいます。

論理力だけが強くなると、話が冗長になってしまいます。専門家以外に評価されにくくなります。

そのため3つの能力を伸ばしていくことが必要なのです。こういった能力は特別な人だけのものではありません。日常的な訓練のなかで、誰もが身につけることのできる種類のものなのです。

ノートに記録し、考え、リンクさせ、表現することを繰り返すことで3つの能力を伸ばしていく方法があります。

「あなたを天才にするスマートノート(岡田斗司夫)」の詳細を調べる

    
コメント