お金

ビジネスをするうえでひとつの指標となるお金。年収を上げる方法、投資情報、税金対策、マネープランの立て方などビジネスを通じてお金持ちになるための考え方や、節電や家計簿などの家計の節約術、老後に必要な資金や年金問題など、将来の生活に必要なお金に関する情報などを紹介します。お金についてきちんと学び将来お金に困らない生活が出来るようになります。

  • お金を増やす方法は「預ける」より「貸す」

    「ソーシャルレンディング」をご存じでしょうか。ひと言でいうと、ウェブ上で、お金を「借りたい人」と「貸したい人」の仲介をする金融サービスです。これからの社会を潤す、まったく新しい「お金を増やす方法」を学んでみませんか?

  • 昔の新聞は売れる?

    新聞といえば毎日溜まっていくものであり、定期的に古紙回収に出すものと相場が決まっています。しかしながらある程度年代が経過すると売り物となります。どんな新聞が売り物となるのでしょうか。

  • 金貸しと金借りが世の中を潤す

    世間では、どんなに親しい人でもお金の貸し借りはしないほうがいい、と言います。金貸しにはダークなイメージもあります。しかし、お金も元々は「モノ」だったのです。ここでお金の歴史をひもといてみましょう。

  • お金持ちになれない本当の理由

    あなたがお金持ちになれない本当の理由は、なんだと思いますか?なぜ、キャピタルゲイン中心の資産運用だと、今の日本ではお金持ちになれないのでしょうか。複雑に感じる経済の基礎知識について、わかりやすくお伝えします。

  • インカムゲインとキャピタルゲイン

    『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んで「不労所得」を得ることの意義はわかっても、「そもそもの元手がないし、資産を増やせる見込みもない」と諦める人が大半です。多くは、資産運用にまつわるある重大な「発見」をしていないからです。

  • 地方再生のカギは公務員?

    地方はくたびれている、それはよく言われたことです。まちづくりや、町おこしといったものがいわれていますが、それは一部を活性化するにとどまっており、街全体をよみがえらせることはなかなか難しいともいえるでしょう。

  • 資産と負債

    社員が持ち家を持つための融資制度をととのえている企業は、結構あるようです。こうした制度は、「持ち家=財産(資産)」という前提なのですが、実は持ち家は「負債」だというショッキングな事実をご存知ですか?

  • お金持ちになるには、お金を働かせる

    「お金の話をするのは、はしたない」「ガツガツとお金を儲けるのは良くない」「お金は汚いもの」などと言っていても、お金がなければ人は生活できません。生きてはいけません。お金持ちになる目からウロコの意識改革をしませんか?

  • お金を稼ぐより難しいのは持ち続けること

    人生で大事なのはどれだけお金を稼げるかではなく、どれだけのお金を持ち続けるかだ…『金持ち父さん、貧乏父さん』に書かれている一フレーズです。お金を稼ぐこととお金持ちになることは決してイコールではないのです。

  • 資産運用難民から抜けだそう!

    『金持ち父さん 貧乏父さん』では、お金の話を避ける父親に代わって、主人公の「お金の教師」になってくれたのが「金持ち父さん」でした。そんな教師に出会うこともなかった、一般的な日本の家庭の子供たちは、いったいどんな大人に育っているでしょうか――?

  • 金持ち父さんの6つの教え

    『金持ち父さん 貧乏父さん』の語り手である主人公は、金持ち父さんからお金について学び始めたときはまだ九歳。その後、30年にわたり金持ち父さんの教えを受け続けました。けれども、その教えとは、実はたったの6つしかなかったと言います。

  • 『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んでもお金持ちにはなれない!?

    日本で300万部、全世界で2800万部の大ベストセラー『金持ち父さん、貧乏父さん』ロバート・キヨサキ著(筑摩書房刊)を、読んだことがありますか?発売から10年、名著といわれるこの本ですが、現実に私たちがお金持ちになることができるのでしょうか。

  • 適正年収とスローライフ

    諸説ありますが適正年収は、年齢に15万円をかけたものといわれています。25歳ならば、375万円、30歳ならば450万円、40歳ならば600万円となります。いまどきこれだけの年収をもらっている人はかなり限られてくるのではないでしょうか。そうした社会において、もうひとつのありかたが、あくせくしない生き方、スローライフです。

  • 年収に見る中央値と平均値

    日本人の平均年収は年々右肩下がりだといわれています。これは社会構造の変化によるものです。国税庁の統計によれば、日本人の平均年収は、性別、職種、年代に関係なく調べると、およそ414万円といわれています(2015年9月発表)。これは少ないと感じるでしょうか。それとも多いと感じるでしょうか?

  • 品川駅とサイン魔の話

    東海道新幹線の品川駅には、ある目的を持った人たちがいるといわれています。それは芸能人や有名人のサインをもらい、それを集める人たちです。彼らは特定の芸能人のファンというわけではありません。とりあえず、見たことがあるような人たちに片っぱしから声をかけています。なぜ

  • 保険の相談サービスを選ぶ3つのポイント

    生命保険や医療保険などといった保険に 加入している人は約9割と言われています。 ところが自分が入っている保険について 「よくわかっている」 と言い切れる人はほとんどいないのが現実です。 とはいえ、保険会社にはなかなか 相談しづらいで

  • なぜ売上が上がっているのに倒産するのか

    業績が好調のように見える会社が、突然倒産することがあります。 それは、資金が底をついて会社を運営することができなくなるからです。 なぜそんなことが起きるのでしょうか。 本日は、書籍 『売上を下げて資金を30倍にする方法』野呂敏彦著(幻冬

  • 日経平均は上がっているのに、自分の持っている株は上がらない…どうして?

    私は30代も半ばに差し掛かろうとしていますが、収入面で先行きに不安がないといったらそれは嘘です。自己防衛の手段として株投資も考えないとな、と思っていますが、実は一般的に証券会社や、銀行から勧められるような株投資のテクニックには大きな誤解があるということを暴いて

  • 100ドル札はアメリカで使えない?

    アメリカの通貨はドルです。ドルには複数の紙幣が発行されています。しかし、最高額の紙幣である100ドル札はアメリカ国内では使えないと言われています。これは本当でしょうか? 使えないことはない アメリカ国内で100ドル札が使えないという話は、まった

  • お金を貯めてるだけじゃ増えません! 一流の人が実践している3つのお金の習慣

    毎日一生懸命働いて、月に一度会社から払われる給料。サラリーマンは毎月の給料は一定だけれども、自分が使っていくお金は変わっていきます。だからこそ、お金の使い道は大事になっていきますよね。 日本には「死に金」「生き金」という表現があります。生きたお金とは価値

1 / 18 1 2 3 4 5 最後 »