自動車保険

自動車保険の基礎知識、自動車保険の種類、保険料を安くする方法、おすすめの特約、契約前の注意など、自動車保険を選ぶ際に役立つ情報を紹介しています。

  • 自動車保険の「約款」で読むべき注意ポイント

    自動車保険を契約すると、保険証券とともに「約款」の小冊子が送られてきます。この「約款」は、自動車保険に関する細かい契約が記載されています。今回は、「約款」で注意すべきポイントを紹介します。 「約款」の注意ポイント 「約款」には、契約の細かな条項

  • 自動車保険の契約前にチェックしたい契約内容10のポイント

    自動車保険の新規契約時や満期更改時に、損保会社は「ご契約内容確認書」で保険内容の契約に関して確認をします。ここの確認を怠ると、後々契約内容が違う! とモメるケースがないように、契約前にチェックしたい契約内容のポイントを紹介します。 1. 車を主に

  • 自動車保険の更新は「乗り換え」が基本! 満期2ヶ月前からの見積もりが自動車保険を安くする!

    自動車保険の更新面倒くさいから同じ会社で更新をしていませんか? 実は、自動車保険は「乗り換え」を考えたほうが保険料が安くなるケースが多いのです。 自動車保険は乗り換えが基本 自動車保険の見直しは、他社への乗り換えを基本に考えることが、保険料節約

  • まるでリーガル・ハイ? 損保側弁護士のがむしゃらさ

    自動車事故などで損保から依頼をうけた弁護士はどのような対応をするか知っていますか? まるでリーガル・ハイの古美門研介のようにきわどい作戦を使ってきます。 弁護士職務基本規程 弁護士には、「弁護士職務基本規程」というものがあります。その中で、弁護

  • 「インターネット」と「一括支払い」で自動車保険料は安くなります!

    自動車保険に加入するとき、インターネットと一括支払いを利用するだけで自動車保険が安くなります。特にインターネット申し込みによる割引は今後主流となりそうなので必ずおさえておきましょう。 インターネット割引 「インターネット割引」を導入している会社

  • 自動車保険の等級制度からわかる! 保険料を安くコツは「無事故を続ける」こと!

    自動車保険には等級制度があります。この等級システムは「事故」による等級が変化します。では、保険料を安くするにはどうすればよいのでしょうか? 自動車保険の等級制度とは 自動車保険は、無事故を続けてさえいれば、保険料は安くなります。任意の自動車保険

  • 自動車保険料を安くするヒント集

    自動車保険は、あれもこれもと条件を良くすると高い金額となってしまいます。ちょっとした変更による保険料を安くするヒントを紹介します。 1. 年齢条件を変更する 誕生日が来て 「21歳以上担保」 「26歳以上担保」 「30歳以上担保」

  • 自動車保険でおすすめの特約

    自動車保険には様々な特約があります。今回は自動車保険の特約から加入したいおすすめの特約を紹介します。 弁護士費用特約 相手の車が対人・対物に入っていない無保険車の時に役立つ特約です。保険に加入していない人と事故した場合、「保険には入っていないので、

  • 家族が原付きバイクを利用するときに役立つ「ファミリーバイク特約」

    ファミリーバイク特約は自動車保険にセットでつけられる特約で、「同居の親族が原付きなどの125cc以下のバイクを運転中に事故を起こした場合、自動車保険と同じ条件で相手に賠償する」特約です。 125cc以下のバイクならOK ファミリーバイク特約では

  • 他人の車を借りて事故したときに備える「ドライバー保険」

    「ドライバー保険」(正式名称:自動車運転者損害賠償責任保険)という保険を知っていますか? 自分の車を持っていない人が他人の車を借りて事故を起こしたときに備える保険です。 ドライバー保険の補償内容 補償内容は、 対人保険 対物保険 自損事故

  • なぜ、交通事故に強い弁護士は少ないか

    交通事故は日常頻繁に起きているので、交通事案は弁護士なら誰でもそつなくこなせるはずと被害者の多くは考えますが、実際はちがいます。 なぜ交通弁護士は少ないか 交通事故は知的財産権などと同様、特殊な法律分野です。弁護士になる前の研修期間でも、たまた

  • 単独で事故をしたときのための「自損保険事故」

    自損保険事故は、相手がいない単独で起こした事故や、信号待ちで完全停車している車への事故、崖への転落など相手に過失が発生しない事故で最低限の補償をしてくれる保険です。 自損事故保険の補償内容 死亡保険金 1名につき1500万円 後遺障害保

  • 無保険の車は15%? 「無保険車傷害保険」の基本

    「無保険車傷害保険」は、自動車事故によって契約車に乗っている人が死亡または後遺障害を負った場合で、交通事故を起こした加害者が保険に加入していない「無保険車」で十分な損害賠償が受けられない場合に、相手が負担すべき損害賠償の不足分を補償する保険です。

  • 交通事故に強い弁護士を探す方法

    交通事故に遭った被害者が弁護士をつけようとした場合、どのように弁護士をみつけたらよいのでしょうか? 弁護士のみつけ方 1. 知人に信頼できる人を紹介してもらう。 2. インターネットで交通事故を専門にしている弁護士を検索し、良さそうな人にアク

  • 完全保証の保険!? 人身傷害補償保険

    「人身傷害補償保険」とは、自動車事故によって契約車に乗っている人が死傷した場合に、過失割合にかかわらず治療費、休業補償、慰謝料などの損害が契約した保険金額を限度に補償される保険です。 完全保証してくれる保険 自動車保険の自由化以降、「人身傷害補

  • 過失に関係なく保証してくれる「搭乗者傷害保険」

    「搭乗者傷害保険」は、自動車事故によって契約している車に乗っている「搭乗者」が死傷した場合過失に関係なく支払われる傷害保険です。 搭乗者傷害保険 「搭乗者傷害保険」は「急激かつ偶然な外来の事故」であれば、過失割合や他の保険からの給付、事故相

  • 保険料の節約にもつながる「車両危険」の基本知識

    「車両保険」とは、事故によって車が損害を受けた場合に支払われる保険です。保険金額は契約する車の年式や種類に応じた「時価」をもとに決められ、保険料もその金額によって変わります。 車両料率クラス 車の価格が高いほど保険料も高くなり、また、その車種の

  • 1億を超える高額なケースも!? 対物保険も「無制限」が基本!

    「対物賠償保険」は、自動車事故によって他人の自動車や建物など、「他人の財物」に損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合の損害が補償される保険です。たとえば、ちょっと下を見た不注意で前を走っている車に追突し、相手の車のバンパーがへこんでしまった場合に、相手から修

  • 対人賠償保険は必ず「無制限」にしよう!

    自動車保険の中でも最も重要なのが「対人賠償保険」です。自動車事故による賠償金は非常に高額となるため、保障額は必ず「無制限」にしましょう。 対人賠償保険は必ず「無制限」 任意保険の「対人賠償保険」は、自動車事故によって歩行者、同乗者、または他の車

  • 自動車保険の基本「任意保険」と「自賠責保険」の違い

    自動車保険を理解するには「任意保険」と「自賠責保険」の違いを理解することから始めましょう。 自賠責保険 まず、車を登録したり車検を受けたりするときに必要になるのが、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)の証明書です。自賠責保険とは、「交通事故の被

1 / 2 1 2 最後 »