お金

ビジネスをするうえでひとつの指標となるお金。年収を上げる方法、投資情報、税金対策、マネープランの立て方などビジネスを通じてお金持ちになるための考え方や、節電や家計簿などの家計の節約術、老後に必要な資金や年金問題など、将来の生活に必要なお金に関する情報などを紹介します。お金についてきちんと学び将来お金に困らない生活が出来るようになります。

  • 学割はなぜある?

    学割という制度があります。学生証を提示すると博物館や映画館などの料金が割引になるというものです。飲食店などにおいても学生証の提示によって、値引きやトッピング無料などのサービスが受けられることがあります。この学割というのはなぜあるのでしょうか?

  • 副業兼業の実態を知ろう

    かつて、副業はをしている企業は多くありましたが、最近はその流れが緩和されつつあります。しかし、従来の原則禁止から原則容認の流れになったとはいえ、場合によってはトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

  • 0円で生きるには?

    今の世の中、お金をまったく使わずに生きていくことは、かなり難しいと言えるでしょう。それでも、これまで当たり前に使っていたものにお金を使わず、仲間内で回していくといった新しい価値観も台頭しつつあるのは確かでしょう。むしろ、それは新しい価値観というよりも、かつては当たり前にあったものがお金に取って代わられてしまったのではないか。そのような根本的な問いかけを記したものが鶴見済による『0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方』(新潮社)です。

  • 未来のお金とは?

    お金という概念は、これからもなくなっていくことはないでしょう。しかしながら、その形は現金ばかりとは限りません。仮想通貨などもひとつのお金だと言えるでしょう。

  • お金と暮らしの関係を考える

    生きていくためには、お金が必要です。しかしながら、そのお金に関しての価値観は人それぞれでしょう。生きていくための最低限のお金があればいいという人もいれば、もっと良い暮らしがしたいのでお金がたくさん欲しいという人もいるでしょう。

  • お金の教養を身につける

    お金は大切なものです。しかい、お金は使っているとすぐになくなってしまいます。さらにお金を動かすにあたっては、きちっとした調査などをする必要もあると言えるでしょう。そういったことを前提としていても、なかなかうまい具合にはいかないものがお金です。

  • 短期的に稼ぐスモールビジネス

    短い間、数ヶ月の間にまとまったお金が必要になる時どうするでしょうか。誰かに借りるといった金策に走る。あるいは、アルバイトなどを複数かけもちすることもひとつのプランとしてはあるでしょう。

  • お金持ちの習慣を身につける

    お金は欲しいけれども、どうやって手に入れればいいのかわからない。また、お金がなかなかたまらないといった悩みを抱える人は多いでしょう。

  • 貧乏けずりはなぜダメ?

    エンピツを両側から削って使うことを「貧乏けずり」と言います。地域によっては「泥棒けずり」とも言うようです。いずれにせよ、あまり良いこととはされていません。しかし、エンピツを最後まで使い切るために両側から削ることはあってもよさそうです。さらに、エンピツの芯が折れてしまった時、削るよりもくるっと回して反対を使う方が効率が良いようにも思えます。

  • 教養としてのテクノロジーに学ぶ

    現代社会にはあらゆるフレーズが次々と登場しています。AI、仮想通貨、ブロックチェーンといったフレーズは、頭でなんとなく理解していたとしても、それをどう活用していけばいいのか、それによって社会がどう変わっていくのかをイメージすることはなかなか難しいのではないでしょうか。

  • エンタイアとは何か?

    オークションサイトなどで、エンタイアと呼ばれる古い手紙が出品されていることがあります。これにはどんな価値があるのでしょうか。

  • 新しい経済のルールとは?

    これからの社会は、大きな変化を見せるでしょう。佐藤航陽による『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』(幻冬舎)は、仮想通貨やファンテック、シェアリングエコノミー、経済評価といった新しいビジネスのキーワードを網羅した本です。

  • 図解でお金の増やし方を知る

    お金を増やしたいけれども、どうすればいいのかわからないという人は多いでしょう。メソッドが記された本はたくさん出ているけれども、それはその人だけに有効なものであったり、ただの成功談であったりと、期待外れなものも多くあります。

  • 財布を増やす考え方

    手元にお金がなかなか増えないと嘆く人は多いでしょう。ある程度の収入があったとしても、出費も大きいというのがその理由かもしれません。しかし、思考の転換がそこには求められるともいえるでしょう。その一つが財布を増やす考え方です。

  • スマホ副業をはじめる

    いま働いている会社の給料だけでは不安である、昇給がないので将来が不安である、といった人は多いでしょう。そうした時に考えるのが副業ですが、この副業にはリスクがともないます。業種によっては副業禁止が規定されているところもあるでしょう。

  • 寝ながら稼ぐ哲学

    働いた分だけお金になる、これはかねてより根強い労働感としてあるでしょう。これが重要なのは誰もが認めるところです。

  • お金と時間をどう手に入れる?

    今以上にお金があれば自由に過ごせるかもしれない、そうした思いをめぐらせる人は多いでしょう。それでも、自由はなかなか手に入らないものです。例えば会社をやめて自由を手に入れたとしても、そこにはお金の不安が伴います。これは人々にとって、永遠のジレンマだといえるでしょう。

  • 親等の数え方

    冠婚葬祭などで遠い親戚の人と会うことがあります。その人とは血がつながっているのか、あるいはいないのか。それを知る上で必要なとらえ方として「親等」があります。

  • 介護の現場で何が起きている?

    介護産業は、日本が超高齢化社会をむかえるにあたって、ますます需要が高まる産業のひとつです。しかしながら、同時に慢性的な人材不足も指摘されているため、一筋縄ではいかない業界です。

  • 少額資金でできる不動産投資

    金利の低い今はお金を借りるにはチャンスです。「てこの原理」を使うことを「レバレッジをかける」といいます。少額の自己資金でも始められ、レバレッジ効果で資産を増やせるのが不動産投資です。実例を元にイメージをつかんでみましょう。

1 / 20 1 2 3 4 5 最後 »