お金

  • あり金は全部使うべき?

    お金というのは貯めておくのが良いこととされています。本当に給料が低いワーキングプア的な状況は別としても、貯金ゼロの若者で常にお金がない人というのは、だらしのない人ではないかといった扱いを受けてしまうことも場合によってはありますよね。それはある意味では仕方がないことであるとも思えますが、実はそうではない場合もあります。

  • 日本人が知らないお金の話とは?

    日本人の周りには独自の風習や文化というものが取り巻いています。そのひとつにおいて、お金の話はあまり表立ってしてはいけないというものがありますね。それがはっきりとした契約とならないために、場合によってはトラブルを招くといったこともあるわけです。それは善し悪しでいえば、悪の方が多いのではないかと思う人もいるのではないでしょうか。

  • 美しく生きる人のお金の作法とは?

    お金というのは不思議なものです。自然と使ってしまう、気づいていたらなくなっている、といったことも少なくありませんよね。それは、なぜなのか、そもそも論を考えてみる必要もありそうです。

  • キャッシュレス社会で勝ち組になる、近未来への必読書

    先ごろ、日本のお札の肖像が新しくなることが発表され大きな話題となりました。そんな中で、「これが最後のお札の顔になるかも」という声も一部に聞かれます。一体それってどういうこと?お金の概念が大きく変わりつつある時代をわかりやすく解説するのが、『いま知っておきたい「みらいのお金」の話』という一冊です。著者は元衆議院議員で松田政策研究所代表の松田学さん。経済政策やサイバーセキュリティーの分野に精通し、関連の著書を多数書いています。

  • 小商い暮らしをする

    ビジネスを自分ではじめてみたいと考えている人は少なくないでしょう。どこか自由なイメージがあるのも確かです。もちろん思ったようにはいかないといった場合もあるでしょうが、会社員的なストレスを感じることありませんので、そういった部分を重んじたい人にとっては向いているビジネスと言えるかもしれません。

  • 華僑の思考法則に学ぶ

    華僑と呼ばれる人たちがいます。世界各地に散らばった中国にルーツを持つ人たちのことですね。華僑というのはどういったイメージがあるでしょうか。そのひとつにお金持ちというものがあります。それは、自分たちがマイノリティとして生きるにあたって、お金を持っておけば安心という生き方もあるのですが、お金を貯めていくため、作っていくための思考があるのも確かでしょう。

  • 月3万円からのスモールビジネス

    スモールビジネスは何かと話題になっています。しかしながら、スモールビジネスは人気や知名度があったとしてもなかなか実行に移す人がいないのは確かでしょう。その理由として、身も蓋もない話ではありますが、大して儲からないといったものもあるでしょう。しかしながら視点を変えてみれば、そのビジネスの醍醐味や、違った視点といったものがおのずと見えてくるでしょう。

  • お金を無理せず稼ぐには?

    お金は欲しいものですが、常に出ていってしまうものですね。それはお金をどうとらえていくのかといったことにもつながっていきます。そもそもお金を稼ぐことは辛い道のりなのでしょうか。いえ、楽しんで稼げるに越したことはないですよね。

  • 宝くじはギャンブル?

    ギャンブルと言えばどういったものを思い浮かべるでしょうか。パチンコやスロット、あるいは競馬や競輪、競艇といったものがまず思い浮かびますね。ただ、もうひとつメジャーなギャンブルがあります。それが宝くじです。

  • 未来の稼ぎ方とは?

    これからのビジネスを考えるにおいて、どういったものが新しい稼ぎ方となっていくのかを見極めるのは重要です。もちろん、人と人が相対するフェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションが重要といった考え方もあるでしょう。

  • 学割はなぜある?

    学割という制度があります。学生証を提示すると博物館や映画館などの料金が割引になるというものです。飲食店などにおいても学生証の提示によって、値引きやトッピング無料などのサービスが受けられることがあります。この学割というのはなぜあるのでしょうか?

  • 副業兼業の実態を知ろう

    かつて、副業はをしている企業は多くありましたが、最近はその流れが緩和されつつあります。しかし、従来の原則禁止から原則容認の流れになったとはいえ、場合によってはトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

  • 0円で生きるには?

    今の世の中、お金をまったく使わずに生きていくことは、かなり難しいと言えるでしょう。それでも、これまで当たり前に使っていたものにお金を使わず、仲間内で回していくといった新しい価値観も台頭しつつあるのは確かでしょう。むしろ、それは新しい価値観というよりも、かつては当たり前にあったものがお金に取って代わられてしまったのではないか。そのような根本的な問いかけを記したものが鶴見済による『0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方』(新潮社)です。

  • 未来のお金とは?

    お金という概念は、これからもなくなっていくことはないでしょう。しかしながら、その形は現金ばかりとは限りません。仮想通貨などもひとつのお金だと言えるでしょう。

  • お金と暮らしの関係を考える

    生きていくためには、お金が必要です。しかしながら、そのお金に関しての価値観は人それぞれでしょう。生きていくための最低限のお金があればいいという人もいれば、もっと良い暮らしがしたいのでお金がたくさん欲しいという人もいるでしょう。

  • お金の教養を身につける

    お金は大切なものです。しかい、お金は使っているとすぐになくなってしまいます。さらにお金を動かすにあたっては、きちっとした調査などをする必要もあると言えるでしょう。そういったことを前提としていても、なかなかうまい具合にはいかないものがお金です。

  • 短期的に稼ぐスモールビジネス

    短い間、数ヶ月の間にまとまったお金が必要になる時どうするでしょうか。誰かに借りるといった金策に走る。あるいは、アルバイトなどを複数かけもちすることもひとつのプランとしてはあるでしょう。

  • お金持ちの習慣を身につける

    お金は欲しいけれども、どうやって手に入れればいいのかわからない。また、お金がなかなかたまらないといった悩みを抱える人は多いでしょう。

  • 貧乏けずりはなぜダメ?

    エンピツを両側から削って使うことを「貧乏けずり」と言います。地域によっては「泥棒けずり」とも言うようです。いずれにせよ、あまり良いこととはされていません。しかし、エンピツを最後まで使い切るために両側から削ることはあってもよさそうです。さらに、エンピツの芯が折れてしまった時、削るよりもくるっと回して反対を使う方が効率が良いようにも思えます。

  • 教養としてのテクノロジーに学ぶ

    現代社会にはあらゆるフレーズが次々と登場しています。AI、仮想通貨、ブロックチェーンといったフレーズは、頭でなんとなく理解していたとしても、それをどう活用していけばいいのか、それによって社会がどう変わっていくのかをイメージすることはなかなか難しいのではないでしょうか。

1 / 20 1 2 3 4 5 最後 »