いつでもどこでも毎日お得! 生活費が節約できる「レシポ!」とは?

節約と言えば、スーパーの特売を
イメージする人も多いのではないでしょうか。

特売情報をチェックするために、
チラシやホームページをいくつも調べる。

そして、ちょっと遠かったとしても、
安く売っているスーパーへと足を運ぶ。

そんなこれまでの節約方法とは
一風変わった、新時代のサービスが登場しました。

その名も、新感覚おトクメディア「レシポ!」です。

テレビにも取り上げられて話題になっていたので、
どんなサービスなのかを調べてみました。

値引き商品がさらにお得になる驚きのサービス

1.「レシポ!」指定の商品を購入する

2.レシート画像を「レシポ!」に送る

3.ポイントゲット!

というのが新感覚おトクメディア「レシポ!」の流れ。

なんと、どこのお店で買っても、
レシート画像を送るだけでポイントがもらえちゃう!

というのが「レシポ!」のすごいところです。

「えっ、こんなにお得でいいの?」

と驚きの声が次々とネットで発せられ、

「お小遣いサイトよりも貯めやすい!」

と評判になりました。

一方で、

「どんなビジネスモデルなの?」

と不思議がる声が次々と出てきています。

新時代のビジネスモデルOtoO型サービスとは?

特売サイト「レシポ!」は、IT業界では
OtoO型サービスとして話題になっているようです。

OtoO(オー・トゥー・オー、O2O)とは、
Online to Offline(オンライン・トゥー・オフライン)の略で、
インターネット上の体験をきっかけに、
リアルの世界での体験を生み出すことを意味します。

インターネット上で見れる

“オンラインチラシ”

を通じて、スーパーに足を運ぶのは、
まさにOtoOですね。

しかし、新感覚おトクメディア「レシポ!」は、
オンラインチラシよりもすごいんです。

通常のオンラインチラシは、
イトーヨーカドーやイオンなどの
販売者がつくっています。

そして、販売者が商品の割引分を負担しています。

一方で、新感覚おトクメディア「レシポ!」が新しいのは、
商品を宣伝したいメーカーまで巻き込んでいることです。

メーカーにとっては、新商品の宣伝としての、
そして販売店にとっては、来店の動機付けとしての
メリットがあるのです。

しかも、実際に購入に至ったかどうかを
レシートで確認できるため、直接的な費用対効果が見えるのも、
メーカーや販売店にとって嬉しいのではないかと思います。

お肉、豆腐、もやし!? とってもゆる~い商品指定

新感覚おトクメディア「レシポ!」には、

「お肉」「野菜」「お菓子」「豆腐」「牛乳」

などのゆる~い商品指定の掲載があります。

(※常に掲載されているわけではありません。)

つまり、どのメーカーのどの商品をどのお店で買っても
認められちゃうんです。

10円のお菓子、例えば「うまい棒」を買ったレシートで、
30ポイントの還元なんてことも可能なわけです。

これらの超お得案件は、「レシポ!」の会員を増やすための
広告宣伝かもしれませんね。

あなたが今「レシポ!」をチェックしてみて、
もし超お得案件があれば、今すぐはじめない手はありません。

集めたポイントは、QUOカードやAmazonギフト券などに交換可能です。

新感覚おトクメディア「レシポ!」は、運営会社も大手ですので安心です。

リクナビ、R25、じゃらん!などで有名な
リクルートグループの子会社である「ニジボックス」が運営しています。

2014年10月下旬にサービス開始と、
サービスリリースから約1年となり、テレビなどでも
取り上げられることが増えてきているようです。

ポイントを貯めていることをブログやツイッターなどで
報告する人もたくさんいますので、
安心して始められるサービスと言えるでしょう。

    
コメント