現金その場限りとは?

お金のやりとりをするのに、今ではオンラインによる決済なども増えてきているといえるでしょう。そのため100万円のお金を扱うのに、本当にお金を見るといったことがないのも確かでしょう。

現金その場限りとは

そうした機会が少なくなった現金によるやりとりでは「現金その場限り」というものがあります。これは、現金はその場でしか確認できないし、あとでどうにもならないといったものです。100万円のやりとりをする場合には、実際には90万円しかないといったことであっても、その場で数えなければ、そこで渡したといわれてしまえば終わりなのです。これは本当に間違えている場合もあれば、あるいは悪意によって減らされているといったこともあります。お金が用意できない時に、札束の1枚目と最後の枚数だけを現金であとは紙、といったことも昔のドラマや映画などではよく見るシチュエーションですね。

お金を数える

今ではそれほど求められるスキルといったものではないのかもしれませんが、かつては、ビジネスのスキルにおいてはお金を数えるというのはひとつの能力でした。できるだけ早く、正確に、なおかつあざやかに数えられるかはひとつの実力が試されていたといえるでしょう。お金を数える練習、といったものもありました。