クレジットカード作った方がいい?

現代はカード社会です。クレジットカードをひとつくらい持っていた方がいいとはいえるでしょう。

勘違いが多い?

しかしクレジットカードを使ったことがない、作ったことがない、あまりなじみないという人には多くの勘違いがあるといえるでしょう。まずあるのは金利が莫大であり借金漬けになってしまうというものです。これはもちろん、大量にキャッシングをして返済がとどこおおる場合などには、金利がかかっていきますが、普通に使っていき返済ができている分には問題がないといえるでしょう。さらに不正使用に関しても、すべて自分が支払わなければいけないといった勘違いもありますが、クレジットカードにはあらかじめ盗難補償が付けられていますので、自分で支払う必要はありません。

信用情報になる

クレジットカードは、この人がある程度の金額の支払いができるという信用情報になります。カードの種別によっては収入の金額などが定められているといったことになります。この信用情報というのは、ひとつの会社で作った情報がほかの機関にも共有されます。これは一度ブラックリストに載ってしまうと、ほかにカードを作る時にも問題になるといったものがあります。逆に言えば、一度ついた信用情報はほかでも信用の証となるのです。将来的にローンを組んで大きな買い物をする時などには役立つといえるでしょう。いつも現金決済で、カードを使っていないということになると、信用情報がないということにもなります。

海外で役立つ

さらに海外においては日本以上にクレジットカード社会であるといえるでしょう。海外旅行などにおいて、ある程度クラス以上のホテルに宿泊する場合には、クレジットカードの提出がデポジットの代わりとなることもあります。もちろんカードでの支払いや、現地通貨のキャッシングもできます。やはり作れるうちにカードは持っておいた方がいいといえるでしょう。