マインドセットとは何か?

マインドセットという言葉があります。日本語にわかりやすく言い換えると「やればできる」「気の持ちよう」といった言葉につながるのではないでしょうか。キャロル・S・ドゥエック著作、今西康子翻訳による『マインドセット「やればできる! 」の研究』(草思社)は成功心理学の古典というべき本です。

チャレンジすること

本書はビジネスだけでなく、スポーツや恋愛関係、人間関係における成功と失敗などの経験談がケーススタディーとして紹介されています。その中には、自分にも当てはまるものが必ずあることでしょう。そういった状況下において、どういう風に振る舞うことが最適解でありベストであったのか。その核心的な部分について記されていますので、非常に参考になります。

気持ちの違い

さらに子どもの中には難しい問題をやりたがらない子どもと、難しい問題ほどやりたがる子どもといった風に分かれることがあります。それらの違いはどこにあるのか、心理学の深い部分まで掘り下げて分析が加えられています。「やる気があればできる」とはよく言われる言葉ですが、やる気そのものはどのような経緯を持って獲得していくことができるのか。そのプロセスをつかむためのひとつの方法として本書は有効であるといえるでしょう。何より本書は世界的なベストセラーですので、それだけ普遍的な価値を持っているともいえるでしょう。